分散型キャスティング: Web3におけるエンターテイメントの再構想

分散型キャスティング: Web3におけるエンターテイメントの再構想

分散型キャスティング: Web3におけるエンターテイメントの再構想

1000 648 Amy Sanderson

テクノロジーの進化に伴い、私たちの娯楽、お金の扱い方、新しいことを学ぶ方法は変わりつつあります。特にWeb3は、エンターテインメント、ファイナンス、新しいスキルの習得方法について、私たちに再考の機会を与えています。例えばエンターテインメントは、かつて大企業が私たちが見たり聞いたりするコンテンツをコントロールしていました。しかし現在、Web3の台頭によって状況は変わりつつあります。

エンターテインメントにおけるインセンティブ、所有権、収益化構造の変化

Web3がもたらした最も顕著な変化のひとつは、エンターテイナーとその観客のインセンティブ構造の変化です。例えばNFTは、ファンがお気に入りのエンターテイナーの成功のステークホルダーになることを可能にします。NFTを購入することで、ファンはコンテンツに投資するだけでなく、エンターテイナーの将来的成功の可能性にも投資することになります。このような共生関係は、信頼と相互利益の共有によって持続可能なコミュニティを育みます。さらに、RoyalのようなプラットフォームやDreams Never Die RecordsのようなDAO(分散型自律組織)は、ファンが意思決定プロセスや、投資機会に直接参加できるようにすることで、エンターテインメント業界を民主化しています。しかし、なぜこのような変化がこの分散型時代に起こっているのでしょうか?

エンターテインメント産業における所有権は、歴史的に大手プラットフォーマーに偏り、クリエイターの自己作品へのコントロールは限られていました。しかし、現在、Web3は、所有権をNFTのような仕組みを通じてクリエイターに戻すことで、このパラダイムに挑戦しています。テイラー・スウィフトの最近のアルバムの再録音は、アーティストがオリジナル作品の所有権を維持する難しさを浮き彫りにしています。Web3の世界では、アーティストはNFTを活用することで、検証可能な所有権と利益分配の仕組みを確立し、作品に対するより大きな自主性とコントロールを確保することができます。

さらに、NFTの転売により、クリエイターは二次市場取引からロイヤルティを得ることができ、コンテンツのライフサイクルを通じて永続的な収益の流れを確立することができます。実際、Web3は従来の仲介業者を回避する新たなマネタイズチャネルを多数導入しており、クリエイターは収益のより大きなシェアを獲得することができます。NFTとSociosやVeztのようなプラットフォームを活用することで、エンターテイナーはコンテンツを直接収益化し、世界規模でファンと関わることができます。これらのプラットフォームは透明で公正な報酬モデルを促進し、クリエイターと消費者のより持続可能な関係を促進します。

さらに、Web3のマネタイズ・チャンネルは、ラジオ局やストリーミング・プラットフォームのような管理者を迂回する力をクリエイターに与え、コンテンツの配信や知名度に関してより大きな自律性を付与します。このような流通の民主化により、アーティストは作品に対して公正な報酬を得ることができ、より包括的で多様なエンターテインメントへの道が開かれます。

エンターテインメント業界がWeb3を採用するにつれ、より公平で透明性が高く、パワフルなエコシステムへのパラダイムシフトが展開されています。インセンティブ、所有権構造、マネタイズチャネルを再編成することで、Web3は業界を民主化し、分散化とコラボレーションによって定義されるデジタル時代に、クリエイターが成功するための力を与えます。エンターテインメントの未来は、Web3を受け入れ、その変革の可能性を活用し、より包括的で持続可能な創造的経済を生み出すことにあります。

分散型金融(DeFi)とブロックチェーン・バンキングの台頭

Web3は、そのバックボーンであるブロックチェーン技術により、従来の銀行業務を変革しています。ブロックチェーンは、その固有のセキュリティと透明性機能により、安全で効率的な取引を促進し、コストと処理時間を短縮します。Web3が金融業界にもたらす最も重要な結果の一つが、DeFiの出現です。DeFiは従来の銀行システムからのパラダイムシフトを象徴し、仲介者をスマートコントラクトとブロックチェーン技術に置き換えます。この分散型アプローチにより、中央集権的な機関を迂回して、融資や取引を含む金融取引を当事者同士が直接行うことが可能になります。しかし、問題は、中央集権的な通常の金融機関は、現在もその適応に苦慮しているという点にあります。

米国証券取引委員会(SEC)は、先導して、特定のトークンが証券として適格かどうかを判断する基準を開発しています。2018年以降、SECは、従来のハウイテストを超えて、トークンの配布やマーケティングを含む規制基準を拡大してきました。これにより、トークンの販売やマーケティングキャンペーンにおけるコンプライアンスの重要性が強調されています。未登録のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を通じてトークンが配布されたり、マーケティング資料に虚偽または誤解を招く記述が含まれる場合、証券取引法違反が発生する可能性があります。しかしながら、追加の規則が整備されていない状況下で、健全かつ規制された分散型マーケットを提供するための具体的なガイドラインはまだ確立されていません。

