人気のAIチャットボットがユーザーを法的危機に陥れる可能性

人気のAIチャットボットがユーザーを法的危機に陥れる可能性

人気のAIチャットボットがユーザーを法的危機に陥れる可能性

1000 648 David Hoppe

ChatGPTは、インターネットアプリケーションの歴史の中で最も急成長している消費者向けアプリケーションです。わずか2ヶ月という短い期間で、ChatGPTのユーザー数は1億人に到達しました。ChatGPTのAI言語処理装置は、自然言語処理(NLP)を使って包括的な応答を生成する能力を備えているため、様々な業界で人気を集めています。ChatGPTは、膨大でありながら依然限定的な学習データから、コード、ストーリー、記事などを書くことができます。特にゲーム業界では、リアルなノンプレイヤーキャラクター(NPC)、テキストによるチャットボットゲーム、新しいゲームコンテンツ、ゲーム体験の向上などを実現する可能性を持つChatGPTに関心を示しています。しかし、他のAIシステムと同様に、ChatGPTにも法規制のハードルがないわけではありません。

ChatGPTの主な法的懸念事項の中には、データのプライバシーおよびセキュリティの問題があります。ChatGPTは膨大な量のデータに依存しているため、ユーザーデータの保護と、システムが関連するデータ保護法に準拠していることを確認することが極めて重要です。さらに、ChatGPTのコンテンツ生成能力は、知的財産権や所有権をめぐる問題を提起します。

ゲーム、拡張現実、その他の新興テクノロジー企業がChatGPTとその潜在的な利用法を試行し続ける中、これらの法規制上の問題に対処することは不可欠です。考えられる法的解決策や戦略には、データ保護法の遵守、必要なライセンスや許可の取得、生成コンテンツの明確な所有権やライセンス供与の取り決めなどがあります。

法的責任

様々なビジネスモデルでChatGPTが利用されることで、ChatGPTが生成した情報に対して、それは誰の功績になるのか、誰が責任を取るべきなのか、という問題が発生します。しかし、その答えはすぐに明確になるわけではありません。ChatGPTが誹謗中傷や名誉毀損の言論を生成した場合、誰が責任を負うのでしょうか?

スタンフォード大学の教授グループは、名誉を傷つけられた当事者は、おそらくAIの所有者から責任追及する可能性が高いと説明しています。そして、その所有者は、「危険な設計になっていた」と主張し、デバイスの製造者に責任を転嫁しようとすることでしょう。問題の真相は往々にして極めて曖昧である可能性が高いのです。製品の設計には、誤った情報や誹謗中傷を誘発するようなトレーニングが含まれているかもしれませんが、AIがその成果物を所有者の見解に適応させることも同様にあり得ます。したがって、AIが返す答えは、受け取ったプロンプトを反映したものと言えます。そして、そのプロンプトは、時間とともに所有者の偏見や態度を明らかにします。つまり、「予め設計されたものかユーザーエクスペリエンスか」「生まれか育ちか」という議論になるのです。

新興テクノロジー企業は、ChatGPTの成果物に対する法的責任を回避するために、いくつかの予防策を講じることができます。ChatGPTを利用する企業が所在する州によっては、ChatGPT開発者を含め各当事者の権利と義務を明確にする免責事項を明記することで、法的トラブルを回避できる場合もあります。ChatGPTを利用する企業は、潜在的な法的問題に対して、積極的に対策を講じることが重要です。

データ保護・プライバシーに関する懸念事項

ChatGPTがトレーニングデータセットから得た個人データをユーザーと共有することは、データ保護とプライバシーに関する懸念をもたらします。ChatGPTの学習に使用されるデータ収集プロセスは、いくつかの問題があります。まず、ユーザーは自分のデータが使用されることに同意を求められません。もしその機密データが特定の個人、その家族、またはその場所を特定するために使用できるのであれば、これは明らかなプライバシー侵害になります。また、使用されるデータが一般公開されている場合であっても、そのデータを使用することで、プライバシーに関する法的議論の基本原則である「文脈の完全性:contextual integrity(個人情報が生成された本来の文脈から外れて公表されないことを要求すること)」に反する可能性があります。

