カジノ化した子供向けビデオゲーム:ギャンブルへの入り口、それとも無邪気な楽しみ?

カジノ化した子供向けビデオゲーム:ギャンブルへの入り口、それとも無邪気な楽しみ?

カジノ化した子供向けビデオゲーム:ギャンブルへの入り口、それとも無邪気な楽しみ?

1000 648 David Hoppe

デジタルゲーム技術は、家庭、学校、社会など、さまざまな場面で人々の生活の一部となっています。これらのゲームの多くは、SNSプラットフォームを通じてアクセスでき、リアルマネーを使わずにカジノ体験を模倣することができます。このようなゲームを無害な娯楽とみなす人がいる一方で、カジノ型ゲームに関わる若者の中毒性を懸念する声もあります。リアルマネーゲームがより普及し、アクセスが容易になるにつれ、関係者は、ゲームプレイの「カジノ化」が青少年のソーシャルゲームへの参加に影響を与えるか、また、それは単なる無害な楽しみなのか、それとも懸念すべき要因なのかを検証しています。この問題は、大人向けのリアルマネーゲームを提供するゲーム開発者やプラットフォームにとって、重要な意味を持ちます。

ビデオゲームはいつ一線を越えるのか

ビデオゲームとは、広義には戦略的で巧みなプレイを必要とする、インタラクティブが可能なデジタルエンターテインメントの一形態です。ビデオゲームのジャンル、プラットフォーム、モード、オンライン接続性、ゲーム内の目的は多岐にわたります。開発者は、行動心理学と神経科学を活用して、魅力的で報酬の多いゲームを設計し、楽しさとリプレイ性を最大化します。ランダムな報酬スケジュールや明確な目標、適応性のある難易度、ソーシャル・エンゲージメントのテクニックは、プレイヤーを夢中にさせるかもしれませんが、適度にプレイしていれば、通常、害はありません。

ゲーミング業界は、製品デザイン、ゲーミングハードウェア、オンラインインフラの革新により、常に進化し続けています。一方で、ソーシャルカジノゲーム(SCG)は、従来のギャンブルに類似していますが、実際の価値を持たない仮想通貨を使用しています。これらのゲームは、スロットマシン、ポーカー、ルーレットなど、従来のカジノ活動をリアルに再現していますが、主に娯楽を目的としてプレイされます。しかしながら、ゲームがギャンブル行為を忠実に再現している場合、同じ神経経路が活性化され、問題行動を引き起こす可能性があります。では、ビデオゲームが倫理的な一線を越えるのはどのような場合でしょうか。

SCGは多くの場合「フリーミアム」モデルを採用しているため、無料でアクセスでき、オプションでゲーム内特典を得るためのマイクロトランザクションを利用できます。これらのゲームでは、スロットマシン、ルーレット、クラップス、カードゲームなど、ギャンブルの仕組みがシミュレートされています。実際のお金を賭けなくても、プレイヤーはギャンブルの手法やスリルに慣れる可能性があります。もう一つの懸念は、賭け事、ベッティング、またはプレーヤーの仮想リソースを活用するその他のリスクテイキングの仕組みが含まれていることです。例えば、ゲーム内通貨、アイテム、または進行状況を、ランダムなイベントの結果に賭けることのできるゲームがあります。このような偶然性に基づくゲームプレイ要素は、ギャンブルをそのまま反映したものであり、ギャンブルの中毒性を誘発する可能性があります。2018年のある調査によると、青少年の間で最も人気のあるSCGはポーカーであり、次にスロットマシンとFacebook上のSCGが続きました。さらに、武器やキャラクターのアップグレードのような、チャンスによって入手できるバーチャルグッズを含むゲームも、SCGとみなされる可能性があります。

SCGの人気は高まっており、毎月あるいは毎日プレイするプレイヤーは数百万人に上ります。特に青少年はSCGに多く接触し、興味を示しています。2020年のNSW Youth Gambling Study によると、若者の約40%が、戦利品ボックスやガチャシステム、その他リアルマネーのマイクロトランザクションを含むギャンブル要素を組み込んだビデオゲームをプレイしています。派手なグラフィック、インタラクティブな機能、友人との競争など、SCGには青少年を惹きつける社会的側面があります。

無害な楽しみ?中毒のリスク?

