ユーティリティ・ビークル: トークン化によるネットワークの拡大

1000 648 Yusuke Hisashi

世界がより分散化され、透明性の高いデジタル経済に移行する中で、Web3エコシステムで事業を展開する企業にとって、代替性および 非代替性トークンがもたらすポテンシャルがゲームチェンジャーとして浮上しています。ブロックチェーン技術に基づくトークンは、特定のエコシステム内でのさまざまな資産、権利、またはユーティリティを表すものです。デジタル通貨からロイヤリティポイント、さらには不動産や芸術作品などの物理的資産の所有権まで、さまざまなものを表現することができます。

トークン化は、資産の所有権をブロックチェーン上に移し、その資産に対応するトークンを割り当てることです。この手法は、所有者に価値あるものを提供するためにますます広く利用されています。これは、サービスや製品へのアクセスを提供するユーティリティ・トークンから、投資資産を表すセキュリティ・トークンに至るまで、所有者に価値を提供するためにますます利用されるようになっています。


トークンは、本質的に、特定のネットワークやプラットフォーム内で取引、交換、利用できる価値のデジタル表現です。このイノベーションは、企業が資本を調達し、ユーザーの参加にインセンティブを与え、従来の中央集権型システムに挑む新たな経済モデルを構築する道を開きました。

トークノミクスとは、特定のエコシステム内におけるトークンの生成、流通、利用に関わる経済原則とインセンティブ構造を指します。トークノミクスには、トークンの供給量、流通メカニズム、インセンティブモデル、およびガバナンス構造などの要因が含まれます。

  • ユーザーの参加と関与の促進
  • 分散型ガバナンスと意思決定の促進
  • 新たな収益源とビジネスモデルの実現
  • コミュニティの形成とロイヤルティの育成
  • 運営および設備投資のための資金調達の促進

実用性vs安全性

適切なトークンモデルを構築することで、企業は利害関係者のニーズに対応し、調和したインセンティブ、広範なネットワーク効果、持続可能なエコシステム、そして安全な法的環境を享受することができます。ただし、そのような構造を構築することは容易ではありません。米国証券取引委員会(SEC)は、トークン購入により、金銭的価値を増やすことを主な動機とする購入者に提供されるトークンは有価証券であると決定しました。これらのトークンは有利子負債または企業やプロジェクトの小数所有権を表しているため、企業の債券や株式に相当します。また、株券を発行する企業と同様に、所有権トークンを発行する企業は、そのセキュリティトークンをSECに登録するか、例外を申請して認められなければなりません。

最高裁が1946年に下したSEC対W.J.ハウイー社の判決に基づき、「ハウイーテスト」と呼ばれる枠組みが設けられ、SECはトークンの価値が有用性や潜在的な金銭的インセンティブに由来するかどうかを評価する際に、以下の4つの質問を行います:

  1. 金銭の投資があるか
  2. トークンは共同事業を表しているか
  3. 出資者は利益を得ることを期待して出資しているか
  4. その利益は、他の人の努力によってのみ発生するか

実用性を強調することの重要性

これらの質問のいずれにも「ノー」と答えられるトークンの提供は、SEC規制当局から逃れることができるはずです:

  • アクセストークン:このトークンは、保持者に特定の商品、サービス、またはプラットフォームへのアクセスを提供します。例えば、分散型ファイルストレージ・システムへのアクセスを可能にするトークンや、プレミアムサブスクリプション・サービスへのアクセスを提供するトークンが含まれます。
  • ワークトークン: このトークンは、分散型ネットワークやプラットフォーム内の参加者にインセンティブを与え、報酬を与えるために使用されます。例えば、コンピューティングパワーを提供するユーザーに報酬を与えるトークンや、分散型データベースへの貢献を促すトークンがあります。
  • 決済トークン:これらのトークンは、特定のエコシステムやネットワーク内での取引手段として機能します。トランザクションを容易にし、法定通貨や他の安定した資産にペッグされることもあります。

どのようなトークンが提供されるにせよ、企業はトークンの実用性と機能性を強調する必要があります。これはセキュリティトークンとの差別化に役立ち、エコシステムやプラットフォーム内での価値提案を強化します。