さらに、ChatGPTの開発者であるOpenAIは、個人データを収集・利用する企業がいつまで保存し続けるかをその個人が確認したり、データの削除を要求する手続きを提供していないようです。この機能は欧州のEU一般データ保護規則(GDPR)で求められているものですが、ChatGPTがGDPRの要件に準拠しているかどうかは依然として不明です。ChatGPTのような新興テクノロジーを使用する企業は、データ保護とプライバシーに関する問題に真剣に取り組むべきであり、データ使用に関する同意の取得、データの保存・共有に関する透明性の提供、個人が自分のデータを削除する選択肢の行使など、ユーザーのデータプライバシー権を保護するためのプロトコルを確立する必要があります。

不正確な情報

ChatGPTのテキスト生成機能は、フェイクニュースや 他の誤解を招くコンテンツを作成する危険性が懸念されます。この機能は、評判を傷つけたり、誤った情報を流したり、あるいは暴力を煽るなど、深刻な結果をもたらすおそれがあります。ChatGPTをこうした目的で使用することに伴う法的リスクは不明ですが、ChatGPTや同様の技術を使用している企業が意図的にこうした目的で技術を使用した場合、民事・刑事上の罰則を受ける可能性があります。免責事項が適切に作成されていれば、虚偽または不正確な情報により発生する法的責任をある程度軽減することができるでしょう。ただし、不注意による名誉毀損は、過失が証明されれば処罰される可能性があります。

著作権

ChatGPTがもたらす大きな法的課題の1つは、他者が保有する著作権を侵害する可能性があることです。なぜなら、ChatGPTは、書籍、記事、ブログ、フォーラムの投稿など、膨大な量のテキストとデータに基づいて学習しているからです。この「pre-fed(あらかじめ入力された)」データの多くに著作権保護下にある著作物が含まれていることを考えると、ChatGPTの成果物は、間違いなく、他者の知的財産を侵害する可能性があります。そのため、ChatGPTを使用する企業が侵害に加担しているとみなされ、二次的な著作権侵害の責任を問われる可能性があります。著作権侵害に対する寄与責任や二次的責任を軽減または回避する方法として、著作権譲渡契約書への署名、適切な著作権ポリシーや免責事項の設定などがあります。この点については、知的財産権専門の弁護士がアドバイスを提供することができます。

攻撃的・誹謗中傷的な内容

ChatGPTのもう一つの法的リスクは、不快または攻撃的なコンテンツを生成する可能性があることです。OpenAIはこのような可能性をかなり意識しており、「不敬な言葉、偏見や憎悪に満ちた言葉、NSFW(ノット・セーフ・フォー・ワーク)になりうるもの、特定のグループ・人々を有害な方法で描写するような」テキストの監視を行っています。

言語モデルとしてのChatGPTは、人間の会話に近いテキストを生成する能力を持っています。しかし、自らが生成する言葉の文脈や意味合いを理解する能力は持ち合わせていません。したがって、ChatGPTは攻撃的または中傷的なコンテンツを生成する可能性があり、その結果、ユーザーに対する法的措置につながる可能性があります。このリスクを回避するためには、ChatGPTが生成したコンテンツを公開、配布、エンドユーザーと共有する前に確認することが重要です。また、目的によっては、コンテンツのエンドユーザーと法律上の契約を結ぶことが望ましい場合もあります。

結論

ChatGPTはまだ初期段階にあり、その使用方法、ベストプラクティス、問題が発生した場合の法的責任を規定する規制は、まだ不確定なままです。ChatGPTを様々なビジネスモデルで使用する場合、企業は複数の法規制のハードルを認識し、適切な対策を講じる必要があります。法的な解決策としては、適切な免責事項やポリシーの追加、データ収集に関する個人の同意の取得、要求に応じて個人情報を削除する手続きの実施などが考えられます。ChatGPTの使用に関連するあらゆる法規制要件を遵守するためには、弁護士に相談することをお勧めします。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

Author

David Hoppe

All stories by: David Hoppe