批評家は、思春期の子どもたちがソーシャルカジノゲームをプレイすることで、脳の報酬系や仲間の影響を受けやすい発達段階にあることを考慮し、無害な楽しみと中毒性のリスクとの境界線が曖昧になると主張しています。ソーシャルカジノゲームにおける継続的な強化や報酬は、心理的な影響を生み出し、中毒的な行動につながる可能性があります。しかし、思春期の子どもたちがソーシャルカジノゲームをプレイした後に、実際のギャンブルに対する傾向がどのように影響されるのか、科学的な見解はどうなのでしょうか。

思春期のSCGプレーヤーと、その後の金銭的ギャンブルへの関与との関連性を示唆する研究によると、SCGを含むギャンブル行為に早期に接することは、問題あるギャンブル発症の危険因子と考えられています。カナダの3つの州で10,035人の青少年を対象としたある研究では、様々な形態のSCGに関与している青少年のうち、少数の割合でギャンブルの重症度が、低度、中度、または高度な問題ギャンブルの症状を示すことがわかりました。全体的に、SCGプレーヤーは、異なるSCGタイプにおいて、非プレーヤーと比較して、ギャンブルの深刻度が低度から中程度、または高度の有病率が示されました。つまり、すべてのタイプのSCGプレーヤーは、非プレーヤーと比較して、問題ギャンブルの兆候を示す個人の割合が高かったということです。2020年に行われたオーストラリアの青少年を対象とした調査でも、同様の結果が確認されました。

SCGの早期使用は、一部の研究参加者の将来的な問題ギャンブルと相関することが示されていますが、研究者らは、SCGのプレイと社会経済的地位、仲間からの影響、および座りがちな行動の指標との関連も発見しました。飲酒薬物使用などの危険な行動と同様に、ティーンエイジャーにとってのギャンブルのリスクは広く警告されています。しかしながら、ゲーム内課金やSCGは、ティーンエイジャーを他のプレッシャーから逃避させ、安全な道に導く可能性もあるでしょうか?この問いに答えるためには、無料ブラウザゲームに過度に時間を費やすハードコアゲーマーについて、より深く調査する必要があります。

責任あるリアルマネーゲーム: 解決策の鍵

リアルマネーゲームの開発者とプラットフォームは、プレイヤーを熱中させるだけでなく、依存症を防ぐために透明性のある綿密な設計を追求するべきです。設計段階で脆弱なプレイヤーへの影響を考慮することで、害のリスクを最小限に抑えつつ、楽しみを最大限に引き出すことが重要です。

  • セッションの制限: 長時間のプレイや予測不可能な報酬のタイミングは、習慣の形成を促進する可能性があります。このような要因を緩和することで、楽しさを維持しつつ、中毒性のリスクを減らすことができます。
  • レーティングと年齢ガイドライン: 対象年齢のレーティングと制限は、保護者への注意喚起に役立ちます。ギャンブルをシミュレートした青少年向けゲームは、その内容を表示し、若年プレイヤーには大人の監視を推奨する必要があります。また、プラットフォームは、このようなゲームに年齢制限を設けるべきです。ギャンブルをテーマにしたゲームには、現実のカジノの年齢制限を反映し、大人のアカウントのみがアクセスできるようにすることで、企業の責任を示すことになります。
  • 確率の透明性: 戦利品ボックスやガチャで賞品が当たる確率を開示することで、情報に基づいた意思決定が可能になります。
  • 有機的な報酬: 進行の妨げになるような有料パスを推進するのではなく、チャレンジ、インセンティブ、報酬の適度なバランスを提供することで、プレイヤーの不満が解消され、無理な出費につながることがなくなります。 