自社のトークンのユースケースとベネフィットを明確に示すことで、企業は潜在的なユーザーや規制機関に対し、トークンの目的をより的確に伝えることができます。この透明性は信頼性を構築し、企業を法的責任から保護するのに役立ちます。実用性を強調することで、企業は単なる投機的な理由ではなく、トークンの実用的な応用価値を重視するユーザー層を惹き付けることもできます。これは、ブロックチェーンベースのプロジェクトやプラットフォームの長期的な成功にとって極めて重要であり、より持続可能で熱心なコミュニティの形成につながります。

ネットワーク効果の活用

ユーティリティ・トークンは、所有と参加が拡大するにつれて、所有者により多くの価値をもたらすことがよくあります。これらのネットワーク効果は、トークン化の文脈においてはさまざまな形で現れます。たとえば、特定のトークンが取引やプラットフォームへの利用が増えると、そのトークンの流動性と価値が向上します。結果として、トークンはより多くのユーザーにとって魅力的なものとなり、所有者にとっても価値が高まります。同様に、開発者がブロックチェーンネットワーク上にアプリケーションやサービスを構築するにつれて、エコシステムはより豊かで価値あるものになり、さらに多くの参加者を引き寄せます。

企業は、ネットワーク効果の力を最大限に活用するために、トークンモデルを慎重に設計し、広報する必要があります。DAOデジタルアセットに精通した弁護士は、企業のトークンの成功に役立ちます。

  • 供給と配布:トークンの初期供給と配布は、ネットワーク効果に大きな影響を与えます。新規利用者を奨励し、同時に長期的な持続可能性を確保するバランスの取れたアプローチが重要です。
  • 実用性と希少性: トークンは、取引、アクセス、ガバナンスのいずれにおいても、エコシステム内で真の実用性を持たなければなりません。同時に、需要を高め、価値の希薄化を防ぐために希少性を維持する必要があります。
  • インセンティブの整合: トークン経済は、すべての利害関係者のインセンティブを整合させ、エコシステムの成長と健全性に貢献する望ましい行動に報いる必要があります。これには、ユーザーの参加、開発者の貢献、またはノードの運用に対するインセンティブが含まれます。
  • ガバナンスと分散化: トークン保有者が意思決定に発言権を持つ分散型ガバナンス・モデルは、オーナーシップとエンゲージメントを育み、ネットワーク効果をさらに強化します。
  • 相互運用性と統合: トークンを他のプラットフォーム、プロトコル、エコシステムと容易に統合できるようにすることで、潜在的なユーザー層を拡大し、ネットワーク効果を高めることができます。

結論

優れたトークノミクス・モデルの目標は、ネットワーク効果によって持続的な成長と価値創造を促進し、自己持続型のエコシステムを構築することです。ユーザーや開発者の参加が増えることで、トークンの有用性と需要が高まり、流動性も向上し、より堅牢なインフラが構築され、幅広いアプリケーションやサービスが提供されるようになります。

この好循環は、トークン保有者やエコシステム参加者だけでなく、トークンの背後にあるビジネスや組織にも利益をもたらします。エコシステムが成長するにつれて、取引手数料、サブスクリプションモデル、またはその他の収益化戦略を通じて収益を生み出す可能性も拡大します。

しかし、持続可能なトークンエコシステムの構築は長期的な取り組みであることに留意する必要があります。これには、忍耐力と継続的なイノベーション、そしてインセンティブ、ネットワーク効果、ユーザー行動の相互作用を取り巻く法的問題に対処するための熟慮されたアプローチが必要です。トークノミクス・モデルを慎重に構築し、ネットワーク効果の力を活用することで、企業はブロックチェーン技術とトークン化の真の可能性を引き出し、すべてのステークホルダーに価値を提供する活気に満ちた自己持続型のエコシステムを構築することができます。


ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

デジタル資産がより現実に: 英国が暗号通貨とNFTの新たな法的分類を提案

1000 648 Yusuke Hisashi

デジタル資産の進化に対応するため、英国法律委員会(UKLC)は、暗号通貨やその他のデジタル資産に特化した新しい個人資産のカテゴリーを提案しました。Web3技術を採用する企業やプラットフォームは、この法案が自社の業務にどのような影響を与えるか、また、米国でも同様の法的取り組みが必要かどうかを理解し、検討する必要があります。

