米国証券取引委員会のBored Apes 調査 – 暗号通貨にとってさらなる悪報

1000 648 David Hoppe

FTX破綻を受けて、規制当局はさらに強気に

FTXの破綻を受けた、暗号通貨およびNFTの業界の混乱が十分ではなかったかのように、米国証券取引委員会(SEC)は、(かつて)人気を博したBored Ape Yacht Club(BAYC)を運営する暗号通貨会社Yuga Labs Inc.に対して、非代替性トークン(NFT)コレクションと暗号通貨に関する調査を続けています。

ブルームバーグによると、この調査は、Yuga社のデジタル資産の一部が株式のように運用されているかどうか、またその結果、公開株式と同様の開示・登録規則が適用されるかどうかを判断するためのものです。調査の焦点となる重要な法的問題は、NFTが完全に、あるいはその一部が正当に有価証券とみなされるかどうかという点です。証券取引委員会は少なくとも3月以降、この問題について思案を重ねてきたと伝えられています。BAYCのネイティブトークンであるApeCoinは、証券取引委員会の調査のニュースが流れた後、その価値が10%以上減少しました。

Yuga Labs社はまだ起訴されておらず、今回の調査は必ずしも証券取引委員会が同社を提訴することを意味しているわけではありません。Yuga Labs社の広報担当者は、同社が捜査に協力していることを保証しています。

Yuga Labsの代表者は、「政策および規制当局が、Web3という革新的な世界についてより多くを学ぼうとしていることはよく知られています」と述べ、「弊社は、他の業界や規制当局と協力し、急成長するエコシステムを定義し、構築することを望んでいます。この業界のリーダーとして、Yuga社は、その過程におけるあらゆる調査に完全に協力することを約束いたします。」と語りました。

証券取引委員会は、具体的にどのような問題を調査しているのか、またそれが他の暗号通貨やプラットフォームにも及んでいるのかについてのコメントは避けましたが、全般的に「すべてのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を注視」していることは認めました。

NFTおよび暗号通貨への影響

複数の法律専門家は、今回の調査はNFT業界に致命的な打撃を与える可能性があると述べています。今回の措置は、明らかに証券取引委員会がデジタルアート市場に対する支配力を強固にし、それを維持するために前例のない措置を取っていると解釈しています。証券取引委員会は、業界を支配するためにさらに強硬になる可能性も秘めています。FTXは、顧客の資金を自社資金と混合し、その資産を姉妹会社の支援のために使用したことで、自社のポリシーと一般に認められたベストプラクティスを破ったと多くの人が考えています。FTXに関しては、より厳しい暗号通貨とNFTの法律と政府の管理を求めて、議会というサメが海域を旋回するような状況になりました。

アーティストでNFT専門家のアルフレッド・スタイナー(Alfred Steiner)氏は、Decryptのインタビューで、証券取引委員会の積極的な姿勢に多くのミンターや業界関係者が感じている不安を要約しています。

「それぞれのデジタル資産がユニークであるNFTコレクションに関しても、規制当局による強制措置の可能性は私が予想以上に大きい」とスタイナー氏は述べました。

同氏は、証券取引委員会がBAYCのような優良なNFTコレクションを標的にしたことに驚いている、と述べています。というのも、流通しているBored Ape NFTのシミアンは、異なるビジュアル特性(例えば、イヤリング、サングラス、背景の色の違いなど)で描かれているため、証券というよりユニークな芸術品のように見えるとスタイナー氏は考えています。

このニュースを聞くまでは、BAYCのようなデジタルリソースの多様性は、規制当局の動きを抑えるのに十分だろうというのが私の印象でした。取引委員会の調査員が、今回のようなことをする兆候は、以前には見られませんでした。」

しかし、ケンタッキー大学法学部のブライアン・ファイア教授をはじめとする他の専門家は、取引委員会の動きは長年懸念されていたことだったと言います。

ファイア教授は、「私は、この2年間、こうなることを予測していました。Yuga Labs社が販売しているNFTコレクションは、機能的にはBored Ape Yacht Clubブランドの将来価値への投資以外の何ものでもないしょう。結局のところ、それがすべてなのです」と述べました。

ファイア教授は、証券取引委員会が有名なNFTブランドを対象に、この分野での規制を開始することは合理的であると考えています。人々がBored Ape BAYCのような一流NFTコレクションを買うのは、個々のNFTの芸術的価値のためではなく、もっぱらその集団的名声のためであり、企業の株式を買うのと変わらないように見えます。人々がBored Apesのような優良なNFTコレクションを信頼するのは、個々のNFTの芸術的価値ではなく、その集団的評判のためだとファイア教授は述べています。

「Bored Ape BAYC シリーズを1つ購入すれば、Bored Ape BAYCのブランド価値が変動し、それによって、NFTの価値も変動します」とファイア教授は主張します。

結論

現在、証券取引委員会はすべてのデジタル資産に対して公式なスタンスをとっていませんが、ゲーリー・ゲンスラー(Gary Gensler)委員長は、暗号通貨は証券であり証券法の適用を受けるべき、と繰り返し述べています。また同委員会は、リップルネットワークのネイティブ暗号通貨であるXRPは証券であると考え、他の通貨もその管轄下に入る可能性があると表明しています。

これは暗号通貨取引所に広範囲な影響を与える可能性があります。証券とみなされる暗号通貨は、規制された取引所で取引されなければなりません。すべての取引所は、マネーロンダリング防止法、顧客に関する規則、登録要件を遵守しなければならず、これには時間と費用がかかる上、この分野のイノベーションを阻害する可能性があります。さらに、証券とみなされるすべてのトークンは、厳格な開示要件に従わなければならない可能性があり、これは事実上、その有用性を妨げることになりかねません。

証券取引委員会の調査は、ICO、NFT、暗号通貨と拡大しており、これらの技術への関与はまだ始まったばかりと言えるかもしれません。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

EU、2023年にグローバルなメタバース規制を開始 米国も追随か?

1000 648 David Hoppe

欧州連合(EU)のメタバース規制のための「Thrive In The Metaverse」イニシアチブは、ヨーロッパを暗号通貨とWeb3の時代に備えることを目的としています。これは欧州の消費者にとってどのような意味があるのでしょうか。また、米国が追随して同様の規制を出す可能性はあるのでしょうか。

背景                

9月に発表された欧州連合のメタバース規制の枠組みは、新しいオンラインの機会やトレンドを検証する欧州のデジタル規制戦略の一環です。欧州委員会のティエリー・ブルトン域内市場担当委員によると、仮想世界や没入型社会的コネクティビティをめぐるハイプは、精査の対象となるとのことです。さらに、欧州委員会は、「公共の場への鍵は、いかなる一人の民間プレーヤーが握ってはならない。」として、メタバース市場における基準を策定し、相互運用性を高める措置を講じると述べました。同委員会は、2023年にメタバース規制を発表することを目標としています。欧州連合のメタバース規制は、主に次の3つのトピックを対象とすることが予想されています。

  1. ネットワークインフラ税
    欧州連合のメタバース規制では、ネットワークプロバイダーに対するネットワークインフラ税が導入される可能性が高いでしょう。ブルトン氏によると、没入型ソフトウェア領域からの利益の一部は、こうした仮想空間をホストするために必要なバックボーンであるネットワークプロバイダーに流れるべきだということです。この規定は、もし導入された場合、議論を呼ぶことになりそうです。

  2. 再起動するデジタル・ルール
    欧州連合のウルズラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長の「Agenda for Europe(欧州のためのアジェンダ)」から判断すると、デジタル市場法(DMA:Digital Markets Act)とデジタルサービス法(DSA:Digital Services Act)に含まれる画期的合意を実現するための新ルールが導入される可能性があります。これらの法律は、デジタル空間をより安全でアクセスしやすいものにする規制において、欧州連合が世界的なリーダーシップを発揮していることを意味します。 

  3. 安全性および相互運用性の対策
    ブルトン氏の発言から、欧州連合は、ユーザー主体の安全性の問題、特にコンテンツモデレーションに関連する規制を実施する構えであることが伺えます。また、相互運用性規格の義務化を通じて、プラットフォームが市場全体に対してオープンで競争力の高い状態を維持できるようにする意向です。

欧州連合は、メタバースとバーチャル・コミュニティに対して、融合的なアプローチを採用することが示唆されています。また、開発やインフラを促進するためのサポート・イニシアチブを提供する一方で、メタバース開発においては積極的な役割を果たすことになるでしょう。このような融合的アプローチは、新しい形態の没入型技術が、フェイスブックが経験したような有害成長を遂げないことを保証するものと思われます。