すべての状況や文脈に適合する単一の推奨事項はありませんが、経験豊富なリアルマネー・ゲーミング弁護士と連携することで、プレイヤーの健全性と倫理的なゲーミング環境に焦点を当てた良心的な開発手法を確保することができます。

ゲーム内課金と青少年の金融リテラシー

ソーシャルカジノゲームはリアルマネーを介さないかもしれませんが、ゲーム内で仮想通貨や追加機能を購入するゲーム内オプションは金銭的要素をもたらします。これは、青少年の金融リテラシーとそのような取引に関連するリスク、そしてソーシャルゲームを節制する青少年の能力について疑問を投げかけます。

青少年がソーシャルカジノゲームに夢中になる原因の一つは、仲間からのプレッシャーや、仲間外れになる恐れです。仲間に溶け込みたいという願望が彼らをゲームに多くの時間とお金を費やすように促すことがあります。

若いプレイヤーをターゲットにした積極的なマネタイズ戦略に対し、法規制による監視が厳しくなっています。現在、いくつかの管轄区域では、ギャンブルに類似した戦利品ボックスなどの機能を禁止または制限しています。たとえば、イギリスでは、18歳未満への宝くじやギャンブルの販売が禁止されています。未成年者に対してギャンブルの疑似体験を意図的に提供することは、倫理的な懸念も引き起こします。

Epic Gamesに代表される集団訴訟では、Fortniteの中毒性、特に報酬のランダム化を意図的に設計したと主張されています。この主張は、責任あるゲーム開発の重要性と、青少年が潜在的に搾取的な体験に触れることを制限する必要性を強調しています。将来的には、厳格な年齢確認と保護者による管理が法的義務になる可能性があります。

最終的には、節度と倫理的な慣行がゲーム業界にとって最良の利益となります。新たな研究がゲーム障害や若年者の影響について進む中、企業は収益化戦略が現実世界に及ぼす影響を真剣に考慮する必要があります。青少年の健康と安全を保護するために積極的な対策を取ることは、地域社会の信頼を築き、将来的にギャンブル関連の規制がより厳しくなる可能性を減らすでしょう。

結論

ギャンブルをシミュレートする仕組みは、本質的には非倫理的ではありませんが、特に青少年に対しては、そのリスクを慎重に考慮する必要があります。善意の開発者が、若いプレイヤーに有害な行動を促進するような体験を意図せず作ってしまう恐れがあることに留意しなければなりません。

法律顧問は、良心的なゲームメーカーを導く重要な役割を果たします。経験豊富なゲーミング弁護士は、クライアントが法域を越えた進化する規制に対応し、青少年をターゲットにしたギャンブルと解釈される可能性のある機能や収益化戦略についてアドバイスします。リアルマネーゲームのコンプライアンスに精通した弁護士は、適切な年齢制限、親の管理機能、ギャンブルのオッズに関する透明性を確保します。

先見的な法的レビューは、将来の問題を未然に防ぐために重要です。これにより、開発者は法的に疑わしい分野での開発を避け、評判を守ることができます。また、定期的な助言は新たなベストプラクティスを見つけ出し、規制の変化に対応するのに役立ちます。

責任あるゲーミング弁護士の最も重要な役割は、プレーヤーの健康への影響を最優先に考えていることです。彼らは、利益追求のために弱い立場のプレーヤーから搾取しないという倫理的責任をゲーム業界のイノベーターに再認識させます。弁護士との協力により、投資家や一般大衆に対して、プレーヤーの福祉が最優先事項であることを示すことができます。

リアルマネーゲーム法の専門家と提携することで、クリエイターは害を避け、楽しさを重視したプレイ体験を提供することに集中できます。注意と良心を持って取り組むことで、安全で活気あるゲーム業界を築くことができます。


ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

Author

David Hoppe

All stories by: David Hoppe