インドのリアルマネー・ゲーミング規制: 米国企業への影響は?

インドのリアルマネー・ゲーミング規制: 米国企業への影響は?

インドのリアルマネー・ゲーミング規制: 米国企業への影響は?

1000 648 David Hoppe

インドのオンラインゲーム業界は、近年著しい成長を遂げており、中でもリアルマネーゲームは最も人気のある分野の一つとなっています。しかし、この成長に伴い、ギャンブル依存症、マネーロンダリング、未成年のギャンブル、消費者保護の欠如などの問題も浮上しています。これを受け、インド政府はリアルマネー・ゲーミングの規制を目的とした新たなルールを導入しました。

2023年9月、インドの電子情報技術省(MeitY)は、ギャンブルを含むオンラインゲームを禁止する2021年情報技術規則の抜本的な改正を提案しました。この改正規則の主な目的は、実際の金銭を賭けるチャンスゲームを禁止し、合法的なスキルゲームを承認するための自主規制組織(SRO)を設立し、登録、苦情処理、およびKYC(顧客情報管理)の基準に関する規制を導入することです。

この規則は、チャンスゲームにのみ適用されます。インド連邦政府が提供するゲームやスキルゲームは憲法で保護されています。この規則に違反した場合、SROがその地位を失う可能性があります。どのゲームがスキルに基づいているかを判断する責任は、SROにあります。

インドのゲーム市場は2026年までに70億ドルに成長すると推定されており、リアルマネーゲームはその大部分を占めると予測されています。この急成長する市場に参入するため、タイガー・グローバルやセコイア・キャピタルなどのベンチャーキャピタル企業は、Dream11やMobile Premier Leagueといったインドの人気ファンタジー・スポーツ・プラットフォームに投資しています。特にファンタジー・クリケットはインドで急成長を遂げています。しかし、今回の規制案は、クリケットを含むファンタジースポーツの将来に不確実性を投げかけています。

規則案の主な規定

改正IT規則は、インドにおけるリアルマネー・ゲーミングの規制環境を再構築するものと予想されています。この規則の背景にあるインド政府の主な目的は、オンラインギャンブルを規制し、自主規制機関を設立することです。さらに、厳格なKYCおよび苦情処理規定を通じて、オンラインゲームの中毒や違法行為を抑制しようとしています。しかし、ギャンブルの禁止は、ファンタジークリケットのような人気のある合法的なスキルゲームに悪影響を与える可能性があります。

こうした最近の規定にもかかわらず、インドにおけるゲーミングの法的状況は、賭博やギャンブルを規制する権限を各州が独占的に持つという憲法の分権性により、依然として断片的です。そのため、インドのリアルマネー・ゲーミング法の動向は、業界関係者の関心の的となっています。今回の改正がインドのオンラインゲーム業界の将来をどのように形作るのか、今後の動向が注目されます。

これらの規制は、米国のゲーム企業や米国に拠点を置く個人ゲーマーにとって、インドへのリアルマネーゲームへの参加に直接影響を与えるものではありません。しかし、スポーツイベントの結果に依存するこのようなゲームオプションは、禁止措置により利用可能性が減少する可能性があります。ファンタジークリケット・プラットフォームが新規則を遵守して事業を継続する際には、提供するサービスを大幅に見直す必要があるかもしれません。

ゲームの定義

近年、インドのリアルマネー・ゲーミング業界では、法的状況が大きく変化しています。これまでも数々の紛争や異なる解釈の焦点となってきましたが、特に、スキルゲームとリアルマネーのゲームを区別する曖昧さは、インドのゲーム業界で論点となっています。

インドの最高裁判所は、ラミーやファンタジーゲームのような一部のカードゲームは、戦略的思考やプレイヤーの技能に依存しているため、合法活動の範疇に入ると主張しています。しかし、この件に関する見解は州裁判所によって大きく異なります。例えば、北インドの主要な裁判所は、ラミーのようなカードゲームは技能に基づくものであり、合法であるとの判決を下しました。これとは対照的に、南部の州裁判所は、ほとんどのカードゲームは偶然に基づいており、したがって金銭的取引を伴う場合は違法であるとしました。

このガイドラインによると、賭けを伴わないオンラインゲーム、子どもに危害を与える可能性のあるコンテンツを含まないオンラインゲーム、中毒を引き起こす可能性のないオンラインゲームのみが登録・承認されます。つまりこの規定は、ルーレットやスロットを含むほとんどのリアルマネーゲームは許可されていないことを意味します。

