バージニア州最高裁の判決:リアルマネーゲーマーに喜び(Joy stick)を与えず

バージニア州最高裁の判決:リアルマネーゲーマーに喜び(Joy stick)を与えず

バージニア州最高裁の判決:リアルマネーゲーマーに喜び(Joy stick)を与えず

1000 648 Amy Sanderson

2023年の感謝祭の直前、バージニア州最高裁は下級審の判決を覆し、スロットマシンのようなスキルゲーミングマシンの禁止を復活させました。それまで下級審は、2020年に州議会を通過した禁止令の施行を妨げていました。最高裁は、グリーンズビル巡回裁判所でまだ裁判が行われていないにもかかわらず、介入する権限を有するとの判決を下しました。

この訴訟は、バージニア州サウスサイドのトラックストップオーナーであるハーミー・サドラー氏が、大手スキルゲーム会社Pace-O-Matic社と共同で起こしたもので、現在も係争中です。この訴訟は、いわゆる「スキルマシン」と呼ばれる、スキルの要素が含まれ、州のギャンブル規則では分類が難しいマシンの分類を中心に展開されています。これらのスロットに類似したマシンは、スキルに基づいていると主張されており、下級裁判所が2021年末に差し止め命令を発行して以来、規制監督なしに運営されてきました。

2021年、地元のバージニア州の施設で人気を博していたスキルゲームは、州の新しいゲーム政策に潜在的な課題を提起すると判断され、立法府によって禁止される可能性が示唆されました。業界の圧力に応え、議会は2021年7月1日にスキルゲームを禁止する新法SB971を制定しました。2021年6月、サドラーブラザーオイル社およびその他の原告団は、この法律の施行に反対する訴訟を起こし、その執行に対する一時差し止め命令を取得しました。その後、州最高裁は先の巡回裁判所の判決を覆し、禁止令の執行を許可しました。この禁止令は、バージニア州のゲーミングコミュニティや、管轄区域でのゲーミングの法改正の危機に瀕している全米のゲーマーにとって、どのような影響を及ぼすのでしょうか?

バージニア州のスキルゲーム禁止令について

バージニア州議会、今回のバージニア州最高裁判所、さらには全米の裁判所において、スキルゲームは争点となっています。2020年、バージニア州のゲーミングが大幅に拡大する中、州議会は、歴史的に合法とされてきたスキルゲームを禁止する州法SB971を可決しました。しかしながら、パンデミックやこれらのゲームが中小企業にとって重要な収入源であることから、禁止の施行は一時的に延期されました。

スキルゲームは、プレイヤーのスキルが結果に影響を与えるという点で、ギャンブルゲームと区別されますが、多くの場合、スキルゲームは、非スキルベースのスロットゲームとほぼ同じように見えます。スキルゲームに対する反対意見は、安全性や規制の不足、課税の欠如に関する懸念に集中しています。禁止されているにもかかわらず、一部の事業者は当局が介入するまでスキルゲームの運営を続ける決意を示しており、このようなゲームがビジネスの集客に大きな影響を与えていることが浮き彫りになっています。

言論の自由の問題

バージニア州におけるスロットのようなスキルベースのゲームの禁止が同州最高裁によって復活したことで、特にゲームが表現の一形態として分類されるという観点から、言論の自由の権利に関する問題が提起されました。今回の判決は、これらのゲーム機をめぐる係争中の法廷闘争に光を当てるものです:

  • バージニア州最高裁が下級審の差し止め命令を覆し、禁止措置を復活させた根拠は、言論の自由を理由に禁止措置を争う訴訟が成功する可能性は低いという主張に基づいています。同裁判所は、下級裁判所が、スキルゲーム業界がそのゲームが言論の自由として保護されているとの主張に同意する可能性が高いと示唆したことを「裁量の濫用」と指摘しました。
  • しかし、バージニア州最高裁の見解は、ある活動が一連の言論と行為のどこに位置づけられるかを判断することは困難であるものの、そのような問題は賭博が規制されている場合には存在しないという点を強調しました。裁判所は、ギャンブルが州によって厳しく規制され、場合によっては禁止される警察権の行使であることを示す中で、スキルゲームとギャンブルの明確な区別に関しては述べませんでした。

バージニア州最高裁の命令により、州の禁止措置は再び有効となりましたが、訴訟の結果が出るまでは、即時の施行がなされるかは不透明なままです。注目すべきは、州はゲームのビジュアルやメッセージを制限しようとしているのではなく、「特定の方法でゲームが終了した場合の払い戻しの約束(および最終的な実行)」を懸念していることを裁判所が明らかにしたことです。

バージニア州ゲーム禁止令の実務的および法的な影響

バージニア州におけるスキルベースのゲーム機の使用禁止は、このようなゲームの所持、運営、プレイを犯罪とするものであり、その実務的、法的影響は複雑多岐にわたります。禁止されているのは、州内のコンビニエンスストア、レストラン、バーなどで一般的に見られるスロットマシンのようなものです。

