非代替資産に関する法的および規制上の課題

1000 648 David Hoppe

2021年の最もトレンドな話題の一つである非代替性トークン(NFT)は、新世代のデジタルアーティストを力づけ、多くの投機家やクリエイターを億万長者や一夜にして有名人に変えました。NFTはまた、希少な商品の制作、管理、販売などの問題を解決できる特徴のおかげで、ビデオゲーム業界でも勢いを増しています。NFTはゲーム開発者よりも、プレーヤーにゲーム内のアセットの所有権を与えるために頻繁に利用されます。ゲーム内で制作、発見、発掘、成長、購入、取引、さらには略奪されたアセットは、プラットフォーム間で転送して実際に販売することができます。アートやゲームの世界だけでなく、身元の確認、発券、物理的な資産のトークン化、その他の実用的な機能にも利用されます。NFTはユニークで、希少で、耐久性があり、拡張可能です。NFTがデジタル取引や活動にもたらす利点に関する情報には事欠きませんが、企業や組織がこの革新的な技術を最大限に活用するためには、法規制、環境、運用上のいくつかの課題を克服しなければなりません。

知的財産

NFTアプリケーションが暗号通貨を超えて新しい業界に展開されるにつれ、それらに属する資産の売買に関わる人のすべてが、何を扱っているかを完全に理解しているわけではありません。NFTを所有することにより、基となるアートワークや別の資産の所有権が自動的に付与されるわけではありません。NFTは購入者に対して、創作物または象徴するものを個人的に利用するために使用権を付与するに過ぎません。たとえば、誰かが絵画に関連付けられたNFTを購入した場合、購入者は単にそのデジタルアートをトークンウォレットに表示する権利を得ただけです。購入者には、複製、派生物の制作、絵画の印刷物やコピーの販売を行う権利はありません。著作権の観点から言うと、NFTはアートワークの特定の版の所有権を示す単なるデジタル領収書です。

NFTの未成熟な市場と不十分な規制のために、犯罪者はすでにNFTを利用して知的財産を盗む方法を見つけ出しています。何人かの著名なデジタルアーティストは、自分の作品がNFTとして許可なく販売されているのを見て、デジタルアートが奪われ、ブロックチェーン対応のトークンに変換されると作品の所有権を失うのではないかと懸念を表明しています。トークンを販売することはできる一方、トークン化は作品のアーティストの許可がある場合にのみ合法的にできます。創作物の著作権を失うのではないかというアーティストの懸念は事実に基づいていませんが、デジタルアートの出所を証明することの特有の難しさから、専門家以外にとってNFTは法的にグレーな領域に置かれるでしょう。

管轄の課題

NFTを支えるブロックチェーン技術の背後にある第一の考えは、台帳が中央に配置または管理されていないということです。これにより、取引を解析して模倣することや改ざんすることはほぼ不可能ですが、特定の管理言語や位置特性がないために、異なる、しばしば相反する法的枠組みの対象となり、複雑な管轄上の課題が持ち上がります。相反する法により引き起こされる問題は、著作権と著作者人格権の観点から特に重要です。たとえば著作者人格権は、慣習法と民法の管轄区域(特にゲルマン法とナポレオン法の伝統を持つ管轄区域)の間で大幅に異なります。フランスでは、著作者人格権は永続的で、不可分で、時効消滅のないものですが、米国では時効があります。その結果、基となるアートワークに対するアーティストの権利は管轄区域によって異なる可能性があり、場合により、適用する法を明らかにしたり、NFTに関する紛争を対処するための裁判所を選択する手段がないことがあります。

スマートコントラクト

ブロックチェーン技術とNFTの最も顕著な機能の1つは、自動執行される「スマートコントラクト」です。スマートコントラクトは、当事者が特定の契約上の義務を遂行するための基礎となる、通常デジタル形式で明記された一連の誓約です。特有の独自性と複雑さのために、スマートコントラクトが従来の契約法を定める法的枠組みに適合するかどうか見極めることは困難です。連邦の契約法が存在しない米国では尚更のことです。第一に、この記事の執筆時点(2021年4月)では、スマートコントラクトの合法性を明確に定義する連邦法やガイダンスは存在しません。唯一の例外として、2000年に施行された国際および国内商取引における電子署名法があり、これはスマートコントラクトに対して限定的な法的有効性を与えています。しかしNFTに対するスマートコントラクトの法的有効性は依然として不明確であり、将来的に長期にわたる訴訟の可能性があります。

