VR・AR・MR弁護士

当事務所は、デジタルメディア、ビデオゲーム、知的財産権、およびライセンス契約の長年に渡る経験を生かし、VR・AR・MRのイノベーションをリードする企業を長年支援して参りました。当事務所は、映画向けVRコンテンツ制作会社、ロケーションベースのVRゲームデベロッパー、日本の著名なハプティクス技術デベロッパー、地理位置情報ベースのARエクスペリエンスデベロッパー、VRコンテンツ開発ツールプロバイダー、個人のVRコンテンツクリエイターと協業をしております。

当事務所の弁護士は、VR・AR・MR技術のビジネス導入と業界の特性に精通しております。技術のライセンス供与や、技術や体験の取得・導入に携わる企業に付加価値のある迅速な法的サポートを提供いたします。

顧問契約サービス

当事務所はVR・AR・MR向けの顧問契約サービスを提供しております。クライアントは必要に応じてサービスを利用し、迅速な法的アドバイスを受けることが可能です。このサービスを利用することにより、社内の法務へかかる諸経費を削り、業務運営に集中することが可能になります。

ガンマ法律事務所のVR・AR・MRに関する法務の詳細についてはお気軽にお問い合わせください。また当事務所のブログにて、VR・AR・MR業界のニュースの法的考察を更新しています。

Video Games Lawyer

業績の一例

  • Google Ventures、Accel Partners、Rothenberg Venturesの200万ドルの転換社債投資案件につきVR 技術のスタートアップ企業を代表。
  • 複数のVRスタートアップ企業に代わり、ViveXおよび Rothenbergアクセラレータプログラムとの契約を締結。
  • 複数のVRスタートアップ企業の会社設立、株式保有の構成、設立者契約を担当。
  • 複数のVR スタートアップ企業に代わり、コンテンツと技術のライセンス供与、一般的な法務事項を担当。

ガンマ法律事務所は、コンテンツ・ライセンスに関する専門知識が豊富で、急速に発展するVRビジネスに深い理解を持っています。さらに、コンテンツやテクノロジー・スタートアップ企業に関する幅広い経験があり、弊社に最適な法律事務所と言えます。

レネー・ピネル、Kaleidoscope VR 社、最高経営責任者

スタートアップである弊社は、弊社同様革新的な考えを持つ法律事務所を探していました。デイビットに出会い、期待通りの法的サポートを受けることができました。デイビットはVRビジネスにおける戦略的な法的専門家であり、その対応は素早く、ビジネスのニーズも熟知していました。彼は最高の弁護士であり、信頼のおけるアドバイザーです。

チャック・サンハン・リー、Construct Studio 社、VP & 共同創立者

これらの証言または承認は、お客様の法的事項の結果に関する保証または予測を構成するものではありませんので、予めご了承ください。