AI

立法、規制、蓄積: 企業がAI法から利益を得る方法

1000 648 David Hoppe

2022年11月にChatGPTが発表され、制御不能な生成型人工知能システムが引き起こす恐れがある損害について激しい議論が巻き起こりました。この会話型AIモデルが前例のない能力を示したことで、このような技術が誤情報の拡散や、オンライン不正行為の自動化、または違法行為の幇助に悪用されるのではないかという懸念が高まりました。

read more

雇用違反?採用判断におけるAIの活用

1000 648 David Hoppe

求人募集、採用、昇進、解雇の判断にAIを活用することは、人種、性別、年齢による既存の偏見を助長し、深刻化させるとして広く批判されています。専門家は、求職者の表情や言語を評価する一部のAIシステムが、白人、男性、従来の健常者などの求職者を優先していることを指摘しています。

read more

フェイクトーバー(Fake-tober)のサプライズ: 
ディープフェイクが有権者を揺さぶるか

1000 648 Amy Sanderson

ドナルド・トランプがアンソニー・ファウチを抱擁する動画と、ヒラリー・クリントンがロン・デサンティスを「この国が必要としている人物」と呼ぶ動画の共通点は何でしょう?

read more

日本の新AIガイドライン: 技術の勝利か、規制のジレンマか?

1024 663 Yusuke Hisashi

日本は、これまで高度な技術力とイノベーションに対する積極的な姿勢で高い評価を得てきました。したがって、日本が世界の先導となり、生成AIの画像に関する規制やガイドラインを発表したのは驚くには値しません。

read more

AIが犯罪を幇助?AIコンテンツが犯罪を誘発するとき

1000 648 David Hoppe

昨年ChatGPTが発表されたとき、スマートなコーディングアシスタントとしての役割と、あらゆる業界の執筆業務を円滑化する能力は、テック業界に大旋風を巻き起こしました。それ以来、生成AIシステムは様々な用途に導入され、世界中でファンを獲得しています。しかし、この急速な普及と、AI能力を悪用したいくつかの重大な失敗例によって、AI技術開発の一時停止を求める声も聞かれるようになりました。

read more

デジタル資産がより現実に: 英国が暗号通貨とNFTの新たな法的分類を提案

1000 648 Yusuke Hisashi

デジタル資産の進化に対応するため、英国法律委員会(UKLC)は、暗号通貨やその他のデジタル資産に特化した新しい個人資産のカテゴリーを提案しました。Web3技術を採用する企業やプラットフォームは、この法案が自社の業務にどのような影響を与えるか、また、米国でも同様の法的取り組みが必要かどうかを理解し、検討する必要があります。

read more

中国がAI規制で主導権を握る

1000 648 David Hoppe

中国は人工知能規制において世界のリーダーとしての地位を築きつつあります。今年5月、北京はディープフェイクの使用を制限する規則の第2弾を発表しました。これは、国民を保護し、AI技術への信頼性を高めることを目的とした中国政府の一連の介入策における最新の動きです。

read more

レックス・マキナ社: 人工知能がもたらすリアルな法律問題

1000 648 Yusuke Hisashi

AI(人工知能)と自動化システムは、輸送から医療、金融に至るまで、世界中の産業を急速に変革しています。AIが普及するにつれ、慎重な検討と計画を要する重要な法的課題も生じています。

read more

考える人のための人工知能法律ガイド

1000 648 David Hoppe

人工知能(AI)は、現在世界で最も急成長している技術のひとつであり、ビジネスシーンに大旋風を巻き起こしています。AIは、かつてはできなかった、ビジネスプロセスの改善、反復作業の自動化、新しいアイデアの提供などに活用されています。

read more

AI vs. IP: 著作権侵害の責任は誰にあるのか?

1000 648 Yusuke Hisashi

AI(人工知能)が人間のコミュニケーション、創造性、表現力を模倣するようになるにつれ、AIはすでに、他人の作品を転用するという、極めて人間的な傾向を示すようになりました。AI生成コンテンツが人々の知的財産(IP)を侵害しないようにするには、保護措置の導入が必須となります。

read more