アメリカのメタバースへの影響

米国では、現在までにメタバースの一律規制については発表されていません。少なくとも短期的には、メタバースにおける「最も信頼できるプレイヤー」が協力し、独自の行動規範およびベストプラクティスを作成する責任を負い、自己規制することが望ましいというのがコンセンサスのようです。長期的には、連邦政府は主要なステークホルダー団体や参加産業の代表者と協議の上、包括的なメタバース規制を発令する可能性があります。 しかしその間、米国規制当局は、複雑かつ断片的なメッセージを発信しています。

  1. メタの人気メタバースアプリケーション買収に関する連邦取引委員会の声明
    メタバースに関する米国の最も直接的な規制の動きは、メタの人気メタバース・アプリケーションの買収を阻止するための連邦取引委員会(FTC)の訴訟です。連邦取引委員会は、バーチャルリアリティ大手のメタとその支配株主およびCEOのマーク・ザッカーバーグ氏が、Within Unlimited社とその人気バーチャルリアリティ専用フィットネスアプリ「Supernatural」を買収するのを阻止しようとしています。この訴訟は現在も継続中であり、米国政府がメタバースの規制方法について新たなガイドラインや法律を発表するのは時間の問題のようです。

  2. データ・プライバシー法
    今年初め、スーザン・デルベネ下院議員(民主党・ワシントン州)は、連邦データ・プライバシー法の制定法案を推進しました。Information Transparency & Personal Data Control Actは、包括的な消費者データ保護プロトコルで、国民が再び自分のデータを管理できるようにし、企業にエンドユーザー・ポリシーを明確な文言で公表することを求めた、すべてのアメリカ人を保護するための強力な執行メカニズムを確立するものです。この法案が制定されれば、2023年初頭に施行される可能性があります。 

  3. 独占禁止法改革
    2021年、下院反トラスト・商業・行政法小委員会は、反競争的行為の疑いで大手ハイテク企業の責任を追及する5つの超党派法案を発表しました。これらの法案は、ハイテク大手企業が独占に近い力を行使して、競争とイノベーションを潰していることを示唆する16ヶ月間の調査の後に作成されたものです。さらに、ジョン・ケネディ(共和党・ルイジアナ州)、エイミー・クロブシャー(民主党・ミネソタ州)、チャック・グラスリー(共和党・アイオワ州)の各上院議員は、大手テクノロジー企業による消費者の選択の制限を阻止するため、「American Innovation and Choice Online Act(米国のイノベーションと選択のためのオンライン法)」と呼ばれる反トラスト法を提出しました。この法案の目的は、デジタル企業に対して常識的なルールを設けることによって、オンライン競争を回復させることにあります。これらのルールは、市場支配力の乱用の防止、および市場競争の促進を目的としており、来年の早い時期にもこの改革が施行されるようです。

結論

欧州連合、韓国、日本の各国は、メタバースの規制に向けて大きく前進しています。米国ではまだメタバースに関する包括的な枠組みや法律は発表されていませんが、メタバース規制に関する広範な議論が行われています。このような規制の動きは、貴社のビジネスに影響を与える可能性があるため、新興技術を専門とする弁護士に相談されることをお勧めします。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

Apple StoreがNFTの販売を許可、利益の分配を受ける

1000 648 David Hoppe

Apple Inc.(アップル)は、App Storeの新規ガイドラインの一環として、開発者がアプリやゲーム内でNFTを販売することを認めると発表しました。Appleは特定の種類のNFTに制限や料金を課していますが、DigiDaigaku(デジダイガク) NFTプロジェクトの創設者であるGabriel Leydon氏が「… これで10億人以上のプレイヤーが参加するすべてのモバイルゲームにイーサリアムウォレットを設置できる!」とツイートしたように、これは重要な展開です。

Appleの新NFTポリシー

ユーザーは、Apple App Storeで提供されている多くのアプリを通じて、NFTを販売・取引できるようになりました。この決定以前にNFTを保存または表示していたアプリは、Appleの規則に違反していた可能性があります。ユーザーがイーサリアム上のデジタル資産を管理し、販売までできる暗号ウォレット「Gnosis Safe」は、数か月間Apple App Storeでアプリを提供していましたが、2021年9月、Appleから「単なるストレージやマーケットプレイスであっても、アクセスするアプリはApp Storeに相応しくありません。貴社のアプリをからこの機能を削除することを提案します。」という通達を受け取りました。

現在開発者はAppleの承認を得て、NFTを販売することができるようになりました。ただし、NFTの販売には、他のApp Storeでの購入と同様の収益化構造を課しています。App Storeを通じて年間100万ドル以上の収入を得るアプリ開発者からは30%、それより小規模な販売者からは15%の手数料を徴収しています。Appleによると、アプリは、NFTを出品、ミンティング、譲渡することができ、アプリ内で付加的なゲームプレイの特徴や機能を解除しない限り、ユーザーがNFTコレクションを閲覧できる仕組みを提供するとしています。また、アプリは、Appleの支払いシステムを回避する外部リンクや購入メディアを提供しない限り、他のNFTを宣伝することができます。

世界最大のテクノロジー企業の1つでありながら、クパチーノの巨人はブロックチェーン技術をほとんど受け入れておらず、その製品は閉鎖的すぎると批判されていました。今回の新展開は、進捗は遅いものの、Appleがブロックチェーン技術とその応用を温存していることを示しています。

依然として議論の的となるAppleの30%ソリューション

Appleの高額な手数料は、世界の暗号コミュニティから批判を浴びており、他のいくつかのNFT市場とは対照的なものとなっています。例えばOpenSea (オープンシー)とMagic Eden(マジックエデン)の手数料は5%程度で、その他の市場には取引コストの基準を2.5%まで低く抑えているものもあります。

テックブロガーのフローリアン・ミュラー(Florian Mueller)氏は、NFTの売上に対するAppleの「アプリ税」を「横暴だが一貫性がある」とし、開発者の実際のコストは、App Storeの手数料の30%を超えることが多く、地域によっては検索広告の掲載料に加え、約35%という高い手数料が課されることもある、と付け加えました。

また、根強いApple批判者であるEpic Games CEOのティム・スウィーニー(Tim Sweeney)氏も、Appleが「グロテスクなほど高値のアプリ内決済サービスに匹敵しうる」他の新興技術を「つぶしている」とし、Appleの法外な手数料はNFT業界全体を窒息させかねないとツイートしています

Appleの手数料ポリシーは、2020年から続いているEpic GamesのAppleに対する訴訟の根拠となるものです。同ビデオゲーム会社は、App Storeのアプリ内課金の代わりに同社の決済プラットフォームを使うことを認めず、30%のカットを徴収しているとしてAppleを訴えました。

セカンダリーマーケットの課題

ソラナNFTの最大手マーケットプレイスであるMagic Edenも、Appleからの高額なコスト要求を受け、そのコストについて明確化が必要だとし、アプリ内取引のサポートを辞退しました。Magic Edenの広報担当者は、「弊社のアプリは、Magic Edenの出品物とミンティングを展示するツールとしてApp Storeで引き続きご利用いただけますが、取引には対応しておりません」と述べています。

NFTのセカンダリーセールスも問題があります。例えば、Magic Edenや OpenSea は、通常、5%以下の手数料を課しています。

「この場合、コレクターがiPhoneのMagic EdenやOpenSeaアプリを通じてNFTを購入しようとすると、売り手は購入価格の70%しか受け取れません 。」とBlockworksは説明します。「そして、マーケットプレイスは、その差額を埋め合わせようとはしないでしょう。」

AppleがNFTの販売を標準的プレミアムで許可するという決定は、NFTスタートアップにとって大きな障害となります。スタートアップの中には、Appleが課すとされるルールや、手数料のためにApp Storeの利用の正当化が難しくなっていることに不満を抱く企業もあります。

昨年の判決は、Appleにオフプラットフォームの決済チャネルへのリンクを許可するよう求めましたが、Appleは暗号通貨による決済を受け付けていないため、NFT取引には関係ないかもしれません。すべての出品物はドル建てで、支払いは不換通貨で行われます。NFTのマーケットプレイスは、Appleの決済システムに対応するための追加インフラの構築という課題に直面しており、NFTのドル価格は暗号通貨のボラティリティにより常に変動しています。

