ユーティリティ・ビークル: トークン化によるネットワークの拡大

ユーティリティ・ビークル: トークン化によるネットワークの拡大

ユーティリティ・ビークル: トークン化によるネットワークの拡大

1000 648 Yusuke Hisashi

世界がより分散化され、透明性の高いデジタル経済に移行する中で、Web3エコシステムで事業を展開する企業にとって、代替性および 非代替性トークンがもたらすポテンシャルがゲームチェンジャーとして浮上しています。ブロックチェーン技術に基づくトークンは、特定のエコシステム内でのさまざまな資産、権利、またはユーティリティを表すものです。デジタル通貨からロイヤリティポイント、さらには不動産や芸術作品などの物理的資産の所有権まで、さまざまなものを表現することができます。

トークン化は、資産の所有権をブロックチェーン上に移し、その資産に対応するトークンを割り当てることです。この手法は、所有者に価値あるものを提供するためにますます広く利用されています。これは、サービスや製品へのアクセスを提供するユーティリティ・トークンから、投資資産を表すセキュリティ・トークンに至るまで、所有者に価値を提供するためにますます利用されるようになっています。


トークンは、本質的に、特定のネットワークやプラットフォーム内で取引、交換、利用できる価値のデジタル表現です。このイノベーションは、企業が資本を調達し、ユーザーの参加にインセンティブを与え、従来の中央集権型システムに挑む新たな経済モデルを構築する道を開きました。

トークノミクスとは、特定のエコシステム内におけるトークンの生成、流通、利用に関わる経済原則とインセンティブ構造を指します。トークノミクスには、トークンの供給量、流通メカニズム、インセンティブモデル、およびガバナンス構造などの要因が含まれます。

  • ユーザーの参加と関与の促進
  • 分散型ガバナンスと意思決定の促進
  • 新たな収益源とビジネスモデルの実現
  • コミュニティの形成とロイヤルティの育成
  • 運営および設備投資のための資金調達の促進

実用性vs安全性

適切なトークンモデルを構築することで、企業は利害関係者のニーズに対応し、調和したインセンティブ、広範なネットワーク効果、持続可能なエコシステム、そして安全な法的環境を享受することができます。ただし、そのような構造を構築することは容易ではありません。米国証券取引委員会(SEC)は、トークン購入により、金銭的価値を増やすことを主な動機とする購入者に提供されるトークンは有価証券であると決定しました。これらのトークンは有利子負債または企業やプロジェクトの小数所有権を表しているため、企業の債券や株式に相当します。また、株券を発行する企業と同様に、所有権トークンを発行する企業は、そのセキュリティトークンをSECに登録するか、例外を申請して認められなければなりません。

最高裁が1946年に下したSEC対W.J.ハウイー社の判決に基づき、「ハウイーテスト」と呼ばれる枠組みが設けられ、SECはトークンの価値が有用性や潜在的な金銭的インセンティブに由来するかどうかを評価する際に、以下の4つの質問を行います:

  1. 金銭の投資があるか
  2. トークンは共同事業を表しているか
  3. 出資者は利益を得ることを期待して出資しているか
  4. その利益は、他の人の努力によってのみ発生するか

実用性を強調することの重要性

これらの質問のいずれにも「ノー」と答えられるトークンの提供は、SEC規制当局から逃れることができるはずです:

  • アクセストークン:このトークンは、保持者に特定の商品、サービス、またはプラットフォームへのアクセスを提供します。例えば、分散型ファイルストレージ・システムへのアクセスを可能にするトークンや、プレミアムサブスクリプション・サービスへのアクセスを提供するトークンが含まれます。
  • ワークトークン: このトークンは、分散型ネットワークやプラットフォーム内の参加者にインセンティブを与え、報酬を与えるために使用されます。例えば、コンピューティングパワーを提供するユーザーに報酬を与えるトークンや、分散型データベースへの貢献を促すトークンがあります。
  • 決済トークン:これらのトークンは、特定のエコシステムやネットワーク内での取引手段として機能します。トランザクションを容易にし、法定通貨や他の安定した資産にペッグされることもあります。

