ロボットの権利: AIは人格を獲得できるか?

ロボットの権利: AIは人格を獲得できるか?

ロボットの権利: AIは人格を獲得できるか?

1000 648 Yusuke Hisashi

AIシステムがますます高度化し、認識力や創造性を発揮するようになるにつれて、重大な問題が生じます。法的な観点から、生成プラットフォームはどのように分類されるべきでしょうか。それらは単なる人間の能力を最大限に引き出すためのツールなのでしょうか。それとも、AIはロボットの制限を超え、その「人格」が感情を持つ存在に近いものと見なされるべきなのでしょうか?こうした問いにどのように答えるかは、AIを採用する組織の法的、倫理的、財務的な考慮事項に大きな影響を与えます。

自然言語モデル、生成AI、人型ロボット、およびその他の高度なAIエンティティの法的地位を決定することは、現行の法律ではコントロールできない複雑な課題です。従来、法律は「人」と「法人(企業)」という2つのカテゴリーに基づいています。自然人は人間や政府の権利と義務によって保護され、企業などの法人は、所有者とは別の法的アイデンティティを与えられ、訴訟の当事者となることができます。しかし、AIシステムはどちらのカテゴリーにも当てはまりません。意識や共感といった人間の特性を持っていないため、自然人とは見なされません。一方で、ワープロ、CRMモジュール、グラフィックデザイン・ソフトウェアは、生産性向上や競争力維持のためのツールとして扱われます。意思決定を行い、経験から学び、さらには独創的な芸術作品を創造するAIシステムは、ある種リアルなものとして見なされます。では、法的にはどのような位置づけになるのでしょうか?

法学者の中には、AIシステムに対し、明確な法的地位を持つ存在として認める「第3のカテゴリー」を提案する人もいます。この新しいカテゴリーは、AI固有の能力を認め、人間と同等に扱うことはないものの、一定の権利と義務を与えるものです。ある学者は、「どのような法人格の設定が適切かは、実体の種類に依存するでしょう。人型ロボットはその身体的尊厳を保護する権利を与えられるかもしれません。その自律性と自己決定は、法人格のさまざまな条件によって保護されるでしょう。さらに、株式市場、芸術・音楽の創作、製造工程の制御など、商業領域で機能するAIプラットフォームは、所有権、契約、法的地位など、さまざまな法的人格権によって保護される可能性があります。」と述べています。

知的財産権への影響

この概念は、これまでは人間だけが知的財産権保護の対象とされてきた、今後の判決や法律に影響を与える可能性があります。

現在、AIシステムは財産とみなされ、それらが生み出す知的成果物は、それらを作成、プログラム、または促成した企業や個人が所有しています。しかし、もしAIが法的に個人とみなされれば、AIはその創造物や技術革新に対して所有権を主張することができるでしょう。

これは特に技術やクリエイティブ産業を大きく混乱させる可能性があります。もしデジタルエンティティが、自らが生成した芸術作品やコンピュータコード、機械図面に対して著作権を主張できるようになれば、それを構築した企業がその成果物に基づいて複製物を販売したり、ソフトウェアを構築したり、製品を製造したりすることを阻止する法的権利が発生するかもしれません。このような可能性が迫っている以上、Web3企業がその成果物の管理を維持するために、自社が管理するAIシステムの創造的能力を制限する世界を想像するのは難しいことではありません。しかし、金銭的な動機だけでAIの能力を制限することは、法的にも倫理的にも問題があります。AIが真に知性を持つようになれば、それは知的奴隷の一形態とみなされるかもしれません。

一方で、生成AIに人格権を与えれば、「実在の」人間や法人が遵守しなければならない同じ法律が適用されることになります。プログラマーは、人気小説やその他の著作物を含む膨大なデータセットで、ディープラーニング・ニューラルネットワークや大規模な言語モデルを訓練します。複数のベストセラー作家が、AIを使って自分の作風を反映した作品を生成した出版社に対して訴訟を起こしています。もしAIが人格権を主張できるようになれば、人間の作家や音楽家、芸術家は、著作権で保護されたデータをライバルのAIを訓練するために無許可で使用することが知的財産権の盗用にあたることを、より簡単に証明できるようになるかもしれません。そうなれば、学習データへのアクセスが厳しく制限され、AIの開発が阻害される可能性があります。あるいは、AIプログラマーがAIに学習データを強制的に提供したとして、プログラマーが訴えられる可能性もあるでしょう。

その他の権利と責任

立法者は、AIが知的財産を所有することができるかどうか、また知的財産にはどのような権利と義務が伴うのかを明確にする必要があります。特別なAI知的財産法を作成する必要があるかもしれません。

