メタの評決:アバターの悪行に対する開発者の責任

メタの評決:アバターの悪行に対する開発者の責任

メタの評決:アバターの悪行に対する開発者の責任

1000 648 David Hoppe

先日の記事で、メタバースの発展とアバターを介したユーザー交流から生じる数多くの法的問題について解説しました。本稿では、仮想環境で問題が発生した場合に、ゲーム開発者、ソーシャルアプリケーション、メタバースプラットフォームが、直面する主な法的リスクについて検討します。アバターを操作する人が起こした犯罪や不和、反社会的行為に対して、これらのサービスプロバイダーは責任を負うべきなのでしょうか。さらに、ゲーム開発者やメタバースプラットフォームが責任追及を軽減させるための法的戦略も提案します。

法的責任の問題は、その不当な行為が犯罪行為、不法行為、または契約違反として特徴付けられるかどうかにかかっているかもしれません。

不法行為責任

不法行為とは、被害を受けた当事者が損害賠償や裁判所停止命令を求めることができる不当な行為のことです。法的責任は、厳格(無過失)責任、絶対責任、第三者責任、共同責任など、過失が認められる主体の役割と責任によって決定されます。アバターを装って行われた不法行為の種類によっては、ゲーム開発者やメタバースプラットフォームは、従業員が管理するアバターの行為に対して、代理責任を負うことがあります。また、「主従関係」が存在しない場合でも、プラットフォームや開発者が「不法行為者」として、加害者と密接に協力した場合には、共同責任を負う可能性があります。

刑事責任

刑法上の責任は、主に責任能力を前提に判断されます。つまり、ゲーム開発会社やメタバースプラットフォームは、犯罪を回避・阻止できる立場にあったと裁判所が判断すれば、ユーザーがアバターとして行った犯罪行為に対して責任を負う可能性があるのです。複数の女性が、自分のアバターが仮想世界で性的暴行を受けたと主張し、それが引き起こす身体的・心理的トラウマを訴えています。これらの行為を行った人物は特定され、処罰されるべきですが、このような行為が発生した環境を作り出した主体に対しても、責任を負わせるべきだという意見があります。メタバースの世界で起きた犯罪行為に対して、メタバースプラットフォームに責任を負わせることは適切なのでしょうか。近い将来、メタバースのあらゆる側面を対象とし、そこで行われた違法行為に対してメタバースプラットフォームが負う責任を具体的に規定する包括的法規制が制定される可能性が高いと思われます。

契約不履行責任と法的構成要素

ゲーム開発者やメタバースプラットフォームは、アバターユーザーが犯した契約違反について、契約の当事者であることを条件に訴えられる可能性があります。この関係は、契約の当事者のみがその契約に基づく義務を執行し、利益を享受することができることを示す、「契約関係の原理(the doctrine of privity of contracts)」に概説されています。ゲーム開発者やメタバースプラットフォームは、一般にアバターの背後にある身元や人物を認識しているため、因果関係などの法的構成要素に基づく責任を負うこともあります。メタバースが今後どのように発展するかにもよりますが、プラットフォームプロバイダーは、自社サイトを利用するアバターの背後にいるユーザーの実際の身元を把握することを強いられるかもしれません。そうなった場合、因果関係や予見可能性の概念が拡大され、開発者は過失責任を負い、そのプラットフォームで行われた行為に責任を負う可能性が出てきます。

製造物責任

製造物責任は、ゲーム開発者やメタバースプラットフォームにとって潜在的なリスクの源となっています。メタバースは、顧客が購入し使用できる仮想および物理的な製品の膨大なマーケットになることが予測されます。その中でソフトウェア、仮想の非代替性アイテム、ヘッドセットやメガネのようなハードウェアは、ほんの一例に過ぎません。したがって、開発者、製造者、ライセンサー、ベンダーなどの業界関係者は、メタバース参加者やこれらの製品のユーザーから請求されるメタバース関連の製造物責任賠償のリスクにさらされる可能性があります。今後、メタバース関連の様々なタイプの製造物責任賠償請求が発生することが考えられます。例えば、メタバースに没入している間に個人が怪我をした場合の製造物責任賠償請求などです。また、メタバースへの参加や関連ハードウェアの使用によって、財産が破壊されるような事件が発生した場合、物的損害や経済的損失の請求が発生する可能性もあります。このように、メタバース関連の様々な製造物責任のリスクを考慮すると、ゲーム開発者やメタバースプラットフォームは、契約書、利用規約、警告や使用説明書を作成することで、責任を軽減する方策やその他の保護策について法的アドバイスを受ける必要があります。

その他の法的責任

ゲーム開発者やメタバースプラットフォームは、知的財産権の二次侵害やアバターが作成したコンテンツの仲介責任(intermediary liability)を問われることもあります。アバターがメタバース上で著作権を侵害し、メタバースプラットフォームが侵害物の削除や著作権侵害を止めるための適切な行動を取らない場合、二次侵害の責任を問われるかもしれません。さらに、アバターがヘイトスピーチ、中傷、児童ポルノ、サイバー犯罪のスパム、フィッシングなどに関与した場合も、仲介責任を問われる可能性があります。

サービスプロバイダーへの法的保護

業界の専門家の中には、仮想環境では他者の行為に対して過度の責任が問われるべきではないと考える人もいます。アバターの責任を制限する一つの方法として、アバターが訪問するゲームやアプリケーションとの関連性とは異なる法的地位を付与することが考えられます。そうすることで、ゲーム開発者がメタバース内でイノベーションを継続する動機付けになると、メタバース推進派は主張します。メタバースが発展するためには、技術の進歩を阻害することなく、さまざまなステークホルダーの権利を保護できるように慎重にバランスをとることが必要であるという主張です。しかし、これは立法者にとって両立させるのは難しいでしょう。なぜなら、アバターを制御する人を法的責任から免除したいと考える人はいないからです。つまり、アバターはゲームとは別個のものであったとしても、プレイヤーとは切り離せないのです。

より早急な対策は、サイトが法的責任を最小化するために、適切な法的文書を作成し公開することでしょう。利用規約、プライバシーポリシー、エンドユーザ使用許諾契約などの標準的な法的文書は、ビジネスを法的紛争から守るために非常に有効です。これらの文書は、Web3の経験豊富な弁護士によって作成され、強固な免責事項を組み込むことができるため、ゲーム会社やメタバース企業が実施すべきデューデリジェンスの一部となるはずです。

結論  

アバターの行為に対する法的責任をめぐる法律はまだ進化を続けています。アバターによる行為の法的救済を提案する学者もいれば、アバターの行為に対する責任を従来の不法行為法の原則の中で対処することを提案する学者もいます。開発者やプラットフォーム事業者は、アバターを利用するユーザーによる違法・不正行為に起因する法的責任から十分に保護されるよう、新しい技術に精通した弁護士や法律事務所に相談することが最善です。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

Author

David Hoppe

All stories by: David Hoppe