米国は、英国のリアルマネー・ゲーミング詐欺防止策に匹敵できるか?

米国は、英国のリアルマネー・ゲーミング詐欺防止策に匹敵できるか?

米国は、英国のリアルマネー・ゲーミング詐欺防止策に匹敵できるか?

1000 648 David Hoppe

バーチャルなスキルベースのゲームプラットフォームは、プレイヤーのスピード、知識、協調性に応じて具体的な報酬が約束されているため、世界中のプレイヤーを魅了しています。しかしながら、一見無害に見えるゲームの裏には、詐欺や欺瞞によって無防備なゲーマーが搾取されるという問題が潜んでいます。ゲーム内での課金や仮想通貨の一般化に伴い、ゲーム業界における詐欺の懸念が高まっています。

米国において、この問題の深刻さは非常に顕著です。連邦取引委員会のデータによると、2022年にアメリカ人が詐欺被害で被った損失額は約88億ドルで、前年比で30%増加しました。全国的に見ると、詐欺の中でも詐称詐欺による被害が最も多くなっています。多くのオンラインゲームでは、ゲーム内通貨やゲーム内購入に、現実世界の不換紙幣や仮想通貨(ウォレットに保管されたもの)が使用されるため、オンラインゲームへの参加者の増加により、リスクが顕在化しています。その結果、オンラインゲーマーは詐欺師の格好の標的となっています。

ゲーム詐欺対策における重要な課題の1つは、仮想商品を伴う取引の複雑さです。この種の取引は、従来の詐欺とは異なる法的曖昧さがあるため、被害者が法的手段を取ることが難しい場合があります。パンデミックの発生以来、急成長を遂げているゲーム業界は、詐欺師にとってより魅力的なターゲットとなっています。

英国が規制措置を施行

こうした状況の深刻さを認識し、積極的な対策を講じた政府もあります。2023年、英国は「金融サービス・市場法(FSMA)」を制定しました。この先進的な法律は、振り込め詐欺への保護をゲーム詐欺の被害者にも適用することを意図しています。しかし、米国では、同様の保護措置が欠如しているため、ゲー ム参加者は、ますます巧妙化する詐欺の被害にさらされやすくなっています。

立法措置が解決策の一部となることは間違いありませんが、ゲーム会社にも詐欺防止を優先する責任があります。強固なセキュリティプロトコルの導入、潜在的な脅威に対する透明性の維持、そして消費者教育を通じて、この問題を大幅に軽減することができます。ゲーミング業界に公正さと信頼性を取り戻すには、立法的解決策と自主規制の両方を融合した包括的アプローチが不可欠です。

このような対策が講じられるまで、ゲーム体験は詐欺行為の影響に脅かされる可能性があります。トーナメントで1人のチャンピオンを巡って、多くの人が騙されて公正な勝利の機会を奪われる可能性があります。ゲーム環境を再構築し、このような不正行為を行ってきた詐欺師と戦うためには、適切な対策が必要です。

英国でFSMAが制定されたことを踏まえて、同様の法律が米国のゲーマーをリアルマネーゲーム詐欺から効果的に保護できるかどうかを検討する価値があります。

英国における要件

FSMAは、金融サービス企業とその利用者に包括的な改革をもたらすことで、金融の安定性を損なわずにイノベーションを促進し、英国を国際的な資金調達のハブとして強化することを目的としています。この法律には、いくつかの成果が期待されています。

  • 英国市場の競争力の強化
  • 金融サービスにおける革新的技術の活用
  • 資本の有効活用の促進
  • 独立貿易国としての英国の役割を支援

これらの使命を果たすため、FSMAは「よりスマートな規制の枠組み」を確立することを目指しており、金融サービスおよび市場に関する既存のEU法に取って代わる一方で、英国の規制体制を更新するための他の改正も導入しています。

  • プッシュペイメント – FSMAの重要な条項の一つは、オーソライズド・プッシュペイメント(APP)詐欺の潜在的な被害者を保護することです。この種の詐欺は、人々や企業を騙し、合法的な受取人を装った詐欺師に送金させるものです。詐欺師は商品を提供したと主張するか、正当な口座名義人を装って銀行員を騙し、資金を送金させます。FSMAの下、英国の決済システム規制当局は、その規制権限を行使して、決済サービスプロバイダーによる詐欺被害者への補償を義務付けることが可能となりました。これにより、プロバイダーが追加の保護策を講じるための義務が課されます。
  • 管理の強化- FSMAは、APP詐欺に対処するだけでなく、オンラインマネー詐欺に対抗するためにも、いくつかの規定を導入しています。例えば、FSMAは、無認可企業が金融プロモーションを行う前に、金融行為監督機構(Financial Conduct Authority)から許可を得ることを義務付けることで、企業に責任を課しています。また、認可を受けた企業が経営権を移転する場合、FSMAは規制当局が設定する条件の範囲を拡大することを定めています。さらに、FSMAは財務省に対してマネーロンダリング規制の改正を義務付けています。これは詐欺対策における大きな進展であり、悪質な行為を積極的に防止する企業へのインセンティブを提供し、顧客への透明性を促進します。これにより、被害者は、一貫したレベルの保護を受けることができます。