プライバシーの問題

契約当事者間の匿名性を保証するためにNFTが提供しているセキュリティは、しばしばその技術において最大の利益の一つとされています。しかしながら、この利点の享受が継続するとは保証されていません。ブロックチェーン分析ツールの著しい改良により身元や条件が明らかにされるのは時間の問題であると考える人もいます。Chainalysis、Reactor、Ellipticなどの分析ツールは、すでにブロックチェーンの取引をたどることができます。ほとんどはブロックチェーンを介した詐欺や資金洗浄の追跡などを目的として利用されていますが、機密情報に辿り着く可能性もあります。

消費者保護

NFTは消費者の権利に関して重要な課題を提起しています。多くの消費者はNFTで何を購入しているのかについて、またNFTに関する権利と責任についてほとんど概念を持ち合わせていないため、取引の記録に対する許可と責任の割り当て、デジタル領収書の正当性、不正防止と資金洗浄防止の手順などの課題は極めて重要です。消費財としてのNFTの法的地位はまだ進化途中にあるため、取引や所有権の問題が発生した場合、顧客の多くは困難な立場に立たされる可能性があります。従来の銀行やクレジットカード取引とは異なり、エンドユーザーがハッキング、詐欺、セキュリティ侵害などにより損失を被った場合、介入する金融機関がないため、これは特に重要なことです。

財務およびビジネス上の課題

NFTが広く一般に受け入れられるようになる前に、その他のロジスティック、法律、財務上の課題に対処する必要があります。まず、NFT取引のほとんどには、米国の法定通貨ではなく、中央の発行機関の支持を受けておらず、本質的に資産価値がある裏付けのない暗号通貨が含まれます。暗号通貨は各州によって規制されており、現在、詐欺に対する消費者への保護はありません。第二に、暗号通貨でNFTを購入することに対して税金がかかります。多くの買い手と売り手は、暗号通貨取引で利益を得た場合に、高額の税金を支払う義務がある可能性に気づいていません。第三に、米国の居住者や市民が、米国が経済制裁または貿易制裁を課した国で活動する個人や団体と取引することを阻止する米国の制裁法に抵触する可能性があります。制裁国のアートワークにNFTを使用することにはいくつかの例外がありますが、NFT取引の合法性について質問や疑問がある場合、買い手と売り手は弁護士に相談するべきです。

運用上の課題

NFTを取り巻く過熱した状況にもかかわらず、運用上の課題もNFTの悩みの種となっています。

  • 100%ユーザーフレンドリーという訳ではない分散型ネットワークに基づいています。つまり、NFTの検証、宣伝、購入、販売、保存には、ブロックチェーン技術の基本的な理解を必要とします。実際に、極めて高度なブロックチェーン技術を理解しているユーザーだけがNFTを有効的に活用することができます。
  • NFTが本当に成功するためには、スマートフォンと同じくらいユビキタスである必要があります。
  • NFTの投機的な本質により、プレーヤーはゲーミングのエコシステム内で使用するのではなく、将来的に売って利益を得ることを目論んでNFTを購入し持っておく傾向にあるため、ゲーミング業界に難題をもたらす可能性があります。

暗号通貨と同様、メディアがますますこの技術に注目するにつれて、NFTに関連する法的課題は今後数か月でさらに顕著になりそうです。規制の枠組みはまだ発達段階にあるため、NFTを制作、開始、または購入する前に弁護士に相談することが重要です。経験豊富な弁護士が、資金洗浄防止規制、税務上の影響、金融規制、知的財産問題などについて助言します。また、NFTの世界に飛び込む前に、すべての予備的な法的文書の準備もできます。

Gamma Lawはサンフランシスコに拠点を置き、最先端のビジネスセクターのお客様をサポートしています。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションを促進し、国内外におけるビジネス目標達成のお手伝いをいたします。お客様のビジネスニーズに関するご検討は、ぜひ弊所にご連絡ください

Author

David Hoppe

All stories by: David Hoppe

Subscribe to Gamma Law's
Monthly News & Insights