Appleのユーザー数に対応できるブロックチェーンはほとんどない

しかし、すべてのWeb3企業がAppleの方針に難色を示しているわけではありません。AppleがNFTを受け入れることで、マーケットとWeb3アプリが大量に採用される可能性があるため、メリットがあると考える企業もあります。また、Appleへの30%の手数料に関しては、App Storeから完全に禁止されるよりましだという意見もあります。

Appleは、暗号通貨とNFTを有効化することで、数十億人とは言わないまでも、数億人の人々をNFTと暗号通貨に引きつけることができます。現在約40億人のオンラインプレイヤーを抱えるゲーム業界も、多額のコミッションを生み出す可能性があります。現在の推定では、暗号通貨のゲーマーは10万人未満なので、iOSアプリに統合することで、数千から数百万人の新規ユーザーを取り込むことができる可能性があります。

結論

AppleがApp StoreでのNFTの販売を開発者に許可したことは、何らかの予兆を示唆しているのかもしれません。Appleは伝統的に自社のプラットフォームの利用方法に非常に保護的であり、この動きは規制を緩和し、他種のアプリやサービスに開放し始めた兆しと解釈することもできます。ブロックチェーン基盤のゲームから分散型ソーシャルネットワークまで、あらゆるものがこのカテゴリーに入る可能性があります。

このニュースは、新興産業の搾取であると同時に、Web3アプリケーションをAndroidの独壇場から脱却させるためのGOサインであるとも解釈されています。実際はその両方と言えるでしょう。これは暗号分野での最も重要な進展ではないかもしれませんが、Appleがこの技術を信頼し、その進歩を援助したいと考えていることを示すものです。最終的に、Appleの決断が、誕生間もない暗号アプリのエコシステムとブロックチェーン業界にどのような影響を与えるかはまだわかりません。例えば、開発者はより多様なゲームを開発することが奨励され、ユーザーはブロックチェーンの世界に多くの時間と金銭を投資することを望んでいるため、ゲーム業界は拡大するエコシステムの中で、ニッチを見つけることが可能になるかもしれません。

NFTを新しく導入することは、長い間自社の利益を守ることに固執してきた企業にとって、デジタルデータの分散化に向けた重要なステップとなるでしょう。また、Appleもブロックチェーンが提供するベネフィットに注目していることがうかがえます。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

No Freaking Thanks:ビデオゲームにおけるNFTへの反発

1000 648 David Hoppe

ビデオゲームは、歴史的に見て新しい技術開発の原動力となっています。NFT(非代替性トークン)と呼ばれる暗号技術を基盤とした資産が初めて登場したとき、ビデオゲーム開発者は電光石火のような勢いでこれを採用しました。一夜にして、多くのPCおよびコンソール向けビデオゲームが、ゲーム業界の拡大および収益増大のために、NFTをプラットフォームに組み込むことを発表したのです。最初の印象では、NFTは興味深く、斬新なアイデアでした。ブロックチェーンゲームのユニーク・アクティブ・ウォレットは、2022年3月までの12カ月間で2,000%増加し、25億ドルの投資を獲得しています。ゲーマーは、NFTを購入してゲーム内のキャラクターをスキンやツールなどのアイテムで改良できることに興味を持ったようですが、NFTがゲームに登場し始めた直後から反対の声が上がりました。NFTをゲームに組み込む計画を発表したゲーム会社に対して、反対派の声はますます高まっています。

その結果何が起きたのか?

一部のゲーマーは、NFTによって、ゲーム購入時に含まれるはずの機能を有料でアンロックさせられるという発想に憤慨しました。また、ゲーム内でNFTを入手するために必要なリソースを削ることは、多くのゲームの楽しみを奪うことになると主張する人もいました。多くのプレイヤーは、NFTのゲームへの組み込みを、ゲーム会社がプレイヤーからより多くの金銭を搾取しようとする、新たな略奪的な試みとみなしています。ゲーマーはNFTや 暗号技術の導入をめぐって、ユービーアイソフト、スクウェア・エニックス、ジンガなどの大手ゲーム開発会社と衝突しました。

一方、多くのゲーム会社は、NFTをブロックチェーン上のデジタル資産を認証するための手段と捉え、プレイヤーがオンラインマーケットプレイスで利益を得るために販売できる所有権の証明であると説明しています。ゲーム会社は、NFTをゲームに組み込むことで、コミュニティや「Play to Earn(遊びながら稼ぐ)」の機会を構築できると主張し、NFTはゲームプレーヤーやNFTアーティストをサポートしている、という立場を取っています。しかし、多くのゲーマー、特にダウンロードコンテンツ(DLC)や戦利品の箱で苦い経験をしたゲーマーは、まだ納得していないようです。ゲーム会社がブロックチェーンの利点や転売価値を挙げて区別しようと試みても、極めて声高に主張するゲーマーは断固として譲りません(これは、2000年代初頭のWorld of Warcraftを取り巻く状況を彷彿させるものです)。

NFTはゲーム内アセットや人気の高いアイテムを独占的に提供できるため、数千ドルもの価値となり、一般のゲーマーには到底手が届かない存在となる可能性があります。ゲームの民主化、包括化とは程遠く、「勝つためにお金を払う」余裕のあるプレイヤーに報酬を与え、ゲームの場をこれまで以上に不平等なものにしてしまうかもしれません。さらに、ゲーム愛好家の中には、価値の高いNFTの導入により、ゲーム価格が大幅に上昇し、「コミュニティ」からさらに多くのプレーヤーが排除され、ゲーム体験が希薄化することを懸念する人もいます。

さらに、NFTとその所有者を狙った詐欺、盗難、ハッキングについても、ゲーマーから大きな懸念が寄せられています。NFT取引には、マネーロンダリングなどの違法行為がつきものです。ゲーム業界はすでに詐欺、スパム、不正行為の温床となっており、多くのゲーマーは、NFTは社会の悪い要素をさらに引き寄せるだけだと考えているのです。NFT市場は厳しく規制されていないので、ゲーマーが騙される脅威は現実のものとなっています。マーケットプレイスのItch.ioは、NFTブームを「詐欺」「一攫千金」、怪しい連中がゲーマーから搾取する手段、とツイートで非難するなど、反NFT派の意見を代弁しています。Axie Infinityのブロックチェーンがハッキングされ、6億2,500万ドルが盗まれるなど、セキュリティ上の問題も山積しています。

ゲーマーたちは、NFTミンティングとブロックチェーンが世界環境へ与える悪影響も批判しています。主要なNFTブロックチェーン・プラットフォームであるイーサリアムは、リビア全土と同量の二酸化炭素を大気中に放出しているのです。NFTをミンティングし、売買する際に発生する膨大なエネルギー消費は、気候変動の原因となる二酸化炭素の排出を生み出します。NFTのカーボンフットプリントは非常に大きく、1つのクリプトアートの販売で8.7メガワット時のエネルギーが消費され、これはアーティストのスタジオの2年分のエネルギー使用量に相当します。

一部のゲーム会社は反NFT派の意見に同調しています。エレクトロニック・アーツ(EA)、Team17、Epic Gamesは、NFTの取り組みにブレーキをかけました。Discord、STALKER 2、MetaWormsは、ゲーマーからの反発を受け、NFTプロジェクトを中止しました。Steamは、オンラインゲームプラットフォームからすべての暗号通貨とNFTを禁止しています。さらに、Mojangは2022年7月、同社の大人気ゲーム「Minecraft」からNFTを禁止すると発表し、ゲームとNFTコミュニティに衝撃を与えました。プレイヤーにとって安全で包括的な体験を育むことを理由に、Minecraftはブロックチェーンサーバーの統合を禁止しています。

いくつかのゲーム会社がNFTを放棄し、あるいは少なくとも後退りしているにもかかわらず、NFTを採用し続けている企業もあります。

おそらくこれらの企業は、自分の活動からNFTを獲得できる可能性に興味を持つ「サイレント・マジョリティ」のゲーマーを引きつけることに賭けているのでしょう。今年初めに1,500人のプレイヤーを対象に行われた調査では、NFTを獲得するためのプレイに「興味がない」または「あまり興味がない」と答えた人はわずか23%でした。実際、この調査では、ビデオゲームを利用してNFTのコレクションを増やしている人が4パーセント、さらに獲得したNFTを売却してプレイを収益化している人が12パーセントと、3分の2以上がすでに実行していることが判明しました。本調査を提供したInterpret社は、「45%以上がゲームを通じてNFTを獲得できれば、現在のゲームへの関与度が高まると回答しており、NFTは(ライブサービス型ゲームにとって極めて重要な)リテンションに大きな役割を果たす可能性がある」と述べています。ゲーム業界がこの新モデルをどのように位置づけるのがベストなのかを検討する中で、最終的には、ゲーマーの心理は「Play to Earn」の方向へ向かうと、Interpret社は予想しています。NFTはプレイヤーにパワーシフトをもたらし、ゲーム内外で獲得したアイテムの真のオーナーシップをより実感させるものなのです。

