シンガポールのスリングショット: 遠隔ゲーム規制に着手

シンガポールのスリングショット: 遠隔ゲーム規制に着手

シンガポールのスリングショット: 遠隔ゲーム規制に着手

1024 664 David Hoppe

シンガポール政府は昨年、消費者保護を強化するため、特にオンライン上で行われる新しいゲームや商品も対象とする、Gambling Control Act 2022(GCA22)とGambling Regulatory Authority of Singapore Act 2022(GRAS22)を制定しました。

背景

2022年8月1日に施行されたこれらの法律は、以下の3つの主要な目標を掲げています。

  1. ギャンブルのトレンドや技術に基づく商品が、国の法律や規則の対象に含まれるようにする。GCA22では、既存の法律で使用されている主要な用語の定義を更新し、限定的すぎる表現、新しいギャンブルゲーム、フォーマット、活動を除外していると見なされる表現を変更しました。例えば、現在では廃止されているBetting Act of 1960(賭博法)の「賭け事」の定義は、競馬やその他のスポーツイベントのみを対象としていました。1960年当時の法律家は、オンラインブックメーカー、ファンタジースポーツ、eスポーツ、その他の近代のゲームプラットフォームの台頭を予想することは不可能だったのです。

  2. ギャンブルのトレンドや技術に基づく商品が、国の法律や規則の対象に含まれるようにする。GCA22では、既存の法律で使用されている主要な用語の定義を更新し、限定的すぎる表現、新しいギャンブルゲーム、フォーマット、活動を除外していると見なされる表現を変更しました。例えば、現在では廃止されているBetting Act of 1960(賭博法)の「賭け事」の定義は、競馬やその他のスポーツイベントのみを対象としていました。1960年当時の法律家は、オンラインブックメーカー、ファンタジースポーツ、eスポーツ、その他の近代のゲームプラットフォームの台頭を予想することは不可能だったのです。

  3. 不統一なギャンブルライセンス・免除政策に代わりライセンス制度を正式化する。旧制度のもとでは、民間施設は、その敷地内でのギャンブルを許可するライセンスを申請する必要はありませんでした。一定の条件を満たせば、ギャンブルが許可されたのです。しかし今後は、民間施設はライセンスを申請し、シンガポールで賭博場運営業者のライセンスを保有する資格があるかどうか審査を受けることが義務付けられています。

米国規制への影響

最近施行されたシンガポール賭博法の改正は、現代における最も包括的なもののひとつです。米国、日本、中国、その他の主要なゲーム・ギャンブルセンターの規制当局は、シンガポールの青写真をテンプレートとして、自国の規制を再検討する可能性があります。米国におけるオンライン・ギャンブルの規制の枠組みは州によって異なり、例えば、ウエストバージニア州、ユタ州、ハワイ州、インディアナ州、テネシー州、アラスカ州などは、オンライン・ギャンブルを禁止しています。一方、ネバダ州、コロラド州、デラウェア州、ミシガン州などのように、ギャンブルが合法であっても、ライセンスが必要だったり、規制下にある州もあります。興味深いことに、オンライン・スポーツ・ベティングは、50州すべてで合法化されています。以前には、スポーツ・ベッティングはネバダ州でのみ合法でした。それにもかかわらず、オンライン競馬賭博を合法化している州はごくわずかです。以下では、米国と日本の規制当局がシンガポールのGCAから学ぶべき主要な教訓を掘り下げていきます。

ギャンブルの定義

米国では州によって、何をもってギャンブルとするか、また、どのようなギャンブルがその管轄内で合法であるかについて、若干の違いがあります。米国で最も一般的な合法ギャンブルの形態は、単一州および複数州での宝くじゲームです。しかし、ネバダ州は、宝くじと多くのオンライン・ファンタジー・スポーツベッティング・プラットフォームを禁じています。これは、おそらく州のカジノを外部の競争から保護するための取り組みと思われます。改正前のシンガポールと同様に、多くの州におけるギャンブルの定義は、オンラインプラットフォームやブロックチェーンゲームなどのテクノロジーの発展が起こる前に確立されたものです。

州は、新しい形態のギャンブルを促進するオンライン活動や、デジタル通信の適用範囲・対象を拡大するために定義を更新する際に、GCAのガイダンスを参考にすることができます。具体的には、各州は、eスポーツ大会の運営機関にライセンスを付与し、これらの競技に賭けるための基本ルールの策定を求めることができます。GCAは、「ベッティング」の定義を広げ、「レース、競技、スポーツイベント、その他のイベントやプロセスの結果 」を含むようにしました。このようにテクノロジーに中立な立場をとることで、既存のギャンブル商品と新しいギャンブル商品の両方をカバーする定義が確保されました。おそらく、米国のいくつかの州では、テクノロジーにとらわれないギャンブルの定義を採用することで利益を得ることができるでしょう。

米国と異なり、日本の刑法はギャンブルを定義していません。しかしながら、政府が運営するギャンブルは認められ、民間団体によるギャンブルは違法とされるのが一般的なルールです。このようにギャンブルの定義がないため、多くのあいまいさが生じています。したがって、日本もシンガポールのGCAからヒントを得れば、将来を見据えたギャンブルの定義を制定することができるかもしれません。

ライセンス供与

GCAは、賭博場運営業者に関する特定のライセンス制度を導入しました。賭博場はライセンスを申請し、その主要な人員は規制当局による賭博場運営業者ライセンスの適性審査を受けなければならなくなりました。米国における賭博場運営業者は、州法の適用を受け、州免許を取得する必要がある場合があります。しかし、司法省による最近の判決によれば、米国におけるオンラインベッティングまたはオンラインギャンブルは、1961年のInterstate Wire Actよって統制されているということです。これは、各州がその州民にのみにサービスを提供でき、賭博の取引は、州や国の境界を越えてはならないことを意味します。オンラインベッティングやオンラインギャンブルに関する司法省の最新の判決を考慮すると、米国の規制当局はこの問題を再検討し、シンガポールが導入したようなライセンス制度を採用する可能性が高いと思われます。米国の規制当局は、シンガポールのライセンス制度を模範とし、さまざまなギャンブル商品と団体(娯楽クラブのスロットマシン、シンガポールプールの商品、民間施設でのギャンブルなど)を一つの傘下に統合することが提案されています。現在の米国のギャンブル規制は、依然細分化されたままです。 

結論

米国のギャンブル業界は非常に堅調です。同業界は、消費者との交流や、様々なメディアを通じたブランドのプロモーションにおいて、革新的で魅力的な方法を熱心に追求しているため、米国の規制当局が現在および将来の発展に対応する法律を制定することは非常に重要です。米国ではeスポーツや ギャンブルなどが急増しているため、GCAの制定は歓迎すべきことです。米国のギャンブル法の改正を提唱する前に、eスポーツ、オンラインギャンブル、新興テクノロジーを専門とする法律事務所に相談し、どのような改正が必要かについてアドバイスを受けるのが最善です。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

Author

David Hoppe

All stories by: David Hoppe