メタバースのアバター: 法的トラブルのパンドラの箱?

メタバースのアバター: 法的トラブルのパンドラの箱?

メタバースのアバター: 法的トラブルのパンドラの箱?

1000 648 David Hoppe

アバターを基盤としたメタバースというコンセプトは、ますます人気を集めており、ソーシャルメディアの世界に新たな局面をもたらしています。企業は、デジタルアバターを自社のブランドアイデンティティの一部として利用したり、また、顧客へのパーソナルなユーザー体験を提供することで利益を得ることができます。しかし、デジタルアバターには様々な法的規制の問題があるため、その使用には慎重であるべきです。 本稿では、メタバースにおけるデジタルアバターの使用に関連する規制上の懸念事項と、法的責任を最小化するために考えられるいくつかの解決策を検討します。

アバター:Web3への道

Web3において、アバターとは、コンピュータで生成された3Dワールドにおける人物や実体を仮想的に表現したもので、チャットやエンターテインメントサイトでよく利用されています。また、顧客との知的対話を目的としたAIによるバーチャルアシスタントも、アバターの一種であり、この応用例です。このようにアバター、特に3Dアバターは、ユーザーとの信頼関係を築き、コミュニケーションをより簡単に直接的にするなど、さまざまな目的に使用することができます。また、アバターがユーザーに親しみやすい、人間のような顔を持つことで、企業はよりパーソナルで具体的、かつ魅力的な方法で自社の価値をアピールでき、ブランドエクイティや顧客ロイヤルティを高めることができるかもしれません。

デジタルアバターと触れ合うと、多くのユーザーは安心感を覚え、ドーパミンが分泌さ れることが報告されています。このように、デジタルアバターはエンドユーザーと関わるための貴重なマーケティングツールになり得るのです。しかし、アバターにも限界があることも知っておかなければなりません。アバターは、親近感や共感を呼び起こすことはできますが、人間のような理解力や感情的な知性を持ち合わせているわけではありません。したがって、特に複雑で感情的な場面では、アバターが必ずしも最も効果的なコミュニケーション手段とは言えないかもしれません。

このような限界があるにもかかわらず、アバターやデジタルアシスタントは、サービス産業からヘルスケアまで、さまざまなアプリケーションでますます一般的に使用されています。そのため、企業は、アバターやデジタルアシスタントの使用に関する法規制による影響を慎重に検討し、関連する法規制に準拠していることを確認することが重要です。そうすることで、デジタルアバターのメリットを最大限に生かしつつ、リスクを最小限に抑えることができるのです。

想定される法的解決策

前述の法的解決策に加えて、デジタルアバターの使用を検討する新興テクノロジー企業は、アバターの導入に起因する法的責任を最小化するために、以下の法的戦略を検討することが可能です。

利用規約
適切な利用規約を設けることで、法的責任を軽減することができます。おそらく、大規模多人数同時参加型オンラインRPG(MMORPG)のように、新興テクノロジー企業は、アバターの行為を契約上規定する利用規約を設けることができます。また、アバターをプラットフォームから追放したり、仮想資産を没収したりするなど、違反行為に対する救済措置を含めることができます。仮想資産の没収は、他のユーザー(またはアバター)の間で取引され、最終的には現金化される可能性があるため、違反行為に対する強固な救済策となる可能性があります。

登録の義務化
メタバースにおけるすべてのアバターは、会社設立のような登録制にすべきであるという指摘もあります。そうすることで、各個人は、分散型メタバースにおいて単一のアバターしか所有することができなくなり、メタバースにおける当事者の権利と義務をより適切に管理することができます。そして、そのアバターに特定のルールを課すことで、メタバースにおける権利と義務を管理することができるでしょう。これを実現するためには、メタバース内のアバターに最低資本基準を導入する必要があり、これについては、次に解説します。

最低資本基準
メタバース企業は、何らかの形で最低資本基準を導入することが可能であり、そうすることで、被害者に何らかの補償をすることができるようになります。アバター(ユーザー)は、法人設立の時点で、メタバース内の第三者と契約するために一定の金額を預ける必要があります。企業を含む第三者は、アバターが十分に信用に値するかどうかを評価した上で、契約の締結を決定することができるのです。この最低資本基準の要件がなければ、アバターの背後にいる個人を特定するための登録情報を審査することができず、メタバースで発生するあらゆる損害に対する救済を得ることは困難になるでしょう。

匿名性
デジタルアバターに関する主要な法的問題の1つに、自律的かつ匿名的存在としてのアバターの法的地位が挙げられます。デジタル領域へのビジターは、アバターによって、現実のアイデンティティとオンライン上のペルソナを切り離すことができます。例えば、アバターは、実生活では反社会的、無礼、あるいは犯罪とみなされるような行動をでも、オンライン上では法的責任を負うことなく行うことができます。つまり、アバターを導入することで、オフラインの世界では不可能なコミュニケーションや行動を可能にすることができるのです。メタバースユーザーに匿名アバターの利用を許可している事業者は、そのユーザーの行動が法令に違反した場合、法的な問題に直面する可能性があります。メタバース・プラットフォームをホストする企業は、ユーザーの行動を防止できなかったとして責任を問われるかもしません。また、ユーザーが匿名アバターを使用して著作権侵害などの違法行為を行った場合、事業者はその行為を助長した責任を問われる可能性があります。このようなリスクを軽減するために、企業は、ユーザーに何らかの身分証明書の提出を求めたり、ユーザー認証システムを導入したりするなど、ユーザーを識別・追跡する手段を講じることができます。また、ユーザーの行動に関する明確なポリシーやガイドラインを策定し、必要に応じて速やかにポリシーを履行することができます。

身元詐称と個人情報盗難
IDの詐称・窃盗は、アバターの使用と密接に関わる規制問題です。アバターが持つ匿名性はメタバースコミュニティに脅威を与えるため、身元詐称や それに伴う被害への対策は不可欠です。顧客がアバターを使って別人になりすまし、盗んだクレジットカードを使ってプラットフォームで買い物をした場合、そのプラットフォームの企業は経済的損失を被ることになりかねません。その購入がピアツーピア(P2P )・マーケットプレイスで行われた場合、そのプラットフォームは詐取された相手に弁済するよう命じられる可能性があります。さらに、アバターの背後にいる人物が他のユーザーの金融・個人情報を取得した場合、企業は罰金やその他の規制上の制裁を受ける恐れがあります。このような事態に対処する一つの方法として、アバターを通じて活動する個人に個人識別プロセスの遵守を義務付ける、登録の義務化があります。一部の州では、個人情報の盗難やそれに伴う被害を防ぐために、インターネット企業に本人確認プロセスの導入が義務付けられています。さらに、レッドフラグルール(Red Flags Rules)は、企業に対し、個人情報盗難防止プログラムの開発、実施、管理を義務付けています。この規制は、ID窃盗防止や、アバター使用時の匿名性・偽装に伴うリスクの低減に有効です。

結論

デジタルアバターは、メタバースの未来そのものだと言えるでしょう。メタバースに進出しようとする既存の企業も、この領域で存在感を示したいのであれば、いずれはアバターを導入しなければならないでしょう。しかし、デジタルアバターの導入には、法的な課題がつきものです。事前に法的知識を理解していないと、莫大な責任を引き受けることになり、最悪の事態を招きかねません。デジタルアバターを導入する前に、新興テクノロジーを専門とする弁護士や法律事務所に相談するのが最善です。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

Author

David Hoppe

All stories by: David Hoppe