結論

ゲーム会社は、NFTを利用してゲーム体験を向上させる一方で、NFTを利用できない、または利用を拒否するゲーマーの体験は損なわれてしまうというバランスを考慮しなければなりません。プレイヤーのセキュリティやサポートのニーズを十分に配慮し、環境への影響を最小限に抑えることが、ゲーム内NFTの将来性の向上につながることは間違いありません。GameStopがNFTマーケットプレイスの構築を進めているのは注目すべきことです。また、Minecraftの世界にフィットするNFTを販売していたNFT Worldのように、Minecraftの競合製品を開発するなど、他の選択肢を模索することを明言する企業もあります。しかし、現在、急成長している暗号通貨基盤のゲーム市場は、転換期を迎えています。ゲームおよびNFTの業界はまだ進化を続けていますが、ゲーム会社のNFTへの情熱は、当分の間、冷めたままかもしれません。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

NFTの定義:資産、証券、それとも商品?

1000 648 David Hoppe

NFTの法的分類と規制環境は依然として不明確で、Web3の開発者、ビデオゲームのパブリッシャー、メタバースの設計者は、訴訟や政府の調査を受けずにNFTを導入できると確信するのは難しい状況です。しかし、近い将来、米国の裁判所がいくつかの画期的な訴訟の判決を下したり、規制当局が未解決の判決を示唆するコメントを発表したり、業界団体が自主規制の提案を行うことから、ある程度の明確化が図られるかもしれません。

証券、商品、それとも財産?

NFTが個人資産や事業資産の中でどのような位置づけにあるのかを定義することは、NFTを規制すべきかどうか、またどのように規制するかを決定するための論理的な第一歩となります。専門家の中には、NFTは投資商品として機能するため、証券に該当すると確信している人もいます。人々は、その独自性と希少性からNFTの価値が上昇し、売却益が得られると期待して購入するのです。

NFTは証券であるという原告の主張によって、いくつかの注目される裁判が行われています。米国司法省は、OpenSeaの元幹部であるネイト・チャステイン(Nate Chastain)氏を、OpenSeaが今後どの銘柄を販売促進するかという会社の機密情報を利用したインサイダー取引で起訴しました。チャステイン氏はこれらのNFTの多くを事前に購入し、その後プラットフォーム上で広報活動が行われたことで需要が高まり、価格が上昇し、利益を得たと政府は主張しています。一方、チャステイン氏の弁護士は、仮に同氏が司法省の主張するようなことをしたとしても、その行為は犯罪行為には当たらず、起訴されるべきではないと主張しています。インサイダー取引は、株式やその他の有価証券を使って行われた場合にのみ違法になるというというのです。そもそもNFTは有価証券ではない、というのが弁護側の主張です。チャステイン氏の行為は職場での不正行為と言えるかもしれないが、連邦犯罪のレベルには達していないと述べています。

ゲーム会社やWeb3の企業では、NFTの収集品としての特性を利用したビジネスモデルが多く採用されています。NBA Top Shots Momentsは、そのようなビジネスモデルのもとで開発されました。全米バスケットボール協会がDapper Labs社と契約し、NBAの試合のビデオクリップである「モーメント」を販売しています。古いシリアルナンバーで、その試合のスター選手が登場し、素晴らしいプレーを捉えたモーメントは、常に最初の販売価格を大きく上回る価値が付けられています。Dapper Labs社は、NFTを積極的に宣伝、提供、販売し、米国証券法に違反したとされ、集団訴訟を起こされています。原告側は、同社が証券取引法上の開示要件を遵守せず、投資リスクを軽視し、情報提供のないまま購買を誘発したと主張しています。Dapper Labs社は、モーメントは投資ではなく、ファンやコレクターに提供するデジタル・バスケットボール・カードに過ぎないと反論しています。

最後に、上院の法案は、ほとんどのNFTを商品として分類することで、証券取引委員会の監督権限を弱めることになるでしょう。その代わりに、買い手、売り手、一般市民を詐欺から守り、不正行為を調査し、デリバティブ取引に内在するリスクを最小限に抑えることを任務とする商品先物取引委員会が規制任務の大半を担うことになります。NFTが商品とみなされると、売り手には厳格な開示要件、取引ガイドライン、マーケティング基準が課されることになります。買い手がNFTを信用取引またはレバレッジ口座で取得できるようにする企業は、登録取引所で運営するか、購入から4週間以内にNFTおよび/またはそれに関連する資産の物理的な引き渡しを行う必要があります。

裁判の結果や上院の法案の行方によって、NFTの規制、課税、取引のあり方がさらに明確になっていくでしょう。 

AML / KYC

ロンドンに拠点を置くブロックチェーン分析会社Ellipticが発行した報告書によると、過去2年間に5億4000万ドル以上の 仮想通貨の収益がマネーロンダリング・スキームによって処理され、そのうち1億5300万ドル以上はランサムウェアによる支払いに起因しているとされています。この調査では、22のNFTマーケットプレイス、4つのNFT基盤のゲームまたはメタバースプラットフォーム、2つのNFTスワップサービスがマネーロンダリングの調査を受けていることが判明しています。

2022年2月、米国財務省は、「美術品の取引を通じたマネーロンダリングおよびテロファイナンスの助長に関する研究書」を発表しました。この報告書では、特定のNFTを含む高価値の美術品市場がいかに金融犯罪に脆弱であり、不法行為者による悪用にさらされやすいかについて論じています。また、美術品市場参加者に対して、マネーローンダリング及びテロ資金供与対策(AML/CFT)プログラムの実施と維持のための提言を行っています。同様に、2022年4月には、内国歳入庁を含む管理機関のコンソーシアムが、銀行、法務当局、個人コレクターに対して、NFTを取り巻くマネーロンダリングや不正のリスクの拡大について警告を発しました。このコンソーシアムは、 Joint Chiefs of Global Tax Enforcement (グローバル財務責任者部会)と呼ばれ、情報を共有し、国境を越えた税務犯罪に対抗するために2018年に結成されました。こうした動向を踏まえると、米国では近い将来、NFTに関連するアンチマネーロンダリング対策としてKYC対策が求められる可能性が高いと思われます。

知的財産権

NFTを購入しても、その譲渡がスマートコントラクトの取引に明示されていない限り、原資産に対する所有権は付与されないことが確定しています。実際、暗号通貨取引銀行のGalaxy DigitalがNFTマーケットプレイスについて行った最近の調査によると、Web3が約束するデジタル所有権や財産権は 「まだ遥か彼方」にあるとのことです。この調査では、トップクラスのNFTコレクションの大半が、基盤となるアートワークやメディアの知的財産権や所有権を一切伝えていないことが判明しました。それでも、多くのNFTバイヤーが、脚本やハンドバッグ、靴などの所有物を所有することで、それらを基盤とするデジタル資産をミンティングする権利があると、相変わらず自分自身や他人を信じ込ませているのです。

例えば、ミラマックス社は、クエンティン・タランティーノ監督が『パルプ・フィクション』を原作とするNFTを販売することを禁止するよう訴えました。同スタジオが最近和解した訴訟では、脚本を書いただけでは、タランティーノ監督に映画に関する知的財産権を付与することはできないと指摘されています。同監督の見解は、NFTは脚本から派生したものであり、制作物から派生したものではない、というものでした。

NFTと知的財産に関連する他の事例もいくつかあります。裁判所は、商標権侵害、著作権、パブリシティ権に関連する多数のNFT問題を判断することになります。NFTと知的財産権に関連する最近の相次ぐ訴訟から、ゲームや仮想世界における革新的なNFT活用に対応するために、新たな規制が必要になることが示唆されています。

プライバシー

NFTの基盤となるブロックチェーンは公開台帳であり、世界中の誰もがその内容を閲覧することができます。また、ブロックチェーンは不変であり、ブロックチェーン・ネットワーク上の情報を削除することはできません。このような要因から、NFTに関連するプライバシーおよびデータ保護に関する重大な懸念が生じます。NFTおよびブロックチェーン関連の取引を維持するためには多大な労力とリソースが必要なため、NFTの購入、保有、ステーキング、販売はWeb 3.0時代にはさらなるリスクをもたらす可能性があります。ハッカーは、NFT取引を利用してユーザーのブロックチェーンアドレス、財務活動、物理的位置、メタバースアバターなどを盗み出す可能性があります。

