誰が、なぜ、NFTを作るのか?

誰が、なぜ、NFTを作るのか?

誰が、なぜ、NFTを作るのか?

1000 648 David Hoppe

ニューヨーク・タイムズのアーカイブには、印刷物のストレージやデジタル・データベースに収められた何千もの記事があります。購読者はこれらの記事に好きな時にアクセスして読むことができるのです。しかし、2021年3月24日、あるコレクターが、NFT(非代替性トークン)と暗号通貨について「Gray Lady」が初めて掲載した記事のNFTに50万ドル以上を支払いました。NFTは、他のトークンと同様に、所有者に独占的なデジタル所有権を付与するもので、この場合は、公開された比較的短い新聞コラムが対象となります。NFTの所有者は、記事の著作権はもちろん、記事の物理的な切り抜きにも権利を主張できません。NFTの価値は言うまでもなく記事の内容とその収集性にあるのです。天文学的な高価格は、NFTの人気が高まっていることを示しています。NFTのクリエイター、つまり「ミンター」と呼ばれる人たちは、動画、GIF、ツイート、音楽、アート、ゲームの機能など、広く消費されるデジタル資産を、世界に唯一のコレクティブルであるデジタルアイテムに変えています。これらのミンターはどんな人で、何を得ているのでしょうか?

NFTとは?

NFTとは、現実世界のオブジェクトやデジタルコンテンツを表す、ユニークなデータの単位です。NFTの開発者は、所有権の概念を収益化し、評価する方法に革命を起こしています。これらのNFTクリエーターは、それぞれ異なる動機と目標を持ったユニークなグループですが、彼らは皆、所有権に対する理解と証明可能なトラッキングのために新しい時代を切り開いているのです。

非代替性トークンは、大量生産・大量消費されているものを、ブロックチェーン技術を利用することで、ユニークで希少な芸術品(アーティファクト)に変えることができます。それぞれのNFTは、イーサリアムなどのブロックチェーンに保存されたカスタムデジタルコードを用いて構築され、偽造や複製ができないようになっています。NFTは、他のNFTと直接交換できないという点で、通貨でも証券でもありません。これがNFTの特徴であり、偽造できない理由です。オリジナルの美術品やその他のコレクターズアイテムと同様に、その価値は主に見る人の目に左右され、他の人がその価値に喜んでお金を払うかどうかで決まります。美術品とは異なり、NFTは破壊することができず、所有者や出所を容易に確認することができます。NFTの正当性や存続力を疑う人たちにとって、一つ確かなことは、NFTの市場が現実に存在するということです。様々なオンラインマーケットプレイスや、クリスティーズのような有名なオークションハウスでもNFTが販売されており、多くの場合、驚異的な価格で取引されているのです。

2021年には、NFTの人気と知名度が高まり、NFTの総売上高は月平均1億ドルを超えました2021年初頭には、「今のNFTは、世間に知られる前の美術品を所有しているようなものかもしれない」と予想する投機家が爆発的に増えました。また、NFTの特徴は、NFTになるものの多様性にあります。現在、NFTの対象となるデジタルアイテムは、短いビデオクリップから、ビデオゲームのスキン、オーディオブック、さらにはツイートまで多岐にわたっています(Twitter社CEOであるジャック・ドーシー氏の最初のツイートは、NFTとして290万ドルで販売されました)。

誰がNFTを作っているのか?

起業家、アート支援者、企業、そして一般人もNFTを作成しています。多くの人は、自分が作った、あるいは所有しているデジタルコンテンツを利用して、それを裏付けるNFTをミントします。NFTのミンティングは、ブロックチェーン技術を使ってユニークな製品を作ることができるため、現実的なものとなっているのです。イーサリアムのブロックチェーンは、NFT構築のための最も一般的な方法であり、NFT購入にあたり最も頻繁に使用される暗号通貨でもあります。100ドル以下の暗号通貨で、OpenSea、Rarible、Mintableなどの多くのプラットフォームやマーケットプレイスが、あらゆる種類のデジタルコンテンツからNFTを作成してくれます。これにより、コンテンツ制作者や初心者でも自分でNFTを作ることができるようになりました。経験がなくても、コンテンツを作成したこと、または合法的に所有していることを証明できる人であれば、NFTを作成することができます。作家、アーティスト、ビデオグラファー、ソーシャルメディアのパーソナリティ、ゲーム愛好家などは、自分の作品からNFTを作成することで、NFTを市場に出したときに驚くほどの高収益を得ることができるのです。