英国政府からの要請に基づいて作成された英国法律委員会の報告書は、従来の私有財産の分類に異議を唱えています。従来の分類方法では、財産を 「所有物(things in possession: 不動産のような有形資産) 」とするもの、および、「訴訟により実現可能な財産(thing in action:債務や株式などの無形権利)」に分類されています。しかしこの報告書は、既存の法的定義では、暗号通貨やNFTなどを含むデジタル資産の独自の特徴を適切に捉えられていないと述べています。

この課題に対処するため、英国法律委員会は、「デジタル・オブジェクト」 という第3のカテゴリーの導入を提言しています。これは、暗号通貨から、炭素排出権や輸出割当のようなデジタル化された証券に至るまで、広範なデジタル資産の法的枠組みとして機能することになります。こうした多様な資産を包括的に取り扱うことによって、デジタル資産という多面的な世界を認識する上での同委員会の微妙なアプローチが明らかになります。

英国法律委員会は、デジタル資産から生じる複雑な法的問題について裁判所に助言するための専門家パネルを設置することを提案しました。この背後にある目的は、このような新しい形態の財産に関わる事案を有効に判断するために必要な専門知識を司法に提供することです。

また、この提案は、英国を暗号資産の世界的な中心地として位置づけることを意図しています。この目標は、2022年4月にリシ・スナック英国首相が表明した構想と一致しており、デジタル資産領域でイノベーションを促進するという英国のコミットメントを強調しています。

暗号通貨企業への影響

この法案が成立すれば、デジタル資産を扱う暗号通貨事業者や新興テック企業は、英国内で事業を行うための特定のライセンスを取得することが義務付けられるでしょう。こうした動きにより、暗号通貨の法的地位が正式に確立され、暗号通貨は金融資産や証券の一種として分類されることになります。その結果、規制当局による監視が強化される可能性があるため、当該業界の企業は、自社の業務、コンプライアンス、リスク管理戦略を適応させる必要があると思われます。

さらに、この法案は大きな税務上の影響も伴います。英国法律委員会の報告書は、暗号資産に関する自己申告書の修正について言及しています。これにより、2025-26会計年度以降、英国市民や企業は、新たにデジタル資産の申告を求められることになります。英国財務省は、この新しい税目からの予想収益については、具体的な数字を提示していません。この動向によって、デジタル資産を扱う個人や企業は、財務報告や税務計画戦略を変更する必要があるかもしれません。

一方、この法案が可決されることによって、暗号通貨セクターの重要な目標の一つである新技術やビジネスモデルの開発に適したエコシステムが構築されることが予想されます。これにより、こうした資産の存在と英国経済への貢献のみでなく、そのユニークな性質も認識されるでしょう。さらに、暗号通貨やその他のデジタル資産を規制する法律の公正な適用を確保する司法諮問委員会の設置も提案されています。

新たな規則への理解が深まり公平な競争の場が保証されることで、投資リスクが軽減され、投資家の信頼が向上し、さらに、デジタル資産を基盤とするプロジェクトへの資金調達が促進されるでしょう。ベンチャーキャピタルのみでなく、従来の銀行、企業パートナー、政府機関も、共同開発や ジョイントベンチャーに関心を寄せ、ブロックチェーンの成熟を促進するベンチマークが確立されるでしょう。

米国は追随すべきか?

2022年、米国はデジタル資産取引がもたらすユニークな特性と課題に対処するための措置を講じました。米国の商取引に関する包括的な法律である統一商事法典(UCC)は、統一法委員会(ULC)と米国法律協会(ALI)の合同委員会によって改正されました。この改正により、暗号通貨は電子マネーのカテゴリーから除外され、「コントローラブル・エレクトロニック・レコード(CER:管理可能な電子記録)」という概念が導入されました。

CERは 「電子媒体に保存された記録 」と定義されています。この広範な定義は、既存のブロックチェーンに裏付けられている資産だけでなく、次世代のデジタル資産も包括的に対象としています。これには、暗号資産やNFTなども含まれ、現代経済におけるデジタル資産の多様な性質が認識されています。統一商事法典にこのような改正があった背景には、ワイオミング州、ケンタッキー州、アイダホ州、テネシー州などの複数の州が、デジタル資産における権利を定義し、規制するための法令を可決したことがあります。州法の違いがあるものの、ほとんどの州議会は、それぞれのタイムラインで、統一商事法典の改正案を採用する見通しです。