ブロックチェーン技術を活用したWeb3融資プラットフォームは、従来の仲介業者を不要にすることで、融資のあり方を再定義しています。自動的に融資契約を実行するようプログラムされたスマートコントラクトにより、銀行の介入なしでピア・ツー・ピアの融資が可能となります。この分散型アプローチにより、従来の銀行チャネルを迂回し、個人が直接資金調達にアクセスし、預金の利息を得ることができます。DeFiはアクセシビリティと効率性の向上を約束しているものの、規制が不十分であるため消費者保護と金融の安定性に懸念があります。従来の銀行とは異なり、DeFiプラットフォームは規制当局の監督なしに運営されているため、利用者は詐欺や市場操作などのリスクにさらされる可能性があります。しかし、DeFiの支持者は、世界中のサービスを受けていない人々に銀行サービスを提供することで、金融包摂を促進する可能性があると主張しています。

Web3ファイナンスにおける規制状況への対応

ギャンブルに関する議論において重要な要素のひとつは「チャンス:偶然性」です。Web3ゲームの世界では、ルートボックスが大きな懸念事項となっています。ルートボックスには、開封前に決まった報酬が含まれており、その結果はスキルや能力ではなくチャンスに左右されます。そのため、プレイヤーがゲームそのものに精通していたとしても、このようなゲームは従来のギャンブルと類似しています。さらに、賞品に関する問題もあり、何が当たるかという点が重要となります。

この議論の核心には、ギャンブル行為における参加者の賭け金やリスクを示す対価の概念が存在します。米国の司法管轄区によって、対価の解釈は大きく異なります。ある州では、ギャンブルにおいては、直接現金支払いや、その代替物による支払いを対価として認めており、これが規制の基盤となっています。一方、他の州では、エンターテインメント価値のある仮想アイテムは、法的により幅広く保護されるという立場を取っています。この意見の乖離は、Web3ゲームにおけるルートボックスの購入が、ギャンブル行為に該当するかどうかを判断する際に課題となります。加えて、現実世界の通貨とゲーム内通貨の購入の区別が、この問題をさらに複雑にしています。

ギャンブル分析の核心は、プレーヤーが結果をコントロールできないチャンスの要素です。ルートボックスの場合、箱の内容は予め定められており、プレーヤーのスキルに左右されないため、偶然性が非常に重要な役割を果たします。この予め決まった性質により、ルートボックスはプレイヤーの行動が直接結果に影響を与えるスキルベースのゲームとは異なります。各アイテムに割り当てられた統計的確率がルートボックスの中身を決定するため、方程式においてチャンスが支配的な要素となります。そのため、ルートボックスは、プレーヤーのスキルレベルに関わらずチャンスの要素が支配的となるため、従来のギャンブルの形式と一致しています。

賞品、つまりギャンブルにおける潜在的な報酬は、分析をより複雑にする要素です。ルートボックスから得られた仮想アイテムの価値は、それが賞品と見なされるかどうかを判断する際に重要です。州によって、何が賞品にあたるかについての解釈はさまざまです。一部の州では、ゲーム内でのプレイやエンターテイメントの特典を提供する仮想アイテムを賞品とみなす、寛容なスタンスを採用しています。一方、より厳格な立場を維持し、アイテムが具体的な金銭的価値を持つことを要求する州もあります。さらに、仮想アイテムが現実世界の通貨と交換可能かどうかは、賞品としての法的性質を左右する可能性があり、これが分析を複雑にしています。仮想経済や二次市場の進化する性質は、ギャンブルの文脈で仮想アイテムを賞品として定義する課題を複雑化させています。

ルートボックスの影響に関する懸念が高まる中、規制当局がその潜在的リスクに対処するための措置を講じています。ホーリー上院議員(共和党:ミズーリ州)などの法案による立法的取り組みでは、未成年者向けのゲームを対象に、ルートボックスの販売に年齢制限を課す提案がされています。ただし、これらの規制措置は消費者保護を強化する一方で、開発者やパブリッシャーに課題をもたらす可能性があります。さらに、業界内の自主規制やペアレンタル・コントロールの強化などの民間市場による対応策は、柔軟性を持っているものの、根本的な問題には対処できないかもしれません。韓国を例に取ると、ルートボックスに関連するリスクを軽減するために、法的義務と業界内の対処策を組み合わせたアプローチが、規制と業界のイニシアティブのバランスをとり、包括的な解決策を達成するのに有効であることが示されています。

結論

エンターテインメント、金融、能力開発におけるWeb3の可能性を追求する中で、規制とイノベーションのバランスを見極めることが極めて重要です。Web3テクノロジーを責任感と倫理に基づいて活用するには、法律家、業界関係者、消費者を巻き込んだ協力的なアプローチが不可欠です。規制上の課題に対処し、支援的なエコシステムを構築することで、Web3の可能性を最大限に引き出し、より包括的で透明性の高いデジタル未来を築くことができるでしょう。


ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

Avatar photo
Author

Amy Sanderson

All stories by: Amy Sanderson