タックス・タスク :メタバース税における責任の軽減

タックス・タスク :メタバース税における責任の軽減

タックス・タスク :メタバース税における責任の軽減

1000 648 David Hoppe

メタバースはテクノロジー業界で最も注目されるトピックの一つとなり、2024年までに8000億ドルの市場となる可能性が示唆されています。メタバースによって支えられた仮想世界や体験が人気を博し、その経済的な重要性が高まるにつれ、政府はメタバースビジネス活動に課税する取り組みを強化する可能性が高まります。

技術的なボトルネック、古い規制、およびメタバースの複雑な性質が複合し、メタバース取引の課税に関する混乱が発生し、明確な指針が不足している状況です。経済協力開発機構(OECD)は、国際的な合意を求めて共通の暗号税制フレームワークの構築を模索していますが、それは長期にわたるプロセスとなるでしょう。一方、個々の国々は異なる課税アプローチを取り続けており、資産を異なるカテゴリーに分類し、取引に対して異なる課税処理を適用しています。IRS(米国内国歳入庁)や他国の税務当局が、この新技術から生じる利益に対する課税要求することが広く予想されています。当局は、既存の税制の枠組みがメタバース特有のデジタルエコシステムにうまく適用できるか、あるいはこの新たな経済活動を適切に規制する必要があるかを検討する必要があります。

メタバースはすでに、ゲーム、SNS、小売業など、さまざまな業界で膨大な経済的機会を提供しています。主要プレーヤーであるMetaなどは、数十億ドルをメタバースのサービス構築に投資しています。こうした巨額の収益に関連している、税務専門家、CFO、法律専門家が、企業がメタバースに関わる税務上の責任を最小限に抑える戦略を模索するのは当然のことです。

メタバースの商業化を目指す企業とそのアドバイザーは、メタバースの分散型デジタル環境での事業展開に伴うメリットを最大化し、納税義務を最小限に抑えるために、創造的かつ合法的な税務戦略を検討する必要があります。

デジタル取引課税への険しい道

メタバースデベロッパーやプラットフォームにおいて、ユーザーが仮想の土地を購入する場合、新しい所有者が固定資産税を支払う必要があるのでしょうか。メタバースビジネスで、アバターにデザイナーファッションを購入した場合、消費税はかかるのでしょうか。もしゲーマーがメタバースを探索するために空飛ぶ館を購入した場合、贅沢税は課されるのでしょうか?これらのデジタル資産は現実世界での価値をもたらす可能性がありますが、誰がそれらに課税するのでしょうか。

ドラゴンの乗り物やデジタル版のファラガモなどの仮想アイテムの価値をどのように評価するのでしょうか。高級な靴や火を吹く馬の仮想アイテムを売却して収入を得た際には、税金が課されるのでしょうか、それとも収益を現金化した時にのみ課されるのでしょうか。 そして、管轄権はどう影響するのでしょうか。 メタバースが国境を越える場合、購入した仮想コンサートチケットに課税するのは誰なのでしょうか。 これらの課題は立法者が直面している税制上の複雑な問題の一部にすぎません。