米国の取り組み

オンラインリアルマネーゲームに関しては、米国の消費者詐欺対策は依然として断片的です。2006年の不法インターネット賭博執行法(UIGEA)は、賭博会社が詐欺行為に関与している場合、そのライセンスを取り消すことを認めています。オンラインカジノは、米国の賭博規制に厳密に準拠し、プレーヤーの資金を保護し、公正なプレーを確保するために、定期的な監査を提出する必要があります。オンラインカジノは、有害な賭博行為を抑制するため、責任ある賭博対策を実施なければなりません:

  • 賭け金限度額の設定
  • 自己排除オプションの提供
  • 入金額の制限

オンラインギャンブルサイトは、より楽しく安全なゲーム環境を提供し、法的紛争のリスクを軽減するために、プレイヤーの健康と安全を最優先にすべきです。

現在、米国ではオンライン・クレジットカードや銀行詐欺、APP詐欺などの窃盗行為からゲーマーを保護する法律は存在していません。特にリアルマネーのスキルベースのゲームが普及する中で、FMSAのような法律が検討される可能性が高まっています。連邦ゲーミング委員会は、オペレーターのライセンス付与と監視、詐欺防止措置の義務付け、苦情調査、詐欺的スキームからのプレーヤーの損失回復を可能とします。業界のリーダーたちは、国の基準が確立されることで、消費者保護が向上し、新興市場の信頼性も高まると主張しています。

一方で、リアルマネーゲームに特化した消費者保護法を制定した州もあります。合法オンラインギャンブルの中心地であるニュージャージー州では、責任あるギャンブル、セキュリティ、公平性に焦点を当てた厳格なライセンス基準が適用されています。オペレーターは、ベッティングシステムについて厳格な監査を受けなければなりません。ニュージャージー州法は詐欺防止には、直接対処していません。一方、ネバダ州は、明確にライセンス保持者によるプレーヤーへの詐欺行為を禁止しており、その取り締まりはネバダ州ゲーミング管理委員会に委ねられています。ただし、同委員会は州内では強力ですが、連邦規制当局の完全な権限を有していません。ニュージャージー州とネバダ州は、リアルマネーゲームに特化した規制を持つ州として著しい例外です。

各州の法律が断片的に組み合わさっているため、その監督は州ごとに大きく異なり、悪名高い業者が全国のプレイヤーを標的にしているという事態が生じています。

結論

リアルマネーゲーミングプラットフォームが人気を集めるにつれ、金融詐欺の標的となるリスクがますます顕在化しています。これはプラットフォーム運営者にとって複雑な課題であり、自社のビジネスとプレイヤーを守る必要性と、魅力的でシームレスなゲーム体験を提供したいという願望のバランスを保つ必要があります。このような状況では、ゲームと金融の規制に精通した護士が極めて重要な役割を果たします。

  • 管轄区域のコンプライアンス: リアルマネーゲーミングに関する複雑な法規制を理解する上で、弁護士は貴重なサポートを提供します。これらの法律は管轄地域によって大きく異なり、絶えず変化しています。弁護士は、ゲーミングプラットフォームがこれらの法律の下での義務を理解し、コンプライアンスを確保し、法的リスクを最小限に抑えるための支援をします。
  • 文書作成:弁護士は、ゲーミングプラットフォームが法的要件を満たし、利益を保護できるよう、サービス利用規約やプライバシーポリシーの作成を指導することができます。また、プレーヤーの身元や年齢の確認など、ゲーミング法を遵守する上で重要な戦略を考案することもできます。
  • モニタリングと管理:弁護士は、ゲーミングプラットフォームが金融詐欺を防止、検出、および対処するための強固な内部統制を構築する支援を行うことができます。このような統制には、疑わしい行為を特定するための取引監視システム、潜在的な不正行為を調査するための手順、関連当局に不正行為を報告するためのプロトコルなどが含まれます。
  • 対応と解決:弁護士はまた、詐欺に対応するためのベストプラクティスについても助言することができます。これには、被害に遭ったプレイヤーとのコミュニケーション、潜在的な風評被害の管理方法、責任に関するアドバイス、訴訟や規制手続きにおけるプラットフォームの代理人としての活動、適切な和解交渉などが含まれます。


ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

Author

David Hoppe

All stories by: David Hoppe