どのようなトークンが提供されるにせよ、企業はトークンの実用性と機能性を強調する必要があります。これはセキュリティトークンとの差別化に役立ち、エコシステムやプラットフォーム内での価値提案を強化します。

自社のトークンのユースケースとベネフィットを明確に示すことで、企業は潜在的なユーザーや規制機関に対し、トークンの目的をより的確に伝えることができます。この透明性は信頼性を構築し、企業を法的責任から保護するのに役立ちます。実用性を強調することで、企業は単なる投機的な理由ではなく、トークンの実用的な応用価値を重視するユーザー層を惹き付けることもできます。これは、ブロックチェーンベースのプロジェクトやプラットフォームの長期的な成功にとって極めて重要であり、より持続可能で熱心なコミュニティの形成につながります。

ネットワーク効果の活用

ユーティリティ・トークンは、所有と参加が拡大するにつれて、所有者により多くの価値をもたらすことがよくあります。これらのネットワーク効果は、トークン化の文脈においてはさまざまな形で現れます。たとえば、特定のトークンが取引やプラットフォームへの利用が増えると、そのトークンの流動性と価値が向上します。結果として、トークンはより多くのユーザーにとって魅力的なものとなり、所有者にとっても価値が高まります。同様に、開発者がブロックチェーンネットワーク上にアプリケーションやサービスを構築するにつれて、エコシステムはより豊かで価値あるものになり、さらに多くの参加者を引き寄せます。

企業は、ネットワーク効果の力を最大限に活用するために、トークンモデルを慎重に設計し、広報する必要があります。DAOデジタルアセットに精通した弁護士は、企業のトークンの成功に役立ちます。

  • 供給と配布:トークンの初期供給と配布は、ネットワーク効果に大きな影響を与えます。新規利用者を奨励し、同時に長期的な持続可能性を確保するバランスの取れたアプローチが重要です。
  • 実用性と希少性: トークンは、取引、アクセス、ガバナンスのいずれにおいても、エコシステム内で真の実用性を持たなければなりません。同時に、需要を高め、価値の希薄化を防ぐために希少性を維持する必要があります。
  • インセンティブの整合: トークン経済は、すべての利害関係者のインセンティブを整合させ、エコシステムの成長と健全性に貢献する望ましい行動に報いる必要があります。これには、ユーザーの参加、開発者の貢献、またはノードの運用に対するインセンティブが含まれます。
  • ガバナンスと分散化: トークン保有者が意思決定に発言権を持つ分散型ガバナンス・モデルは、オーナーシップとエンゲージメントを育み、ネットワーク効果をさらに強化します。
  • 相互運用性と統合: トークンを他のプラットフォーム、プロトコル、エコシステムと容易に統合できるようにすることで、潜在的なユーザー層を拡大し、ネットワーク効果を高めることができます。

結論

優れたトークノミクス・モデルの目標は、ネットワーク効果によって持続的な成長と価値創造を促進し、自己持続型のエコシステムを構築することです。ユーザーや開発者の参加が増えることで、トークンの有用性と需要が高まり、流動性も向上し、より堅牢なインフラが構築され、幅広いアプリケーションやサービスが提供されるようになります。

この好循環は、トークン保有者やエコシステム参加者だけでなく、トークンの背後にあるビジネスや組織にも利益をもたらします。エコシステムが成長するにつれて、取引手数料、サブスクリプションモデル、またはその他の収益化戦略を通じて収益を生み出す可能性も拡大します。

しかし、持続可能なトークンエコシステムの構築は長期的な取り組みであることに留意する必要があります。これには、忍耐力と継続的なイノベーション、そしてインセンティブ、ネットワーク効果、ユーザー行動の相互作用を取り巻く法的問題に対処するための熟慮されたアプローチが必要です。トークノミクス・モデルを慎重に構築し、ネットワーク効果の力を活用することで、企業はブロックチェーン技術とトークン化の真の可能性を引き出し、すべてのステークホルダーに価値を提供する活気に満ちた自己持続型のエコシステムを構築することができます。


ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

Avatar photo
Author

Yusuke Hisashi

All stories by: Yusuke Hisashi