ゲーム、メタバース、その他のデジタル技術のダイナミックな性質に対し、ブロックチェーン上のプライバシーとデータ保護に特別に取り組む法律は存在しません。米国(および他国)の現行のデータ保護法は、活発化するNFT取引によってもたらされるプライバシーの課題に対処するには不十分です。例えば、ブロックチェーンからデータを削除できないという事実は、カリフォルニア州消費者プライバシー法に基づく基本的なデータ主体の権利に反しています。米国では、こうした矛盾を調整するための新しい法律が導入される可能性が高いと思われます。

結論

新興のアセットクラスであるNFTとそのマーケットプレイスには、消費者保護のための新たなパラメータが必要です。特にNFTの分類、知的財産、セキュリティに関する重要な法的問題は未解決のままです。

ゲームパブリッシャー、メタバース開発者、ウェブ起業家は、法的責任を回避するため、NFTプロジェクトに着手する前に弁護士に相談し、自らを保護する必要があります。弁護士は、新興テクノロジー企業がNFTプロジェクトのために適切な法的文書を作成するのを支援します。綿密に作成された法的文書は、法的責任を軽減する上で大きな役割を果たします。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

規制当局はNFTを証券として扱う方向へ傾くか?

1000 648 David Hoppe

米国やその他の諸国における最近の法的動向は、最終的にNFTを有価証券として分類する方向に傾いているようです。この傾向が続けば、こうした判決や規制は、ゲーム業界及び近い将来NFTの立ち上げを目指す新興技術企業にとって重要な影響を与えることは間違いないでしょう。 

背景

NFTが誕生して以来、法執行機関、徴税機関、金融規制当局がNFTをどのように扱うべきかが、常に議論の的となってきました。NFTは所有できるため、私有財産な のでしょうか?創作されたものだから芸術品なのでしょうか?多くの市場で自由に売買できるため、商品なのでしょうか?また、購入価格よりもはるかに高い価値を生むことが多いことから、投資に該当するのでしょうか?NFTを含むあらゆるデジタル資産は、米国証券取引委員会または他国の同様の規制機関によって「証券」として分類される可能性があります。米国では、ある裁判により、NFTは有価証券に該当し、金融商品に対して定められた規則に準拠しなければならないとの判例が示されました。

米国最高裁は、アメリカ証券取引委員会対W. J. Howey社事件 において、暗号通貨やNFTなどのデジタル資産が「証券」や「投資契約」とみなされるかどうかを判断するための4つの要素を提示しました:

  1. 資金を集めているか

  2. 共同事業であるか

  3. 投資家が利益を得ることを期待しているか

  4. 第三者の努力によるか

この4つの条件を満たすNFTは、米国では証券として扱われる可能性が高いでしょう。NFTの規制の第一義的な責任は、連邦証券法に基づく証券取引委員会(SEC)および商品先物取引委員会(CFTC)が担っています。さらに、各州には独自の証券法があり、連邦証券法とは異なる、または追加的な要件が存在する場合があります。

NFTやその他のデジタル資産が証券の世界に入り込む場合に備えて、規制当局や民間人が、より明確な定義づけを行う態勢を整えています:

  • NBA Top Shot Momentsをめぐる訴訟
    あるバージニア州民が、NBA Top Shot Momentsの購入者に代わって集団訴訟を起こしました。この訴訟は、NFTのクリエーターであるDapper Labs社とNBAが 「未登録の証券 」をマーケティングし販売したことを非難しています。原告は、NBA Top Shot Moments(デジタルビデオ・バスケットボール・カード)はHoweyテストに該当せず、ゆえに1933年証券法の適用を受けるべきであると主張しています。これに対しDapper Labs社は、同社のデジタル・バスケットボール・カードは他のスポーツ・トレーディングカード、コイン、切手と同様に単なる収集品であるとして、マンハッタンの裁判所に訴えの却下を求める申し立てを行いました。この訴訟は現在係争中であり、最終判決は、NFTの証券としての法的位置づけに関する多くの問題に焦点を当てることになると思われます。
  • NFTの違法な売り出しに対する証券取引委員会の調査
    今年の半ば頃、証券取引委員会はNFTの作成者と暗号取引所に対して証券違反の有無を精査するようになりました。この監視の目的は、特定のNFTが従来の有価証券のように資金調達に利用されているかどうかを確認することにあります。証券取引委員会は、特にNFTのフラクショナル・オーナーシップに関心を持っており、これは企業やプロジェクトの株式所有とよく似ていると考えています。ニュージャージー州に拠点を置く暗号融資会社BlockFiの主要なビジネスモデルは、より価値の高いNFTの小口販売です。証券取引委員会は、同社が「高利回り」融資商品を証券として登録していなかったとして、過去最高額の1億ドルの罰金を支払うよう命じました。証券取引委員会のゲーリー・ゲンスラー委員長は、暗号市場に存在する約1万個のトークンの「大部分」を証券として位置づけたことから、今後、さらなる措置が講じられる可能性があります。
  • OpenSeaの元幹部に対する訴訟
    OpenSeaの元幹部ネイト・チャステイン(Nate Chastain)氏がインサイダー取引で起訴されました。インサイダー取引とは、専有情報を使って会社の株式やその他の証券を売買したことで告発された人たちに使われる用語であり、犯罪です。米司法省(DOJ)がチャステイン氏をインサイダー取引で起訴しようとしたのは、実はOpenSeaのマーケットプレイス上のNFTの少なくとも一部を証券と見なそうとする試みだったと言えるでしょう。OpenSeaは、同プラットフォームのNFTについて話す際には、「取引」や「デリバティブ」といった証券関連用語を使用しないように従業員に指示しています。
  • Yuga Labs社、集団訴訟の危機にさらされる
    Bored Ape Yacht Club(BAYC)のクリエーターであるYuga Labs社は、投資家にBAYCの NFTとApeCoinを「不適切に誘導した」とされ、集団訴訟の危機にさらされました。ある法律事務所は、Yuga Labs社は有名人のプロモーターや推薦を利用して、ハイリターンを過剰に約束することでNFTの価格をつり上げたことは、米国証券法に違反していると主張しています。
  • サンドベガスカジノクラブの規制措置
    2022年4月、テキサス州とアラバマ州の証券規制当局は、キプロスに拠点を置くバーチャルカジノ開発会社サンドベガスカジノクラブ(Sand Vegas Casino Club)に対し、そのNFTが未登録証券であるとして販売停止命令を出しました。両州は、同社がメタバースとオンライン・ギャンブルサイトで消費者と潜在的投資家にNFTを販売する際に、物理的な住所の登録、カジノ運営のリスクに対する警告、州へのNFTの登録などいくつかの重要なステップを怠っていたことを明らかにしました。
  • 暗号法案の提出
    2022年6月、米国上院議員は、暗号通貨に関する新たなルールを求め、NFTを規制する責任の大部分を商品先物取引委員会に委ねる超党派の法案を提出しました。法案の起草者は、暗号通貨は証券としてよりも商品として運用される可能性が高いと考えているため、法案が通過すれば、証券取引委員会ではなく、商品先物取引委員会が暗号商品の規制を担当することになります。

こうした法的な動きは、米国で特定のNFTを証券に分類する動きが活発化していることを示唆しています。NFTが法的に有価証券として位置付けられると、米国証券法への準拠が必要となるため、ビデオゲーム業界やNFTの販売を計画している新興テクノロジー企業に大きな影響を及ぼします。米国証券法に基づく規制は非常に厳しいもので、コンプライアンスに違反すると、重い罰則が課されることもあります。NFTプロジェクトに着手する前に、NFTの証券としての法的な位置づけについてNFT専門弁護士に相談することが最善策です。そうすることで、将来的な法的リスクを回避することができます。 

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

「ステーキを売るな、シズルを売れ」:NFTのマーケティング

1000 648 David Hoppe

多くの著名人、ミュージシャン、スポーツ選手、その他のインフルエンサーが、個人的な使用として、あるいは自身の次世代ブランドや エンパイアの構築のために、NFTのアートワークおよびテクノロジーに投資しています。同時に、NFTはデジタルアーティストの独占領域から、Twitterやワーナー・ブラザースのような企業の主要なマーケティングツールに発展しています。

