有価証券とクリプトカレンシー(暗号通貨)/ ブロックチェーン

ビットコインやイーサリアムなどのクリプトカレンシー(暗号通貨)は、金融とテクノロジーの中間に位置します。クリプトカレンシー(暗号通貨)市場は、多くの新興企業に従来の公的、または民間ルートを通じて利用できなかった資金調達機会を提供してきましたが、価格変動性と規制の不確実性により、法的支援が暗号通貨資金調達計画の重要な要素となってきました。クリプトカレンシー(暗号通貨)とは別に、トークナイゼーションとブロックチェーンを基盤にしたビジネスモデルは、とりわけ証券規制、デリバティブ取引規制、送金規制などに関する法律上の懸念を引き起こす可能性があります。

Gamma Lawは、未登録証券取引(国内外)、SEC登録資金調達ポータルの設立、クラウドファンディングの発行、規定506(c)による募集とクリプトカレンシー(暗号通貨)を含む証券規制事項についてアドバイスを提供しています。

Gamma Lawは、長年のテクノロジーに焦点を当てた事業慣行と証券規制事項の豊富な経験を組み合わせることで、クリプトカレンシー(暗号通貨)の課題とブロックチェーンを基盤したビジネスモデルについてのアドバイスを提供する独自の立場を確立し、この分野において革新的な視野を持つ顧客をいち早くサポートし始めました。弊社のチームには、暗号通貨の問題点について発信をし続ける、この分野に特化した経験と知識を持つ弁護士が参加しています。

また、Gamma Lawは、登録公募、無登録民間募集、ベンチャーキャピタル融資、エンジェル投資などにおいても豊富な経験があり、 暗号通貨に関しては以下のような業務を提供しています。

  • 潜在的なイニシャル・コイン・オファリング(ICO)についてのアドバイス
  • ICOでの代行に関する役員/取締役の責任および防衛措置の可能性についての助言
  • 「Reg A +」や規則506(c)(3)など、他の最近の民間資金調達での課税免除と比較した、ICOのリスク/優遇措置に関するアドバイス

この分野での弊社の活動をぜひブログでご覧ください。