禁止事項に違反した場合には、多額の罰則が科せられます。スキルゲーム装置の運営は、装置の押収および関連する調査費用とともに、ギャンブル装置1台につき25,000ドルの民事罰が科される可能性があります。ギャンブル装置の所持に対する刑事責任は、最高1年の懲役、最高2,500ドルの罰金、またはその両方を含むクラス1の軽犯罪につながる可能性があります。違法賭博の運営に関与した場合、刑事告発により、最高5年の懲役、最高2,500ドルの罰金、またはその両方を含むクラス6の重犯罪罰が科される可能性があります。スキルゲームをプレイすることでさえ例外ではなく、最高$500の罰金を伴うクラス3の軽犯罪の刑事責任を問われる可能性があります。

バージニア州のスキルゲーム禁止令の取締まり

バージニア州のスキルベースゲームは、広範囲にわたって禁止されますが、バージニア州の警察と検察は電子スキルゲームの禁止をどのように執行するのでしょうか。現在、バージニア州では、電子スキルゲームは違法とされていますが、警察は執行が始まる前に、市民に新法を理解してもらうために猶予期間を設けています。猶予期間が終了すると、違反者は罰金や財産の差し押さえ、懲役刑などの民事・刑事罰を受ける可能性があります。リッチモンド郡やチェスターフィールド郡などの地元警察は、取締り開始前の猶予期間にはメッセージを発信するなど、啓発活動を行う予定です。リッチモンド、バージニアビーチ、その他の主要な警察署は、禁止執行を11月26日まで保留する予定です。初期の取り締まりでは、過去に暴力事件が発生した場所を重点的に取り締まり、自発的な遵守を奨励する予定です。


不利な判決にも関わらず、コンビニエンスストアのオーナーたちは、2024年の総会での立法支援を期待しています。約500人の小規模事業主が署名した公開書簡で、州議会議員に対し、今後の立法セッションでスキルゲームを規制し課税する法案を次期議会で見直すよう求めています。

バージニア州のスキルゲーム禁止令の取締まり

バージニア州のスキルベースゲームは、広範囲にわたって禁止されますが、バージニア州の警察と検察は電子スキルゲームの禁止をどのように執行するのでしょうか。現在、バージニア州では、電子スキルゲームは違法とされていますが、警察は執行が始まる前に、市民に新法を理解してもらうために猶予期間を設けています。猶予期間が終了すると、違反者は罰金や財産の差し押さえ、懲役刑などの民事・刑事罰を受ける可能性があります。リッチモンド郡やチェスターフィールド郡などの地元警察は、取締り開始前の猶予期間にはメッセージを発信するなど、啓発活動を行う予定です。リッチモンド、バージニアビーチ、その他の主要な警察署は、禁止執行を11月26日まで保留する予定です。初期の取り締まりでは、過去に暴力事件が発生した場所を重点的に取り締まり、自発的な遵守を奨励する予定です。


不利な判決にも関わらず、コンビニエンスストアのオーナーたちは、2024年の総会での立法支援を期待しています。約500人の小規模事業主が署名した公開書簡で、州議会議員に対し、今後の立法セッションでスキルゲームを規制し課税する法案を次期議会で見直すよう求めています。

バージニア州ゲーミング法の将来について

バージニア州最高裁判事が下級審の判決を覆し、電子スキルゲームの禁止を決定して以来、地元の中小企業経営者の多くが、裁判所命令による突然の収益の減少に懸念を表明しています。コンビニエンスストアのオーナーの中には、かつて収入の大部分をスキルゲームから得ていた事業者もおり、禁止によって個人経営の店舗が閉鎖される可能性もあります。2021年現在、バージニア州では少なくとも9,000台の遊技機が稼動していると推定されています。

現在の禁止措置にも関わらず、2024年のバージニア州議会はこの問題に取り組むことが予想されています。バージニア州にスキルゲームを復活させるために、合理的な課税と規制の枠組みを作る法案を検討する可能性があります。これは、大企業がギャンブル拡大の恩恵を受ける一方で、コンビニエンスストアのような中小企業が同様の恩恵を受けられない懸念が主な理由です。大企業が新たなルールの恩恵を受けられるのであれば、中小企業も同様にバージニア州でのギャンブルの拡大から恩恵を受ける機会があるべきだからです。

裁判は続く

元NASCARドライバーで中小企業経営者のハーミー・サドラー氏は、2023年12月初旬、バージニア州のスキルゲーム禁止令に対し、グリーンズビル巡回裁判所で大きな勝利を収めました。裁判所はバージニア州検察総長の異議申し立てを棄却し、サドラー氏のスキルゲーム禁止に対する差し止め命令を延長しました。したがって、この禁止令の行方はまだ分かりません。この禁止令は、上院法案971によって制定され、後に州予算で修正されました。サドラー氏は、言論の自由と適正手続きの権利の侵害を主張し、憲法上の理由からこの禁止令に異議を唱えました。裁判所は、スキルベースのゲームは保護された言論と表現の自由であると支持し、差し止め命令を継続し、2023年春の最終裁判を予定しています。この訴訟の結果は、スキルベースのゲームの将来に大きな影響を与え、バージニア州および全米におけるゲーミングと言論の自由の交差点を明確にするでしょう。


ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

Avatar photo
Author

Amy Sanderson

All stories by: Amy Sanderson