こうした動きを考慮すると、米国がデジタル資産に別のカテゴリーを導入する必要はないのではないかという意見もあります。そうした措置は、デジタル経済の成長を促すどころか、むしろ阻害する可能性があると主張するものです。既存の法体系は、デジタル資産に対応するのに十分な柔軟性を実証してきたという考え方が広く浸透しています。裁判所は数年にわたり、「価値のあるデジタル資産」に所有権を付与することに成功し、多くのデジタル資産関連分野で一定の確実性を確立しました。いまだグレーな領域や不確実な側面は存在するものの、これらは非常に複雑で微妙な問題であり、効果的な解決には特定の専門知識が必要です。米国議会がデジタル資産に新カテゴリーを導入することを決議した場合、限定的な法改正のみを実施することが望ましいという見方が有力です。これは、法的環境を大幅に混乱させることなく、コモンローが不足しうるギャップを埋めるように設計されるべきという見解です。

十分な情報に基づいた意思決定を確保するため、業界の専門家からなるパネルを設置することも賢明かもしれません。このパネルは、拘束力のないガイダンスを提供し、デジタル資産規制の複雑さを克服するのに役立つでしょう。このような専門家主導のアプローチは、明確な規制の必要性と、デジタル経済のイノベーションを促進する重要性とのバランスをとるのに役立つ可能性があります。

結論

進化し続けるデジタル資産の状況を踏まえ、世界各国は法規制の枠組みを見直す必要に迫られています。「デジタル・オブジェクト」の分類を導入するという英国法律委員会の提案は、デジタル資産の独自の特性を認識し、それらを組み込むために法律を適応させる点で重要な一歩となります。

英国とは対照的に、米国では、デジタル資産に関する包括的な規制と執行の枠組みがまだ確立されていません。したがって、現時点では、米国のデジタル資産市場に参加するには、証券、商品、その他を問わず、関連する取引の規制状況を慎重に検討する必要があります。この課題は、国際的な規制措置の乖離によってさらに複雑化しており、デジタル資産を取り巻く複数法域の取引を慎重に分析することが求められています。

デジタル経済を強化するために、米国は暗号通貨とデジタル資産に関する強固な規制を必要としています。解決策の一つは、英国の取り組みを模倣し、限定的な法改正によってデジタル資産に独立したカテゴリーを導入することかもしれません。すでにいくつかの州がこれらの資産の法的地位について議論していることからも、このような取り組みによって、米国はデジタル資産のハブとして国を位置づけることができるかもしれません。

デジタル資産をめぐる法整備が進む中、関係者は、常に情報を入手し、それに応じて戦略を適応させる必要があります。そうすることで、このダイナミックで複雑な市場におけるコンプライアンスと業務の最適化を確保することができます。Web3テクノロジーは複雑で常に進化していることから、法的リスクが生じる可能性があります。経験豊富なWeb3専門弁護士は、このようなリスクを特定し、軽減する戦略を考案することで、クライアントの利益を保護し、規制へのコンプライアンスを確保することができます。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

Utah LLD

ユタ州、DAOに法人格・法的主体性の地位を付与

1000 648 Amy Sanderson

2023年3月1日にユタ州議会はDAO(分散型自律組織)法を可決し、DAOに法人としての前例のない地位を承認し、DAOの規制競争において主導権を握りました。2024年1月1日に施行されるこの法律は、DAOを法的主体として認め、これらの組織に有限責任の保護を提供するものです。正式にはHB 357として知られるこの画期的な法律は、基本的にDAOに、従来の米国企業が享受していたものと同様の、そのメンバーとは別個の法人格を付与するものです。DAOは、契約締結、資産の取得、収益を生むサービスの提供など、法人と同じ目的で設立されることが多いため、こうした責任保護をDAOに拡大することは論理的な帰結だと言えます。

一般的な法人とDAOとの間には、主に二つの違いがあります。第一に、DAOは法人規約ではなく、ブロックチェーン上にコード化されたルールに基づいて組織され、自動的に管理されます。第二に、DAOは中央集権的なリーダーのいないフラットな 階層構造で統治されるよう設計され、DAOの全メンバーが運営・管理方法について投票する仕組みとなっています。ブロックチェーンのコードは透明性が高く、スマートコントラクトはDAOメンバーによって作成され、提案され、投票されます。スマートコントラクトはメンバーによって投票されると、自動的に実行されます。

この法律が施行されたことにより、ユタ州は急成長する暗号通貨とブロックチェーン業界の最前線に立つことになります。DAOを合法的な事業体として認めることで、この業界における革新と成長の可能性が広がることになります。また、これまでは法的に曖昧な状態で運営されていたDAOの組織に、法的安定性を提供することにもなります。