このように、ゲームの定義や基準が明確でないため、特に米国を拠点とする外国のリアルマネー・ゲーミング企業がインド市場に参入しようとする場合、グレーゾーンが生じます。インド政府が提案するリアルマネー規制の改正によって、これらの企業は効果的に規制されるのであろうかは不透明です。

顧客情報確認

顧客の身元確認(Know Your Customer: KYC)規則の厳格化は、詐欺、マネーロンダリング、テロ資金供与を防止することを目的としています。インド準備銀行(RBI)により提案されたこの規則は、ゲーム会社が口座開設や金融取引を開始する前に、顧客の身元を確認するための包括的な要件を規定しています。

例えば、ゲーム会社は、インドの国家バイオメトリクスIDシステムであるAadhaarカードのオフライン認証を取得しなければなりません。オフラインで確認できない顧客については、ゲーム会社はビデオによる顧客識別(V-CIP)を使用する必要があります。さらに、この規制は、提出される他の公式デジタル文書(OVD)についても、のデジタル署名の認証を義務付けています。

こうした厳格なKYC要件は、新規プレーヤーの参入をより困難にし、インドのゲーム産業が築き上げてきたモメンタムを奪うことになると批評家たちは主張しています。Aadhaarカードのオフライン認証を義務化することは、企業がこのデータに直接アクセスできないため、大きな障害となります。

一方で、支持者たちは、インドで急速に拡大しているリアルマネー・ゲームの動向は沈静化されるべきだと主張しています。市場シェアを追求するあまり、プラットフォームが検証を怠り、詐欺、不正行為、未成年のギャンブル、ギャンブル依存症の増加につながる恐れがあるためです。厳格化の目的は、ゲーム会社が顧客を徹底的に特定し、確認することで、ゲームの不正利用を防ぐことです。KYCの厳格化は、ゲームセクターの成長によって可能になった潜在的な金融犯罪を監視するというRBIの使命に沿ったものです。

苦情処理

オンラインゲームの規制案では、リアルマネーゲーム企業に対し、ゲームプラットフォームのホームページやアプリのウェルカム画面で、苦情処理責任者の連絡先や救済メカニズムの詳細を目立つように表示するよう指示しています。企業は、これらの初期ランディングページで、名前、連絡先、苦情申し立てプロセスを明確かつアクセスしやすい方法で表示する必要があります。

この規定により、ユーザーはわかりにくいリンクや設定を操作することなく、簡単に苦情申し立ての場所を特定できるようになります。一部のゲームプラットフォームは、苦情処理システムをサイトやアプリの見つけにくい部分に隠していると非難されています。情報を最初に明示することは、ゲーム会社の苦情解決へのコミットメントを示すものです。これにより、ユーザーはゲームや金融取引の公平性に対する信頼と自信を得ることができます。

ゲーム規制案では、苦情処理の手続きスケジュールも概説されています。苦情は24時間以内に確認され、30日以内に解決されなければいけません。ゲーミングプラットフォームは、内部チームと外部委員会の両方を設置して、苦情を処理する必要があります。

また、新しい規則では、政府への苦情と対応措置に関する四半期報告も提案されています。苦情の詳細を可視化するとともに、ユーザーの問題を適時に解決することが義務付けられています。

ホームページで苦情処理窓口を明確にすることで、過剰な規制の可能性を招くという批判的な意見もあります。彼らは、苦情処理システムへのアクセスは、サイトメニューで提供されることで十分にニーズを満たしていると考えています。また、業界関係者の一部は、コンプライアンスを遵守するには、調査や管理スタッフ、システムを大幅に増強する必要があることを指摘し、提案されている非遵守の罰金が深刻な経済的影響をもたらす可能性があると述べています。

結論

アジアで最も急成長を遂げているゲーム市場の一つであるインドは、国内外のリアルマネー・ゲーミング・プラットフォームにとって大きな機会を提供しています。2027年までに6億人以上のゲーマー市場が見込まれるインドは、巨大なポテンシャルを秘めています。しかし、そこでは、複雑な規制がまだ始まったばかりのリアルマネーゲーム業界を支配しています。米国企業がインド市場に参入するためには、専門家の法的な指導が不可欠です。

グローバルなゲーミングクライアントへのアドバイス提供に豊富な経験を持つ法律事務所と協力することで、インドのリアルマネー・ゲーミング市場での事業展開を有利に進めることができます。適切な方法でインド市場に参入することで、忍耐とコミットメントを持つ企業は持続的な成長の機会を大きく広げることができます。


ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

Author

David Hoppe

All stories by: David Hoppe