アメリカ東西海岸のビットライセンス: カリフォルニア州法はニューヨークの罪を償うか?

アメリカ東西海岸のビットライセンス: カリフォルニア州法はニューヨークの罪を償うか?

アメリカ東西海岸のビットライセンス: カリフォルニア州法はニューヨークの罪を償うか?

1000 648 David Hoppe

カリフォルニア州は、世界最大級のテック企業の本拠地であり、テクノロジーに優しい州として知られていますが、デジタル金融資産法の可決により、暗号通貨コミュニティに衝撃が走りました。この法律は、ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨を扱う事業者が、州の金融規制当局から「ビットライセンス」を取得する必要があることを規定しており、2023年10月にギャビン・ニューサム州知事が法案に署名した後、2025年7月に施行される予定です。

この法律は、暗号通貨の世界で激しい議論と懸念を引き起こし、これが、イノベーションを阻害し、暗号通貨関連の企業をカリフォルニア州外に移転させる可能性があるという批判もなされています。これは、2022年に州議会が全会一致で可決して以来のことであり、当時、ニューサム知事は、この法案への署名を拒否しました。同知事は、包括的なデジタル資産のライセンスと規制インフラを目的としたこの法案は、ダイナミックなNFT、暗号通貨、ブロックチェーン業界に適切に対処する柔軟性に欠けているとの懸念を表明しました。ニューサム知事の今回の方針転換は、連邦政府がテックを所管する連邦法を制定するのを待つのに嫌気がさしたことを示しています。

この法律は、カリフォルニア州金融保護・イノベーション局に、暗号通貨取引所、取引プラットフォーム、保管業者、ステーブルコイン発行業者、マイニング運営者、分散型金融プロトコルを含む広範な事業体が、州内で事業を行うために従わなければならない法律を起草するよう指示しています。同法は、これらの組織が必要なライセンスを取得するために、カリフォルニア州金融局に厳格な顧客確認(KYC)とマネーロンダリング防止(AML)プロトコルを導入し、保証金と最低資本準備金を維持し、定期的な監査報告を提出し、取引データを開示し、堅牢なサイバーセキュリティ基準を確立する必要があります。

さらに同法は、テザー(Tether)のような未規制のステーブルコインに対処するライセンスを持つ事業体に対して、2028年までの一時的な禁止を課しています。この規定は、変動の激しい暗号市場の透明性と説明責任を促進するための重要な一歩と考えられています。

ニューヨークのBitLicense制度と比較されるこの法律は、暗号技術革新派と規制当局の間の継続的な闘争を象徴するものであり、全米の他の地域に新たな前例を設けています。

ニューヨーク州の試み

2015年に導入されたBitLicenseは、ニューヨーク州における仮想通貨活動を規制するための画期的な法律です。このビジネスライセンスは、ニューヨーク州金融サービス局(NYSDFS)によって発行され、州内またはニューヨーク居住者と関わるあらゆる仮想通貨ビジネス活動に適用されます。

BitLicenseは、2014年7月にニューヨーク州金融サービス局(DFS)のベンジャミン・ロースキー(Benjamin Lawsky)氏によって先導され、設計されました。

しかし、BitLicenseはその設立以来、ブロックチェーン業界での論点となってきました。批判者たちは、この規制は過度に負担が大きく、従来の金融機関よりも暗号通貨新興企業に対して厳格な基準を課していると主張しています。BitLicenseを取得するための厳格な要件と経費が、暗号通貨に関するテック企業がより受け入れやすいと見なされている管轄区域に流出することにつながったと報告されています。

ニューヨーク州の規制当局は、これらの懸念に対処し、ライセンス取得プロセスをより利用しやすくするために、2020年6月25日に、より寛大な枠組みを導入しました。ライセンスを取得したい企業は、既存のBitLicenseを保有する企業と提携して、構造、資本、システム、人材要件に関する専用のガイダンスを得ることができるようになりました。この協力的なアプローチは、「実際のまたは認識されている障害」を克服するのに役立つことが意図されています。

しかし、この改正はスムーズなライセンス取得を保証するものではありません。既存のライセンス保有者は、厳格なプロセスを導くための時間や意欲がないかもしれません。さらに、申請者は依然として多額の費用に直面する可能性があります。これには申請手数料、法的費用、コンプライアンス規則を考慮した場合、10万ドルから始まり増加すると見積もられています。