ユタ州の利益とDAOの使命を推進

ユタ州DAO法は、特に分散型金融(DeFi)分野におけるDAOとその適用への関心の高まりを受け、議会、州知事、主要関係者がDAOとトークン保有者に対する明確な基準と保護の必要性を議論して制定された、画期的な法律です。DAOの運営に必要な法的安定性を確保することにより、詐欺の危険性を減らし、DAO参加者に安全な環境を提供することができます。また、ユタ州では、デジタル起業の基準を設定する動きもあります。ユタ州は、DAOのイノベーションを活用することによって、革新的なビジネスや投資を誘致し、金融のハブとしての評判をさらに高めることになるでしょう。仮想通貨事業や仮想通貨のマイナーの誘致に熱心な他の州も、ユタ州の最近の立法措置を手本にする可能性があります。

どんな新しい法律でも、テクノロジーの進化や投資家保護の必要性に応じて、改正が必要になる可能性がありますが、現時点では、ユタ州は、ワイオミング州やテネシー州などの先駆的な州とともに、ブロックチェーンに関する領域で新たな道を切り開き、業界が切望していた法的安定性を提供し、DAOメンバーに確固とした法的保護を提供しています。この法律は、世界中のベストプラクティスが現地の状況や業界のニーズに適応した際に、何を達成できるかを実証するものと言えるでしょう。

DAOの法的地位の確立

従前、DAOは法人として認められておらず、それがDAOの運営や既存の組織との関係に大きな曖昧さをもたらす要因となっていました。DAOは、運営上、または他団体との契約を結ぶために、DAOのガバナンス構造上は不適切であるにもかかわらず、LLCや法人格のない非営利団体といった「法的な覆い」を選択する必要がありました。さらに、2023年3月、カリフォルニア州の連邦裁判所は、DAOをジェネラル・パートナーシップとみなすことができると判断しました(Sarcuni v. bZx DAO)。これは、DAOの法的・財政的問題に対してメンバーが個人的責任を問われるリスクがあることを意味するため、DAOにとっては大きな問題となっていました。しかしながら、今回ユタ州が、DAOをLLD(有限責任分散型自律組織)として登録することを許可したため、メンバーではなくDAO自体が訴訟の当事者となり、運営に必要または有益な措置を実行する能力が確保されたことを意味します。また、DAOがその資産を通じて債務を履行でき、合法的な目的のために設立され、持続的な事業として扱われることも意味します。

新法の下では、DAOでガバナンス権限を与えられた者は誰でも、有限責任分散型自律組織(LLD)の「メンバー」とみなされます。この認定は、プライバシーの維持と法的責任を最小化するために極めて重要です。こうした保護は、ガバナンス権を持つトークンを非自発的に受け取った個人には(オン・チェーンまたはオフ・チェーンでの活動を通じてその権利を行使することを選択しない限り)及びませんが、こうした非管理参加者は、次の章で説明するように、他の保護を受けることができます。

ユタ州のLLDとして認定されるためには、DAOはさまざまな技術等に関する要件を満たさなければなりません。こうした要件には、DAOが自由参加型のブロックチェーン上に配備されていること、トランザクションの審査とモニタリングのために固有のパブリック・アドレスを持っていること、そのソフトウェア・コードが審査のために一般公開されていることが含まれます。また、DAOのコードは品質保証を受けなければならず、スマートコントラクトはキーコンポーネントの値を読み取り、それらから発信およびそれらに向けられるすべてのトランザクションを監視することができる、グラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)を介してアクセスできなければなりません。さらに、LLDは個人がDAOの登録代理人にコンタクトし、法的に認められたサービスを提供することが可能な、公に規定されたコミュニケーションメカニズムを持たなければなりません。LLDはまた、裁判外紛争解決を通じて第三者との紛争を解決できるような、拘束力のある紛争解決メカニズムを記述または提供する必要があります。

イノベーションと説明責任

ユタ州DAO法は、DAOの本来の利点を実現するために必要な柔軟性をDAOに付与するとともに、政府には、財務報告や消費者保護の面で必要とされる保証を提供しています。

