アーティスティック・ライセンス: メディアプロデューサーとの知的財産契約

アーティスティック・ライセンス: メディアプロデューサーとの知的財産契約

アーティスティック・ライセンス: メディアプロデューサーとの知的財産契約

1000 648 Yusuke Hisashi

知的財産のライセンス契約は、クリエイターや権利者にとって複雑ですが、多くの場合、有益なプロセスです。テレビ番組、映画、ビデオゲームが、小説や漫画のような既存の作品から脚色される場合、あるいは制作側が個人のアートワーク、楽曲、ファッションデザイン、コンピュータコードを使用したい場合、元の知的財産権所有者はその作品をライセンス供与し、その商業利用から料金やロイヤルティを得ることができます。しかし、こうした取引に関連する法的影響については、慎重な検討が必要です。

経験豊富な知的財産専門弁護士は、ライセンス交渉において貴重なガイダンスを提供することができます。さらに、クリエイターやプロデューサーが法的な状況を理解するのを助け、クライアントに有利な契約条件をアドバイスします。

数千万ドル規模の巨額の損失を被るリスクがあるため、エンターテインメント法の経験豊富な弁護士を雇うことは不可欠です。弁護士は法律およびビジネスのアドバイザーとして役立ち、戦略的な交渉によって付加価値を高め、知的財産権所有者が陥りかねない失敗を未然に防ぎます。また、弁護士は、クリエイティブな財産権ライセンス契約が、以下のような点でクライアントの権利を保護するかを確認します。

  • 権利の範囲 – 契約書には、許諾される内容(キャラクター、ストーリーライン、画像など)と、知的財産権所有者が保持する権利が正確に明記されます。弁護士は、クライアントが不用意に多くの権利を譲渡しないように確認します。
  • 支払い構造 – ロイヤリティ専門弁護士は、クライアントが取引から最高の金銭的価値を得られるよう、料率、前払金、ボーナス構造について交渉することができます。ロイヤリティの計算式や支払いスケジュールは複雑なものが多く、法的専門知識が必要です。
  • クレジットと承認 – 知的財産権者は適切な帰属を求め、ライセンス化された翻案物に関する事前承認を要求することがあります。弁護士は、適切なクレジットの取り決めや、続編やスピンオフに関する承認、さらには権利所有者が翻案物に不満を持った場合の保護について交渉する役割を果たします。
  • 期間と独占権 – ライセンス契約は、特定の期間・地域、または全世界を対象とする場合があります。弁護士は、このような契約条件がクライアントに有利になるように配慮することができます。
  • 契約解除権 – ライセンス取得者がライセンス付与された著作物を十分に活用できなかった場合、知的財産権の契約を解除できるようにするための権利です。

自分の権利を知る – 特許、商標、著作権、企業秘密

知的財産権は、発明、文芸作品、デザイン、シンボル、名称、画像など、精神的な創作物を指します。これらの創作物は、その種類、性質、用途に応じて、様々な手段で保護されます。

特許は、新規で、有用かつ非自明な発明を保護します。所有者には一定期間、他者がその発明を製造、使用、または販売することを排除する権利を与えます。特許は、技術、化学、バイオテクノロジーなどの分野での機能性製品やプロセスに適用されます。

商標とは、市場においてある企業の商品やサービスを他社と区別するための語句、名称、シンボル、またはデザインです。商標保護は、ブランド名やロゴに適用されます。企業は商標を登録することで、自社の商標を商業上独占的に使用する権利を得ます。

著作権は、書籍、映画、音楽、絵画、写真、ソフトウェアコードなど、オリジナルの創作物を保護するものです。著作権は事実やアイデアを保護するものではなく、作品の表現や特定の形態のみを保護します。著作者は、著作物の著作権保護を自動的に受けることができますが、登録することでさらなる利点が得られます。

企業秘密とは、企業が競争力を維持するために守秘義務を負う、顧客データ、方法、技術、方式などの貴重な専有情報を指します。企業秘密が秘匿され続ける限り、その保護は失効しません。

これらの保護が、メディアやエンターテインメント業界でどのような役割を果たすかは明らかです。特許は、特殊効果技術、制作機器、カメラやコンソールなどのハードウェアを保護することができます。商標は、テレビ番組、スタジオ、キャラクター、ブランドの名前、ロゴ、キャッチフレーズを対象とします。著作権は、ストーリー、脚本、音楽、コード、オーディオ・ビジュアル・コンテンツそのものを保護します。

アーティスト、ミュージシャン、技術者、趣味家、テレビプロデューサー、映画スタジオ、ビデオゲーム開発者は、独自の知的財産の創造やマーケティングのために多額の投資をしています。これらの知的財産権が保護されることで、彼らは配給の管理を行い、興行収入、購読料、放送、ストリーミング、ライセンス契約、商品化、続編、スピンオフなどを通じて収益を得ることができます。また、強力な知的財産保護は、利益を損なう有害な偽造品や海賊行為を防止する役割も果たします。