投資家も消費者も、非代替性トークン・ブームに取り込まれ、2021年にはイーサリアム・ブロックチェーン上のNFTスマートコントラクトに約440億ドル相当の暗号が送られ、2020年の1億600万ドルから飛躍的な急成長を遂げました。NFTの売上高は2022年1月に過去最高の61億3000万ドルに達し、その後数カ月で急落しました。

NFT市場はまだ初期段階にあり、管轄域の混乱や、依然伝統的な投資やテクノロジーを対象とした法律へ適用されるなど、法規制の複雑な問題が生じています。投資家や弁護士の中には、NFTは証券取引法や投資法から保護されていると考える人もいる一方で、他のフィンテック関連の弁護士や証券取引委員会(SEC) の専門家は、NFTがますますその境界を曖昧にしていると警告しています。

NFTはまだ証券とはみなされず…

NFTは通常、美術品や野球カードのような収集品と考えられており、非代替性であるため、各NFTは唯一無二の資産であることを意味します。NFTの制作者は、販売価格や生産可能なアイテムの数の上限を設定できるほか、NFTの所有権がどのライセンスに該当するか、またロイヤリティの支払い方法などをスマートコントラクトに明示することができます。

NFTを伴う取引は、ピアツーピアまたはNFTマーケットプレイスで販売できるため、販売に仲介者を必要としません。しかし、NFTはデジタルアート、ビデオクリップ、ゲームアイテムなど、さまざまな芸術的・無形の資産にリンクさせることが可能です。NFTはブロックチェーンに登録され、独自のデジタル「フィンガープリント」を持ちます。NFTは、スマートコントラクトで決定されたデジタルまたは物理的な他の資産に関連付けることができます。現在までの使用例としては、美術品、希少ワイン、コンサート、不動産などが挙げられます。

当初、NFTは1つのロットとしてマーケティング・販売されていましたが、現在では、共有所有できるように分割されることが多くなっています。以前は収集品の一つだったものが、今では投資における証券や株のように見えるようになり、特にNFTがブランド志向のコレクションになっている場合はその傾向が強いかもしれません。NFTは非代替性ですが、NFTの「シェア」が他のシェアと同様にロイヤルティ、利益分配、転売時の利益を得る場合などは、NFTに連結するスマートコントラクトとその条件によって、NFTの代替性が高くなる場合があります。NFTの取引が暗号通貨やセキュリティの規制対象となる場合、作成者や所有者は、法的措置や不利な税務処理を避けるために、関連資産が非代替性であることを証明する必要があるかもしれません。

非代替性と3つのHoweyテストに適合することは、必ずしも相反するものではありま せん。このプロセスはケースバイケースであり、ある資産が投資契約であるかどうかを判断する際には、詳細を考慮することが不可欠です。Howeyテストは、購入者が他者の努力によって利益を得ることを期待して共同事業に資金を投じる場合、それは証券であることを示しています。Howeyテストは、従来の証券に見えるかどうかにかかわらず、あらゆる契約、スキーム、取引に適用されます。

NFTステーキング

近年、NFTのステーキングが人気を集めています。NFTステーキングは、ユニークなNFTをブロックチェーンに載せて市場に出す方法で、プラットフォームやプロトコルに取り付けられます。仮想通貨のマイニング事業において、NFT作成者は自分のNFTを「プルーフ・オブ・ステーク(POS)」としての使用を許可する代わりに、報酬やその他の独自の利益を得ることができます。

NFTも暗号通貨と同様の方法でステーキングすることが可能です。スマートコントラクトまたは適切なブロックチェーンプロトコルと暗号通貨ウォレットを使用し、NFTのステーカーは資産を貸し出し、その対価として価値の一定割合(債券投資に類似)および関連スマートコントラクトで定められたその他の利益を受け取ります。所有者は貸出後もNFTの所有権を保持し、契約上のステーキング期間の終了時にNFTを取り戻します。

DeFiレンディングと同様に、NFTは年率利回り、ステーキング期間、ステーキングされるNFTの単位や数量に基づいてブロックチェーン上にステーキングされると、受動的所得を得ることができます。受動的所得を得るために多くのNFT所有者は、しばしば完了までに時間がかかるNFT売却という資産処分の代わりに、この方法をとっています(「非流動性」問題)。NFTレンディングは、参加者(ステイカー)に報酬を与えるPOSメカニズムに依存しています。NFT所有者は、合意したローン価値(LTV)比率に従って暗号ローンを利用したり、購入困難なアイテムや希少ビデオゲームアイテムを入手するために資産をステーキングする場合があります。

NFTステーキングはまだ初期段階にありますが、NFTとDeFi経済間の重要な橋渡し役として機能しています。しかし、NFTステーキングの人気が高まる中、オーナーは証券と見做される可能性があることに注意する必要があります。NFTが有用性を示し、そのマーケティングが金銭的利益の可能性よりもその有用性を目的としたものでない限り、ステーキングは証券取引と見なされる可能性があります(Howeyテストには該当しません)。証券取引委員会は、特定の暗号取引所が規則に違反しているとして調査を開始しました。BlockFiは、デジタル・トークンを貸し出す際の顧客への支払いに使用する商品の登録を怠ったとして、1億ドルの罰金を科されました。特に、証券取引委員会はフラクショナルNFTに関する情報を収集し、それが規制上のどの部分に該当するかを正確に判断しています。

NFTを非証券領域にとどめること

NFTに関心を持つ投資家や ミンターは、NFTのステーキングや 分割化等、NFTに対する政府の監視の目が厳しくなっていることに留意する必要があります。ほとんどの分割されていないNFT全体の資産は有価証券とみなされる可能性は低いと思われます。しかし、フラクショナルNFTは、所有者が利益を受け取ると予想される場合、資金がプラットフォーム構築に使用される場合、NFTが他のデジタル資産のライセンスとして機能し、その収益の一部を受け取る場合などは、従来のNFTよりも証券に類似すると見なされるため、証券取引委員会による厳しい監視を受ける可能性が高いでしょう。フラクショナルNFTを収益資産として販売することは、デジタル資産としてのNFTの消費価値と比較して、NFTプロモーターの継続的努力に基づく投資リターンの可能性に重点を置いていることになります。

NFTの所有者・作成者は、証券取引委員会の規則違反による金銭的罰則や風評被害を避けたいと考えるでしょう。NFTの作成者・所有者は、現在や今後の規制状況を理解している弁護士と連携することで、証券取引委員会の規則違反となるリスクを回避し、独自のデジタル資産を享受することができます。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

ミント・コンディション:NFTアーティスト契約

1000 648 David Hoppe

この数ヶ月にわたり、知的財産権に関連する法的問題が大きく報道され、中には人気のあるNFTプロジェクトが中断されるケースも出ています。NFTプロジェクトが成功するには、NFTアーティスト契約書がいかに適切に作成され、その中でNFTミンターのオリジナルアートの使用条件がいかに明確に定義されているか、にかかっていると言っても過言ではありません。本稿では、優れたNFTアーティスト契約の主な構成要素と、NFTミンターやアーティストが自らの権利を守るために知っておくべき重要なポイントについて解説します。

NFTアーティスト契約の意味と重要性

 NFTアーティスト契約とは、芸術作品、音楽、最終財等の知的財産の創作者が、報酬と引き換えに、その作品を基盤とするNFTのミンターに一定の権利を付与する条件を記載した法律文書です。アーティストが、媒体を問わず、自らの作品を無許可の複製や販売から保護する一方で、その商業化に参加したいと考えるのは、非常に合理的なことです。NFTアーティスト契約は、例えばスポーツチームのロゴやアニメのネズミを描いたTシャツを制作・販売する際の、従来およびデジタルのメディアで使用されるライセンス契約に相当するものです。ライセンス付与の範囲を事前に定義することで、NFTミンターとアーティストとの間の紛争や対立のリスクを低減します。この契約は、非代替性トークン・デジタルアート・コミッション契約、NFTアートワーク・コミッション契約、NFTデジタルアーティスト・コミッション契約、デジタルアート契約、アーティスト・コミッション契約、ライセンス契約、またはその他の類似用語で呼ばれることがあります。

NFTミンターや開発業者が、自らが所有していないアートワークに基づくNFTを作成する際、事前に署名入りのNFTアーティスト契約を取得しなかった場合、そのアートワークの著作権、商標、その他の知的財産権に関わる紛争を招く可能性があります。例を挙げると、最近、あるアートコレクターが、著名なインド人アーティストM.F. Husainの絵画「Lightning ( 又は、The Guernica of Indiaとも呼ばれる)」の権利を明らかにするためにニューヨークの連邦裁判所に訴訟を起こしました。このアートコレクターは、60フィートの壁画を購入し、それを元にしたNFTを販売する予定です。一方、画家のエステートは、絵画を購入してもこの計画を実行するのに必要な権利は譲渡されないと主張し、異議を申し立てました。売買契約書にはNFTの権利に関する言及がないため、コレクターが作品を購入した際に実際に何が手渡されたのか、各当事者の立場を明確に判断する方法がないのです。