  • 有限責任 – LLDに付与された有限責任という地位は、DAOの創設者やトークン保有者の個人資産が事業の負債から保護されることを保証するものです。合同会社(LLC)や株式会社と同様に、LLDのメンバーは事業の行為に対して個人的に責任を負うことはありません。つまり、メンバーの財務責任の範囲は、DAOへのオンチェーンでの貢献に限定されます。言い換えれば、DAOが何らかの債務を負ったり、資産が尽きても、メンバーは個人的に超過債務を負担する責任を負うことはありません。メンバーは、個人資産をリスクにさらすことなくDAOに参加できることで、経済的な安心感を得ることができます。

    さらに、この法律は、DAOメンバーの不正行為や過失に対して、他のメンバーが責任を負わないよう保護します。これは、通常、メンバーの合意によって行動が制限され、個々のメンバーが他のメンバーの行動をコントロールできない場合があるDAOの仕組みにおいて、極めて重要です。

    しかし、これらの保護は絶対的なものではありません。もしDAOが強制力のある判決、命令、または裁定に遵守しない場合、遵守に反対票を投じたメンバーは、金銭支払いの義務を負う可能性があります。この責任は、DAOにおけるメンバーのガバナンス権の割合に比例します。さらに、この法律の有限責任による保護は、メンバー自身の不正行為や過失による個人的責任をカバーするものではありません。

  • 匿名性 – この法律の規定により、DAOの創設者とトークン保有者がプライバシーを保ちながらも、法の枠組みの中で活動できるようになることは、DAOに適した環境を築くための重要な一歩です。また、DAOの登記者は自らの情報を州に公開する必要がありますが、創設者の身元は、情報が公開される前に伏せられます。さらに、DAOの付属定款を提出する際、少なくとも1人の創設者の氏名を記載しなければなりませんが、その個人は、ユタ州の居住者である必要も、また、米国市民である必要もありません。これらの規定により、DAOの創設者や運営者は匿名性を保ちつつ、政府に対しては事業体に関する重要な情報を提供することが可能となります。

    匿名性を重視する同法の規定は、その有限責任保護と密接な関連性を有しています。つまり、メンバーの匿名性を維持することによって、メンバーが正当か否かにかかわらず、訴訟に巻き込まれる可能性が低くなるということです。

    最近の判例が示すように、DAOメンバーの匿名性を維持することは、実用的かつ財政的なメリットがあります。CFTC v. Ooki DAOおよびSarcuni v. bZx DAOのようなケースでは、DAOとそのメンバーがDAOの活動に起因する訴訟リスクに直面する可能性があることを示しています。これらの判例は、DAOが州法上、そのステークホルダーの非法人団体として訴えられる可能性があること、また、過失に基づく請求がDAO自体だけでなく、ゼネラル・パートナーシップのメンバーであると主張された場合には、そのトークン保有者に対しても行われる可能性があることを浮き彫りにしました。

  • 課税 – DAO法によって、米国内で運営されるDAOの納税義務の処理方法が根本的に変わることになります。この法律が成立する以前は、たとえば、未登録のDAOは、米国のプログラマーにコード開発の報酬を支払った場合、給与所得税の申告を提出し、場合によっては収益の一部を米国に配分する必要がありました。これは、米国内で行われる事業と所得が実質的に関連している場合、その事業体が米国内で法的に組織されているか否かにかかわらず、税務申告を行う必要があるという規定によるものです。

    ユタ州DAO法は、この問題に対処するために、DAOが法的主体として正式に組織化できるようにしています。つまり、DAOは米国の納税者番号を取得し、税務申告を行うことができるようになり、米国内での合法的な運営が可能となるのです。この動きは、多額の税負担を回避することにもつながり、DAOの財政的持続可能性を確保する上で不可欠な要素となっています。

    同法はDAOに、従来のLLCの選択肢と同様に、事業計画に最適な事業体の形態を選択できる柔軟性を提供します。LLCと同様に、DAOもが税務処理を選択できるようになったことにより、DAOは、特定の運用ニーズと財務目標に基づき、戦略的に納税義務を管理することができるようになります。

    「基本的に、この法案はDAOが無制限の税負担を負うことなく、州に歳入をもたらす方法を提供するものです。」と、この法案の共同起草者であるトレバー・リー(Trevor Lee)ユタ州下院議員は説明しています。したがって、この画期的な法律は、DAOに法的承認と税務管理の柔軟性を提供するだけでなく、州にとってもさらなる歳入を生み出すというメリットがあります。