このようなクリエイティブな作品のライセンス契約は、(契約が許可する場合)独占的な使用権を提供し、派生作品の創造を可能にし、既存の宣伝を活用することで、エンドユーザーにも利益をもたらします。楽曲のライセンス契約により、番組は、人気のある出演者のソーシャルメディアのフォロワーにアクセスできるかもしれません。プロダクト・プレースメント契約は、ビデオゲーム、テレビ番組、映画にリアリズムをもたらします。ライセンス契約に基づいて複数のメディアに登場するアートは、連携したマーケティングキャンペーンを実施することが可能となります。

売り手市場

メディア企業は、すでに確立されたファンベースを持つ既存の知的財産権をライセンス契約することを望む傾向があります。既存の観客層が増えることで、商業的成功の可能性が高まり、リスクが軽減されます。ライセンス化された書籍、漫画、おもちゃ(最近のバービー映画やアベンジャーズのフランチャイズなど)の映画化には、熱心なフォロワーが既に存在する市場があるのです。

共同マーケティングの機会を探ることで、両者は互いの顧客層を活用することができます。同時期に公開される映画とタイアップしたビデオゲームは、映画のプロモーションとブランド認知度から利益を得ます。これに対し、ビデオゲームは映画の宣伝効果を高め、さらなる収益の流れを生み出します。クロスプロモーションは双方に利益をもたらしますが、広範なライセンス契約が必要で、弁護士が交渉する必要があります。

知的財産弁護士は、クリエイティブな財産を収益化するための最適な戦略を立てることができます。エンターテインメント取引に精通した法律事務所は、業界のマーケティング慣行、評価、実行可能なパートナーシップを理解しています。弁護士は、適切なメディア・パートナーを特定し、費用対効果に優れた方法で顧客に対応します。さらに、判例や規範に基づいて、有利なライセンス、料金、契約条件を交渉します。

最も重要なのは、弁護士は現在の需要を考慮して公正な市場価値と価格を調査できることです。例えば、スタジオやネットワークにライセンスを販売した類似の知的財産権の料金を調査できます。弁護士は、資産の明確な特性や指標を分析し、適切な料金を見積もります。確立された評価モデルでは、視聴者数、視聴率、興行収入、商品化の可能性などが検討されます。

標準的な業界モデルでは、知的財産の経過年数と現在の人気が主な要素となります。最新のトレンドを取り入れた現代的な知的財産は高値で売買されます。一方、長期間にわたって確立されたクラシックなブランドは、持続力を証明していますが、現代の観客を惹きつけることができないかもしれません。また、続編の見込みやマルチメディアの機会などの予測を含め、知的財産の潜在的な範囲も影響を与えます。例えば、成功した書籍シリーズには、テレビ、映画、ゲーム化など、さらなるライセンス供与の可能性があります。

知的財産権の行使

著作権侵害は、重要な保護された要素が許可なく複製された場合に発生します。例えば、映画やゲームの海賊版を配布、または著作権保護された楽曲を無許諾でサンプリングしたりすることが挙げられます。商標権侵害は、企業が保護されている商標や類似のマークを不当に使用し、推奨または提携を示唆する場合に発生します。特許の無断使用は、保護された発明を利用する製品が特許権者の許可なしに作成、使用、または販売される場合に発生します。

契約違反は、ライセンス契約や譲渡契約に違反した場合に発生する問題です。例えば、映画がライセンス供与された小説のストーリーを過度に修正した場合、翻案権が侵害される可能性があります。また、ビデオゲーム製作者が、特許権を有するゲームキャラクターを使用した未承認のおもちゃを販売した場合、商権が侵害される可能性があります。

経験豊富な知的財産弁護士を雇うことは、クレームのリスクを評価し、選択肢を探るために有効です。弁護士は、ライセンス契約に、侵害や契約違反の場合の知的財産権者の権利を明記した文章を含めることができます。また、侵害が止まらない場合は、弁護士が権利を主張し、侵害行為を停止するよう求める警告書を送ることができます。それが無視された場合、彼らは差し止め命令、失われたロイヤルティ、損害賠償、弁護士費用の請求のために訴訟を起こすことができます。

訴訟により、被告は侵害コンテンツを削除し、金銭賠償を支払うよう強制されます。強力なメディア企業は、ネガティブな評判や長引く訴訟を避け、権利者を満足させるために和解することが多くあります。弁護士はまた、迅速な解決のために裁判外の和解交渉を行うこともできます。

さらに、弁護士は、デジタルミレニアム著作権法に基づき、侵害するオンラインコンテンツの削除通知の提出を支援できます。YouTubeやTikTokのようなプラットフォームでは、投稿者が正式に苦情を申し立てない限り、コンテンツは削除されます。

知的財産権の侵害は、創作意欲と収入を損ないます。弁護士に相談することで、知的財産権者はその権利を確実に守ることができます。


ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

Avatar photo
Author

Yusuke Hisashi

All stories by: Yusuke Hisashi