NFTアーティスト契約における主要条項

強力で包括的なNFTアーティスト契約は、契約の範囲、各当事者の権利と義務、当事者間の業務関係、タイムラインと納期、著作権所有権などが明記されています。

  • 契約の範
    少なくとも、NFTアーティスト契約には、ライセンスが供与または購入されるアートワーク、ライセンス契約期間、契約と引き換えにアーティストが受け取る手数料、ロイヤルティーまたはその他の対価、および、ライセンサーは自分が作成したNFTの使用について何が許可されているかが明確に記載されている必要があります。
  • 事者間の関係
    多くの場合、NFTミンターは、アーティストに職務著作 (ワークフォーハイヤー)ベースでアートワークを委託します。 このシナリオでは、ミンターは委託代理人または委託当事者とみなされ、アーティストはミンターが所有する製品を製造する請負業者として機能します。その他の状況として、企業が社内のイラストレーターやグラフィックアーティストを使用して、NFTにミンティングされる作品を制作させる場合があります。この場合は、雇用主と従業員の関係が優先され、組立ラインの作業員が車の組み立てを手伝うのと同様に、従業員はNFTに対して権利を有しません。また、ケースによっては、それほど単純明快ではないこともあります。知的財産権所有者やアーティストは、所有する作品に基づくNFTの制作、展示、マーケティング、販売、その他の活用を様々な提携関係に基づいて第三者に依頼することができます。これには、前払い、ロイヤルティー分配、利益配当、オプションなど、業績のあるNFT専門弁護士に委ねるべき高度な取引が含まれる場合があります。
  •  利と義務
    ライセンス契約では、アーティスト、NFTミンター、および作成されたNFTの将来の購入者が履行しなければならない義務や受け取る報酬を記述する必要があります。契約書には通常、アーティストがアートワークの物理的またはデジタルのコピーを作成することができるかどうか、アートワークを他者にライセンス供与できるかどうか、アートワークを基盤としたNFTのオリジナルまたはその後の販売に対してロイヤルティーを受け取ることができるかどうかが明記されます。同様に、契約書には、ミンターが一定期間NFTの独占権を保持できるか、その販売価格を決定できるか、付与された権利をサブライセンスできるかについて規定する必要があります。アーティストの義務としては、高品質のアートワークの制作、期限内の納品、その制作において第三者の権利が侵害されないようにする義務が含まれる場合があります。契約書には、NFTミンターによるアーティストへの支払い方法と時期が明記されるべきであり、常に作品をアーティストや作者に帰属させ、派生作品においてもアーティストの芸術精神および評判を維持することを義務付けることができます。
  • 著作
    NFTアーティスト契約において著作権所有権が十分に定義されていない場合、重大な問題を引き起こすリスクがあります。裁判所は、オリジナル資産の著作権はNFTミンター、購入者、ライセンシーに自動的に譲渡されないと判断しています。アーティストは著作権の譲渡、特定目的でのライセンス付与、NFTの使用を制限する権利を保有します。NFTミンターがこれらの権利のいずれかがアーティストから譲渡されることを望んでいる場合、NFTアーティスト契約書に明示的に記述しなければなりません。そうでない場合、オリジナルアート作品を作成したアーティストが著作権を保持します。
  •  管轄
    NFT関連法はまだ初期段階にあり、各州や国がそれぞれ規制を設けて前例を作っているため、NFTアーティスト契約には、意見の相違が生じた場合にどの管轄区域が統治するかを明記することが推奨されます。NFTミンターに同情的な司法当局もあれば、アーティスト側に立つ傾向がある司法当局もあります。アーティストの居住国やライセス供与する企業の法人格が関係し、一方が「ホームアドバンテージ」を持つ場合もあります。
  • 賠償責任
    NFTを取り巻く規制はいまだ進化しているため、NFTアーティスト契約書には、各当事者が義務を果たせなかった場合の結果を示す条項を含めることが重要です。つまり、各当事者の管理能力を超えた要因によって、失敗が起きる可能性を考慮する必要があるのです。例えば、管轄区域が新たな規制を制定し、NFTのミンティングよりが困難または違法となる場合、また、自然災害によりアートワークの作成またはNFTのミンティングの手段が失われる場合もあります。

NFTの作成、販売、ミンティング、開発を計画する企業や個人は、アーティストパートナーとのNFTアーティスト契約の作成および締結により、常に自らの権利を保護し、責任を明確にする必要があります。NFTアーティスト契約は複雑な文書となる可能性があるため、NFTおよび契約法の経験が豊富な弁護士に作成を依頼するのが最善です。多くのNFTアーティスト契約は、アーティスト支援団体やNFTミンターの推奨者によって作成されるため、両当事者の利益を十分に保護できないことに留意するべきでしょう。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

詐欺師、フィッシング、なりすまし: NFT売買におけるリスク

1000 648 David Hoppe

非代替性トークン(NFT)市場は、過去1年間に急成長(そして低迷)しています。企業や資産家が、さまざまな物理的資産、デジタル画像、インターネット上のミーム、イベントチケット、記念品などを表すNFTを作成・販売し続ける中、NFT売買に伴う法的リスクがこれまで以上にクローズアップされてきました。本稿では、これらのリスクを解説し、新興技術企業が自社を保護するために導入可能な実証済みの方策を提案します。

不透明な法規制

NFTを取り巻く最大の法的リスクの1つに、NFTが置かれた法的環境の不明確性があります。NFTの一部の要素や特徴は既存の法律で規制されている可能性がありますが、現在、米国ではNFTに関する統一的な規制の枠組みは存在しません。

例えば、証券取引委員会等の規制当局は、ある特定のNFTが証券の性質を有すると判断した場合、1933年証券法及び1934年証券取引法に基づいてそのように分類することがあります。

一方、NFTは商品取引所法(CEA)に基づき、商品とみなされる可能性があります。CEAは、商品という用語にいくつかの列挙項目と 「その他のすべての商品と物品」のキャッチオールを含めるように定義しています。商品先物取引委員会(CFTC)は、この定義がビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨、再生可能エネルギークレジット、排出権、その他の交換可能な品目に適用されると公言しています。受け手、買い手、投資家の立場からすると、米国の法律や規制政策から何らかの保護を受けられるかどうかは不明です

さらに、NFTが表現するオリジナルのデジタル資産の所有権によっては、NFTの著作権問題が生じる可能性もあります。NFTには一貫した法的枠組みがないため、NFT売買に関連する潜在的リスクは高くなります。政治家や規制当局は脆弱でナイーブな国民の保護を重視しているため、NFTを購入することは消費者福祉の観点から特にリスクが高いかもしれません。

偽造品と商標権侵害

NFT売買に関するもう一つの法的リスクは、偽造品と商標権侵害に関わるものです。NFTの人気は過熱し、サイバー詐欺の被害も増加しています。NFTのオリジナルショップを模倣して、インターネット上で販売されるケースも少なくありません。これらの偽マーケットプレイスは、詐欺サイトのブランド、コンテンツ、利用規約やプライバシーポリシーなどの法的文書を利用して、あたかも本物であるかのように見せかけます。これらの偽NFTストアは、複製のための知的財産権を確保していない、あるいは現実世界には存在しない偽物のNFTを販売するために存在します。したがって、ゲームや拡張現実コンテンツ、仮想メタ世界で使用する目的でNFTを購入する新興技術企業にとっては、大きなリスクとなるのです。

サイバーセキュリティのリスク

オンラインコミュニティを悩ますハッキング、フィッシング、ブルートフォース攻撃、ソーシャルエンジニアリングは、NFTの買い手と売り手双方にとって憂慮すべき脅威となっています。ハッカーは、こうした手法やその他のテクニックを使って、個人が進んでウォレットからNFTを差し出すように説得しているのです。ここで重要なのは、NFTはブロックチェーン上に存在しますが、そのブロックを解除し、NFTを使用・譲渡するための鍵はウォレットに保管されていることです。したがって、盗まれたNFTを追跡することはできても、それを取り戻すことは一般的に困難です。