このような課題にもかかわらず、BitLicense制度は仮想通貨の規制における重要な節目を表しています。これは、仮想通貨ビジネスに携わる企業や個人に明確な規制の枠組みを提供し、変動とリスクを特徴とするこの業界において、法的確実性と消費者保護を提供するものです。

主導権を握るカリフォルニア州

「業界を規制しようとする」という点ではニューヨークと類似していますが、カリフォルニア版はより負担が少なく、生産的である可能性があります。少なくとも業界関係者は、その制約内で事業活動ができるという以下の理由を挙げています。

  • 教訓: カリフォルニア州の法律は、ニューヨーク州の法律成立後に明らかになった経験や新しい研究を活用しています。
  • 包括性と明確性:カリフォルニア州の取り組みは、多くの人が過度に制約的とみなすニューヨーク州よりも包括的であると見られています。規制の不確実性は暗号通貨業界にとって大きな課題でした。カリフォルニア州の法律は明確なガイドラインを提供しています。
  • 消費者保護:KYCおよびAMLプロトコル、保証金や 最低資本準備金、定期的な報告監査など、強固な消費者保護対策と不正防止要件は、市場の安定性を高め、より多くの機関投資家を引き付け、デジタル資産に対する消費者の信頼を促進します。

しかし、一部の暗号通貨の推進派は、カリフォルニア州の要件が東海岸のものと同様に負担が大きく、イノベーションを抑制する可能性があると主張しています。彼らは、ライセンス、監査、コンプライアンスにかかる高いコストが新興企業や開発者の足かせになると考えています。

彼らは、厳格なデータ取引および保有報告要件に対する不安を表明し、分散型プロトコルのライセンスが必要なのかさえ疑問視しています。彼らは、非管理型ウォレット、分散型アプリの開発者、ノード運営者などのWeb3参加者が、過度に広範とみなされる規制の影響を受けるのではないかと懸念しています。

賛否両論あるものの、カリフォルニア州はこれらの規制が暗号通貨の監督における主導権を確立したものと認識しているようです。暗号通貨が金融やWeb3に深く浸透するにつれ、各州は変動性や不正行為に対する監視体制を確立する必要に迫られています。カリフォルニア州の法規制は、今後制定される基準のモデルとなるかもしれません。連邦レベルでは、連邦証券取引委員会(SEC)と連邦取引委員会(CFTC)が権限を主張する動きは、ビットコイン支持者の抵抗に遭っています。国際的には、アプローチが国によって異なります。シンガポールは暗号通貨企業を誘致するために、よりオープンな規制姿勢を選択しましたが、中国インドは強硬な規制を採用しました。

仮想通貨が人気を博し、金融システムに統合されるにつれて、最適なガバナンスをめぐる議論は続くでしょう。異なる司法管轄区は、それぞれの優先事項や地域の政治力学に基づき、異なる規制の哲学を推進するでしょう。しかし、協調と寛容な姿勢によって、イノベーションを犠牲にすることなく消費者を保護する、バランスの取れた監視体制を実現することができます。

この問題の核心にあるのは、分散化という自由主義的な理念と、変動や不正行為に対する実用的な保護策のバランスです。暗号通貨推進派は、しばしば官僚的な仕事と参入障壁を想起させる規制を忌み嫌います。しかし、監視が緩いと、消費者は詐欺やハッキング、価格変動に対して無防備になりかねません。解決策は、絶対主義ではなく、中立性にあるとされています。

適切なガイダンスがあれば、消費者福祉と暗号通貨の自由は相互に排他的である必要はありません。規制当局は、合法的な活動に罰を科すような包括的な義務ではなく、具体的な被害を防止するために狭義に調整したルールを確保する必要があります。技術専門家や業界関係者からの継続的な意見は、適切な妥協点を見出すのに役立ちます。技術やアプリケーションの進化に伴い、常に根拠に基づく修正を継続的に受け入れる必要があります。

カリフォルニア州のビットライセンス法は、相反する要件のバランスを取ろうとする一環ですが、一部は依然として議論の的となっています。しかし、この法律の施行とその後の進化は、重要な先例となるでしょう。規制の抑制と柔軟性を組み合わせれば、カリフォルニア州は悪用を抑制しながらイノベーションを受け入れる監督の先駆者となることができます。課題は山積していますが、慎重なアプローチが暗号通貨のガバナンスの実現可能な道筋を示します。しかし、そのためには双方からの知恵、ニュアンス、共通点を見出す姿勢が不可欠です。


ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

Author

David Hoppe

All stories by: David Hoppe