他の管轄区域への影響

ユタ州の積極的な動きにより、同州はWeb3開発において競争力のある場所として位置付けられ、その評判は、多くの企業がデラウェアを法人設立州として選択するものに匹敵するものとなりました。議員やタスクフォースメンバーは、この法律が米国内のDAOだけでなく、海外からのDAOも誘致できることを期待しています。

ユタ州DAO法が連邦法への道を開くかもしれないという楽観的見方もあります。なぜなら、多くの場合、州レベルで似たような法律が複数の州で制定された後、連邦法が成立されるからです。このような流れは、法規制の明確化を求める業界と、一定の法的保護を求める消費者DAOメンバーに利益をもたらすことになるかもしれません。

しかし、州法が乱立することで、DAO規制へのアプローチが分散化するリスクも抱えています。さらに、マーシャル諸島のようなオフショア地域は、DAOが簡便に設立できる環境が整っているため、米国はこうした地域との競争に直面しています。これらの地域は、DAOに対してLLCと同等の有限責任の保護を提供するのみでなく、さらにはDAOおよびそのメンバーの資産にまで適用しています。

一部の国際的なDAOはこのような動きに熱意を示しているものの、規制の不確実性や米国の証券取引法に起因する潜在的な法的影響への懸念によって、その熱意が抑制されているのも事実です。実際、多くのDAOはこの不確実性を懸念し、米国外で事業を行っています。また、アメリカ国内外を問わず、ユタ州DAO法が透明性を推進する連邦法と矛盾するのではないかと懸念する声もあります。例えば、企業透明性法(CTA: Corporate Transparency Act)では、報告企業は受益所有者を特定する報告書の提出を義務づけています。金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は、免除が適用されない限り、報告企業は各受益者の詳細な個人情報を提供しなければならないと規定しています。LLDのメンバーやDAOのトークン保有者が、CTAとFinCEN報告規則の条項の下で「受益者」とみなされるかどうかは未だ不明です。したがって、DAO法の将来は、匿名性の維持、コンプライアンスの確保、透明性の推進のバランスを取ることにかかっているでしょう。

結論

ユタ州DAO法は、DAOをより安全で認識される法的枠組みに統合するための大きな前進だと言えます。この動きは革新的であるだけでなく、他のDAO推進管轄区域が行なっている取り組みとも異なるものです。同法は、ユタ州のDAOを認識可能な法人として登録できるようにするとともに、そのメンバーに、企業の株主やLLCメンバーのような有限責任を認める規定であることから、極めて重要な進展だと言えるでしょう。

これらの措置により、特にスマートコントラクト、分散型金融などに関連する分野で、新たなイノベーションの道が開かれました。ブロックチェーントークンを使用して、高い流動性を持ち、交渉可能なメンバー登録を維持することは、この法律の先見的アプローチを更に強調しています。

しかし、潜在的な課題がないわけではありません。有限責任DAOのメンバーシップの匿名性に関する規制は、事業体の所有権について、透明性が求められる現代において、様々なハードルに直面する可能性があります。DAOのメンバーシップとガバナンスを決定する上で主な役割を果たすブロックチェーン・トークン固有の匿名性または仮名性は、これらの法的要件に適合するのでしょうか?

こうした問題がどのように解決されるかは不明ですが、ユタ州DAO法はブロックチェーンのイノベーションと伝統的な法的構造を調和させる大胆な試みであることは明らかです。世界がユタ州LLDのような事業体を受け入れる準備が整っているかに関わらず、州によるこのような先駆的な取り組みは、DAOや類似の事業体の将来の展望を形作ることになりそうです。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

リップル効果: 米国証券取引委員会、敗訴後の暗号通貨規制

1000 648 David Hoppe

2023年7月13日の画期的な判決で、ニューヨーク南部地区連邦地方裁判所は、リップル社(Ripple Labs Inc.)がそのXRPトークンを公的な取引所で販売したことは連邦証券法に違反しないと判断しました。この判決は暗号通貨業界にとって重要な勝利であり、デジタル資産企業や クリプト通貨愛好家から広く称賛を浴びました。この判決は、暗号通貨が米国内でどのように規制され、分類されるかのリトマス試験紙とみなされており、今後の裁判の先例となる可能性があります。規制当局の期待がより明確になることから、暗号通貨やNFTを扱う企業にとっての法的障害が軽減されるかもしれません。デジタル・ファイナンスの変革期を乗り切るには、法的状況を理解することが極めて重要になると言えるでしょう。