物理的資産の損失・損害

NFTに関連するもう一つのリスクは、NFTと連結されている物理的資産の損失または損害に関するものです。一般的に、NFTとそのオリジナル資産は別個の資産です。NFTには通常、NFT保有者の所有権が含まれていますが、オリジナル資産が破壊、紛失、盗難された場合、NFTは無価値となる可能性があります。ワインや酒類と結びついたNFTの所有者は、注意が必要です。ボトルを落としたり、飲んだり、あるいは栓を抜いたりするだけでも、NFTの価値に影響が及ぶ危険性があります。

自分の身は自分で守る

  • 適切な法的文書
    すべてのNFTプロジェクトは、利用規約、プライバシーポリシー、ライセンス契約書などの一連の文書が必要です。売り手であれば、NFTプロジェクトにこれらの文書が揃っていることを確認してください。尚、買い手の場合は、これらの文書をよく読んで、購入するものの概要を把握する必要があります。いずれにせよ、売買契約を結ぶ前に、NFT専門弁護士に依頼して文書を確認することが最善です。
  • 法務デューディリジェンス
    特に多額の資金移動が伴う場合、文書審査にとどまらず、取引の正当性を確認するためのデューデリジェンスを実施することは、有意義な場合が多いと言えます。企業は、形式的なバックグラウンドチェック等、自社で調査を行いたくなるかもしれませんが、重要な詳細内容を見逃してしまう危険性があります。多くの法律事務所がNFT関連取引のデューデリジェンスを専門に行っています。このような専門家に依頼することで、極めて高額な出費や損害を被る事態を回避することができます。
  • できるディーラーとサービス
    サイバーセキュリティ上の懸念から、NFTを売買する際には、ベストプラクティスに従うことが重要です。これには、信頼できる暗号ウォレットの設定、ウォレットの秘密鍵の安全な保管、アンチウイルスソフトウェアの設置、多要素認証の有効化などが含まれますが、これらに限定されるものではありません。NFTの購入リスクを軽減するために、購入者は信頼できるマーケットプレイスのみで取引すること、実際に購入する品を調査すること、関連するスマートコントラクトが取引に関する条件と完全に一致していることを確認することが理想的です。

結論

NFTは、デジタルクリエイター、売り手、買い手のいずれにとってもエキサイティングな機会を提供します。しかし、市場は未だ進化中であるため、市場参加者はこの商品に内在するリスクを十分に理解することが極めて重要です。リスクを最小限に抑えるため、買い手および売り手はNFT取引を行う前にNFT専門弁護士に相談することをお勧めします。特に、NFT専門弁護士は法務デューデリジェンスの実施、法的文書の作成、NFT取引に適用される規制に関する助言等、有益なサポートを提供します。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

スターの力:NFTとパブリシティ権

1000 648 David Hoppe

近年、著名人によるNFTの推奨や投資が話題になっています。しかし、このトレンドは、NFTのミンティングとパブリシティ権をめぐるいくつかの法的問題を提起しています。本稿ではパブリシティ権に焦点を当て、著名人の肖像、画像、名前、またはパーソナリティに基づくNFTを作成する際に、ミンターが念頭に置くべき戦略について解説します。

背景

パブリシティ権については、その法的定義とニュアンスを理解することが重要です。パブリシティ権(人格権)とは、個人が自分の名前、画像、肖像(NIL)、その他のアイデンティティーの商業的利用をコントロールする権利を指します。すなわち、個人が自分のイメージや肖像を、許可や代償なしに、他人に商業的に利用されないようにする権利です。パブリシティ権は法域によって異なりますが、米国の約半数の州では、個人のパブリシティ権の範囲、その権利の譲渡可否、パブリシティ権侵害に対する法定損害賠償などを規定し、明確にパブリシティ権を認めています。また、中にはプライバシーに関するコモンロー上の権利や不正競争を禁止する法律のように、保護の一部とみなしている州もあります。

カリフォルニア州は、パブリシティ権に関して最も包括的な法律を制定しています。カリフォルニア州では、セレブリティや著名人がパブリシティ権侵害を訴え、勝訴するには、以下の4つの要素を証明する必要があります。

  1. 被告が原告のアイデンティティーを使用したこと
  2. 被告が原告の氏名又は肖像を被告の商業上の利益またはその他の利益のために流用したこと
  3. 原告の同意なく流用したこと
  4. その結果、原告に損害を与えたこと

上記のテストは、本質的に、個人のアイデンティティー所有権の利益を保護することを目的としています。個人のアイデンティティーが保護されるべき要素には、名前、肖像、音声、署名、およびその他の独自に識別可能な特性が含まれます。

ライセンシング

NFTミンターが個人の肖像を使用するにあたって、明確な許可を得られなかった場合、その個人のペルソナのいかなる使用の中止を求める停止命令を受けることがあります。また、金銭的補償を要求したり、法的措置を警告する書簡が送られる場合もあります。無断で有名人をNFTに描写したNFTミンターは、和解交渉の機会もなく訴えられる可能性が非常に高いのです。パブリシティ権の侵害が認められた場合、多額の金銭的罰則が科される可能性があります。さらに、州によっては、NFTプラットフォーム・マーケットプレイスは、侵害するNFTの販売を許可したことによる寄与責任を問われる可能性があります。NFTミンターがプラットフォームを利用して侵害NFTを作成、ミンティング、販売した場合、作成者はサイトの利用規約に従って補償する義務を負う可能性があります。

言論の自由

パブリシティ権を検証する際に生じる判断基準の中に、著名人によるNFTの推奨が言論の自由を構成するかどうかということがあります。長年にわたる何百もの事例において、パブリシティ権の主張が憲法修正第1条にどのように関連するかが検討されてきました。これらの裁判の多くでは、主張された侵害が商業的利用を目的としたものかどうかが重要な論点となっています。自己のペルソナをコントロールする権利は、独立した報道機関や芸術・娯楽における自由表現を確保するために必要な米国の守るべき5つの自由(言論、宗教、報道、集会、政府への請願の権利)に取って代わるものではありません。

パブリシティ権をめぐった訴訟が多いカリフォルニア州では、関連法令は、「広告または販売を目的とした(中略)製品、商品、または物品における」自身のNILの無許可の使用に対してのみ保護するものす。しかし、ある作品が「商業的」であるかどうかの判断は、司法が明確にしていないため、より困難になっています。実際、個人の同意なしに非商業的なNFTで個人を描写することが、その個人のパブリシティ権の侵害にあたるのか、それとも保護された言論の自由とみなされるべきなのか、まだ明確な判断はなされていません。裁判所が確定的な判決を下すまでは、NFTに対するパブリシティ権の主張は、引き続きケースバイケースで判断されることになります。

パブリシティ権訴訟を回避するためのベストプラクティス

NFTを商業目的で使用する予定のプロジェクトや企業は、有名人や個人のNILに基づくNFTを作成する前に、以下のような厳格なポリシーを導入し、自らを保護する必要があります。

  • 許可またはライセンスを取得する
    NFTに実在の人物(生存、死去、あるいは有名人、一般人を問わず)を描写することを意図するミンターにとって、最も安全な方法は、NFTで使用しようとする人物のペルソナをライセンス取得することです。コンテンツのライセンス契約は一般的に行われていますが、その手続きには時間と費用がかかります。また、NFTの大半は既存の画像に基づいているため、特定の画像に関する権利をライセンス取得しても良いでしょう。有害な法的リスクを最小限に抑えるため、ライセンス供与契約書の作成には弁護士を起用するのが最善です。

  • 免責事項の作成
    適切な免責事項を作成することで、NILクレームのリスクを最小化することができます。このような免責条項には、背景情報、使用目的、ライセンスの条件などを規定する必要があります。免責条項の作成については、知的財産とNFTを専門とする弁護士または法律事務所にご相談ください。

  • 公的リソースを活用する
    プライバシー侵害とみなされる危険性を低くするために、NFTは、財産記録や公的な財務情報など、一般に入手可能な記録に基づいて作成することが望ましいでしょう。こうした場合、著作権所有権および関連する要件は厳密に遵守されなければなりません。

NFTの人気が高まる中、独自のNFTを作成しようとするプロジェクトや企業は、個人のパブリシティ権の同意なき使用に伴う法的リスクについて認識しておく必要があります。また、たとえ必要なライセンスや認可を取得していても、法的保護の観点から損害賠償の対象となる場合もあるため、完全に免責されるとは限りません。したがって、NFTを市場に投入する各段階において、適格な法律専門家による法的アドバイスを受けることが強く推奨されます。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

Games Esports Blog