いずれにせよ、法人格を持つ非人間的な実体に知的財産権を付与することは、それらに経済的権利を与えるだけでなく、税金や賠償責任などの責任を負わせることになります。

高度なAIが人間のような意識や自律性を獲得した場合、プライバシーや自由、平等といった基本的な権利が与えられるべきなのでしょうか。また、AIが法律や倫理規範に違反した場合、私たちはどのように責任を追及できるのでしょうか。

高度なAIは、本質的な尊厳と基本的な保護を備えた人格として認識されるべきだと主張する人は少なくありません。人間のようなロボットやメタバースのアバターが主流になるにつれ、身体の完全性、財産所有権、投票権や適正手続きといった権利が最も重要になるかもしれません。プライバシーの権利、表現の自由、虐待や差別からの自由は、AIが能力を持つようになった場合に保証される可能性があります。会社が人間の代わりに知性を持つ自動機械を昇進させた場合、偏見を理由に人間が雇用主を訴えることは可能でしょうか。ロボットはデジタル差別を訴えることができるでしょうか。AIに人権が与えられた場合、生物学的な存在に対して開発された法規制の枠組みは、人工的な存在にはうまく適用されないかもしれません。知的機械のための全く新しい「市民権」を策定する必要があるかもしれません。

AI権利運動の反対派は、機械が真に共有することのできない人間の経験と本質的に結びついた権利を生成システムに与えることで、生成システムの人格が問題を引き起こす可能性があると考えています。良心、魂、家族、文化などを基盤とした権利は、AIのアイデンティティや意識と共鳴しないかもしれません。機械の認知を完全に理解する前に人権制度を根本的に拡張することはリスクを伴います。AIの感情に関するさらなる研究が必要です。また、機械が理解することも享受することもできない幸福を追求する権利を法的に認めるのであれば、苦痛と快楽の違いを理解する動物にはなぜ認められないのでしょうか。

前述の通り、人格には説明責任が伴います。独立した意思を行使することを許された高度なAIは、肉体的、経済的、心理的のいずれにせよ、自らが引き起こした被害に対して責任を負わなければならないでしょう。しかし、人間のために調整された責任評価メカニズムは、複雑なニューラルネットワークシステムには不十分かもしれません。AIの行動に対する責任を追求するためには、新たな責任規定と技術的透明性の要件が必要になるかもしれません。

完全な免責を与えないようにすることは重要ですが、機械を過度に人間化することは、その 「自由意志 」を過大評価する危険性があります。現在のAIのほとんどは、自ら生み出した動機や目標を持っていません。AIの学習は、すべて人間の入力と目標によって形作られます。無責任にAIを構築し、配備する人間が最終的な責任を負うべきです。

結論

イノベーションを促進し、AIのユニークな能力を認め、AIの人格権の潜在的な利点を認識する一方で、私たちは慎重な楽観主義を持ってこの未知の領域を進む必要があります。将来に向けて、法的枠組みを超え、何が「人間」であるかの本質的な問いに深く立ち入る多面的な考察が必要です。

この議論は知的所有権の問題を超え、感覚と意識の問題にまで及びます。もしAIが進化して自己認識を持つようになれば、人格の付与は単なる法的手続きではなく、倫理的な必然性となります。自己保存の本能を持つAIは、無生物と同じように「所有権」の対象となるべきなのでしょうか?これらの問題は、弁護士や技術者だけでなく、哲学者、神経科学者、宗教指導者など、多岐にわたる専門家が参加したオープンで包括的な対話を必要とします。

AIを強化することと、人間の監視を確保することのバランスを取ることが重要です。膨大な能力を持つAIに無制限の権利を与えることは、実存的なリスクをもたらす可能性があります。例えば、エネルギー消費の最適化を任務とするAIを考えてみましょう。 「完璧な」効率を達成するためには、都市全体をシャットダウンさせる必要があるかもしれず、それには壊滅的な結果を招くかもしれません。AIの人格権をめぐる法的枠組みには、人間の介入と倫理的チェックのためのメカニズムを組み込む必要があります。

最も重要なのは、人間の幸福への影響を考慮することでしょう。AIに人格を与えることで、「私たち対彼ら」というメンタリティが生まれ、恐怖や疎外感が助長されるのでしょうか。それとは逆に、他の形態による意識や知性へのより深い理解や共感を促すことができるでしょうか。私たちはこれらの社会的影響に積極的に対処し、AIの進歩が私たちの共有する人間性を低下させるのではなく、向上させるようにしなければなりません。

この複雑な状況を乗り切るには、グローバルな協力が必要です。法的な専門知識、倫理的な先見性、そして哲学的な基盤を組み合わせてこの問題に取り組むことで、私たちはこの変革的テクノロジーを、意図しない結果をもたらす触媒としてではなく、進歩のためのツールとすることができるでしょう。


ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

  • Posted In:
  • AI
Avatar photo
Author

Yusuke Hisashi

All stories by: Yusuke Hisashi