また、NFTクリエーターの中には、このブームに乗ろうとする起業家もいます。プロスポーツ団体、ソーシャルメディア企業、タコベルやチャーミン・トイレットペーパーなどのブランドを持つ企業が、NFTを利用して話題性と収益を上げています。中には、NFTの価値が上がり続けることを期待して、NFTの投機を専門に行う企業もあります。NFTの制作者の動機は様々ですが、使いやすい技術と活発な市場を背景に、コンテンツ制作者やビジネスマンは、自分のNFTポートフォリオを構築しているのです。新聞社は毎号NFTを発行し、スポーツコレクターはスポーツの歴史上の名場面をNFTにしています。将来的には、新しいコンテンツの多くがNFTになる可能性があるでしょう。NFTコレクターは、美術品やワイン、トレーディングカードの愛好家のように、その商品やクリエイターの人気が高まり需要が高まることを期待して、新しいNFTを購入しています。

なぜNFTを作るのか?

2021年のNFTブームは、暗号通貨が人々に受け入れられ、人気が高まり主流となった時期と一致しています。暗号通貨の支持者は、様々な種類の代替法定通貨が、従来の不換通貨に比べて大きな利点を提供すると考えています。NFTは、ブロックチェーン技術を用いて構築され、一般的に暗号通貨で決済されます。価格変動性は引き続き問題となっていますが、機関投資家や個人投資家の増加に伴い、過去3年間で暗号通貨の価格は急上昇しています。また、NFTには魅力的な実用的要素があります。ブロックチェーンと暗号通貨を使用することで、NFTは他種の収集品に比べていくつかの利点があるので、より多くのコンテンツ所有者がNFTを作成するのです:

  1. NFTは、ブロックチェーンコードによる固有の識別子を持っているため、偽造はほとんど不可能です。
  2.  美術品や希少な野球カードのように、真贋判定や販売のための専門家は必要ありません。NFTは、中間業者を介さず、すべてオンラインマーケットプレイスで認証・販売することができます。
  3. NFTの売買は非常に簡単です。世界中の遠隔地からほぼ瞬時に送金ができるNFTは、オンラインの世界に最適なコレクターズアイテムです。

伝統的なコレクターズアイテム市場に対抗するため、或いはブームに乗るためにNFTを制作するだけでなく、より本質的な理由でNFTを制作するクリエイターもいます。インターネットの普及により、芸術、音楽、映像、文章などのほとんどが無料で公開されています。NFTは、たとえ無料で見ることができるコンテンツであっても、その希少性を認識させ、収益化することで、この概念に反論していると言えるでしょう。

ボトムライン

オンラインアーティストのBeeple氏は、自身の原画をNFT化して7,000万ドル近くで販売し、市場のポテンシャルの高さを証明しました。NFTは、オンライン・コンテンツ・クリエーターが自分の作品を認めさせ、対価を得るための一般的な方法になりつつあります。しかし、NFTが良い投資であるかどうか、また、時間の経過とともにその人気が維持されるかどうかについてはまだ判っていません。NFTミンター達は、デジタル資産やトークンの価値に期待しています。デジタル業界は成長を続けており、人々は、無料のコンテンツがオンラインの標準化となっているにもかかわらず、より多くの希少性や重要性を求めています。多くのNFTクリエーターにとって、NFTは金銭的な機会以上のものを提供しています:NFTは、あまりにも当たり前になってしまっているオンラインコンテンツに、価値と意義を与えるものなのです。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションの限界を広げ、米国国内及び国際ビジネス目標を達成することを目指しています。あなたのビジネスニーズについて、今すぐお問い合わせください

Author

David Hoppe

All stories by: David Hoppe

Subscribe to Gamma Law's
Monthly News & Insights