  • 管轄権 – メタバースは、地理的管轄権に関連する根本的な問題を引き起こします。例えば、ポップシンガーのアリアナ・グランデが2021年10月に行った数日間のバーチャル「ツアー」を考えてみましょう。このショーはFortniteプラットフォームで放送され、世界中の7800万人以上の有料視聴者によって視聴されました。グランデはこの公演で、商品販売も含めて2,000万ドル以上を売り上げたと推定されていますが、どの税務当局がグランデに課税する権利を持つのかは混乱しています。グランデが公演を行った場所、グランデが税務上の居住者である国、視聴者の大多数がいた場所、あるいはこれらの管轄区域の組み合わせとなるかもしれません
  • 税の控除と免除 – 米国は仮想商品を定義する必要があるため、メタバース税の例外、免除、控除を明確にすることは非常に困難です。現実世界の暗号通貨取引に関連するガス料金とは異なり、仮想アイテムや経験の価値は主観的で流動的です。例えば、仮想のGucciバッグが贅沢品なのか、または単なるコードの集合体なのか、メタバースでアートを制作するユーザーがプロのアーティストと同様に課税されるべきかについても議論があります。また、もしメタバースプラットフォーム自体がアイテムを販売または貸し出している場合、そのプラットフォーム、顧客、または両方が課税されるべきなのでしょうか。
  • 課税構造 – さまざまな仮想取引や活動に適用されるべき税金の種類には、さらなる課題が存在します。例えば、暗号通貨を使用してメタバース内のNFT不動産を購入する場合、これは付加価値税として扱われるべきでしょうか、それとも物々交換取引として取り扱うべきでしょうか。さらに、所得税とキャピタルゲイン税のどちらが適用されるのでしょうか。仮想土地などのメタバース資産を売却して利益を得たり、賃貸して収入を得る場合、従来の不動産取引同様に、キャピタルゲイン課税が適用されることがすでに明らかになっています。

メタバース税対策

メタバースがビジネス、レジャー、社会活動へと進化するにつれ、企業が慎重に検討すべき戦術的、法的、倫理的な税金軽減のための新たな課題が提示されます。経験豊富なWeb3弁護士は、税法、デジタル資産法、国際法の専門知識を活用することで、メタバース企業が潜在的な課税に対処するためのサポートを提供できます。

弁護士が支援できる戦略の一つは、様々な法域にまたがるNFT取引の戦略的構造化に関する助言です。メタバース特有の税制が未熟であるため、企業にとって有利な税制措置を利用できる機会があります。例えば、キャピタルゲイン税が課されない、あるいは税率が低い法域でNFTの売却や譲渡を行うことで、税負担を大幅に軽減することができます。そのためには、デジタル取引に対して免税措置や特定の税制優遇措置を提供している地域を特定し、それを利用することが不可欠です。

この分野に精通した弁護士であれば、特定のメタバース関連取引やビジネスモデルに適用される税額控除、免除、または優遇制度を最大限に活用できる法域を見つけ出し、デジタル資産、知的財産、または収益を生み出す活動を戦略的に配置するためのアドバイスを提供することができます。また、弁護士は、メタバース活動の適切な税務コンプライアンスと報告を保証することができます。さまざまな取引の特徴を正確に把握し、堅実な文書化と記録管理プロセスを維持することで、弁護士が、潜在的な税務調査や規制上の課題から適切にクライアントをサポートすることができます。

最後に、Web3弁護士は、規制の枠組みが明確でない業界で事業を行うことに伴うリスクを最小限に抑えることができます。Web3 弁護士は、進化する規制を常に把握し、現行の法律に沿った事業運営を行うためのアドバイスを提供します。これには、税法の動向を監視し、政策立案者に働きかけ、業界フォーラムに参加して税制に影響を与える可能性のある変化を予測することが含まれます。

さらに、責任あるゲーミングの弁護士は、倫理的配慮を最重要視しています。企業が規制の隙間を悪用して弱い立場のユーザーに不利益を与えないようにします。倫理的なビジネス慣行を推進することで、弁護士は企業が顧客や利害関係者との信頼を築き、プレーヤーの幸福が優先事項であることを示すのに役立ちます。

Web3およびトランザクション関連の弁護士は、企業が複雑かつ進化するメタバース税制をに対応する上で極めて重要な役割を果たします。戦略的な取引ストラクチャリング、管轄区域のメリットの活用、コンプライアンスの確保、倫理的慣行の推進についてアドバイスを提供することで、これらの法律専門家は、企業がデジタル領域で成功しつつ、納税義務を最小限に抑えることを可能にします。メタバースが成長を続ける中、この革新的な領域での成功を目指す企業にとって、知識豊富な弁護士との提携は極めて重要です。


ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

Author

David Hoppe

All stories by: David Hoppe