本稿では、今回の判決の複雑な内容を掘り下げ、現在の意義や将来への潜在的な影響を考察します。また、この判決が米証券取引委員会(SEC)の今後の動向に与える影響や、急速に発展している暗号通貨やNFT(非代替性トークン)の分野で事業を展開する企業への潜在的な波及効果についても検証します。

背景と判決

暗号通貨業界の大手企業であるリップル社は、「SEC v. Ripple」という高額な法廷闘争に巻き込まれました。この訴訟は同社とその幹部2名が、XRPトークンや他のデジタル資産・暗号通貨を販売したことで、未登録の証券を販売した罪に問われるというものです。米証券取引委員会は、リップル社がこれらの販売を通じて13億ドル以上の資金を調達しながらも、証券として遵守すべき情報開示や登録要件を満たしていなかったと主張しています。

もちろん、リップル社は、XRPは証券ではなくデジタル資産であり、したがってその厳格な規制と監視の対象ではないと主張しています。

アナリサ・トレース連邦地裁判事は、XRPトークン自体は、特定の資産が証券に該当するかどうかを判断するためのHoweyテストで定義される「投資契約」に該当しないと判断しました。トーレス判事は、米証券取引委員会の申し立てに一部同意したことから、今回の判決はリップル社にとって完全な勝利とは言えませんが、これはリップル社だけでなく、より広範なデジタル資産業界にとって大きな意味を持ちます。米証券取引委員会は長らく、ほぼすべてのトークンは投資契約証券に該当するという立場を取ってきました。しかし今回、裁判所はこの過度に広範な解釈を否定し、代わりに問題となっている各取引の状況を総合的に評価しました。

トーレス判事は、XRP取引の4つのカテゴリーのうち3つは有価証券とは関係ないと判断しました。そのため、リップル社と他の被告はこれらの取引について連邦証券法上の責任は問われないとの判決を下しました。

米証券取引委員会は、リップル社が 「公正な通知 」を欠いたという理由で、デュー・プロセスの異議申し立てを退けるなど、一部主張が認められたたものの、判決の大部分はリップル社に有利なものでした。この判決は、業界が長い間求めていた規制の明確化を提供するものですが、同時に、デジタル資産を規制することの複雑さと、こうしたユニークな特性を持つ資産のための明確で適切なガイドラインの必要性を強調しています。法的環境が進化し続ける中、暗号通貨やNFTを扱う企業は、潜在的な法規制の課題をうまくナビゲートするために、常に動向を把握する必要があるでしょう。

新興テック企業への影響

前述の通り、今回の判決は暗号通貨業界のパワーバランスに変化をもたらすものですが、決して万能の解決策とは言えません。この事例は、暗号資産を取り巻く規制上のすべての問題を明確にするものではなく、むしろ長い間解決されていない不確実性を浮かび上がらせたとも言えます。

判決後の暗号通貨業界の歓喜は、もしかすると時期尚早かもしれません。一部の専門家は、この判決には、より広範な影響を抑制しうる要素があることから、判決の影響は当初考えられていたよりも限定的なものになるかもしれない、と指摘しています。結局のところ、裁判所は米証券取引委員会の主張の一部を認めたため、同委員会はバイナンスやコインベース、その他の暗号通貨ビジネスに対する訴訟を追求する際、こうした側面に焦点を当てる可能性があるでしょう。

実際、法廷闘争はまだ終わってはいません。米証券取引委員会にはまだいくつかの法的選択肢があり、最終的な解決には数ヶ月から数年かかるかもしれません。業界は法的な環境が進化し続ける中、警戒を怠ることなく、注意を払う必要があります。

さらに、連邦地裁の判決は、第2巡回区連邦控訴裁判所、さらにはニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所や全米の連邦裁判所には拘束力を持ちません。同様の訴訟でまったく異なる結論が下される可能性もあり、それが規制上の不確実性を増大させることになるかもしれません。

最後に、トーレス判事はXRPや他のトークンの二次市場での販売にまで見解を及ぼすことを明確に拒否しました。したがって、これらの取引の法的地位については、未解決で不明瞭な部分が残されています。

こうした問題はあるものの、今回の判決は暗号通貨を扱う新興テック企業にとっては明らかな勝利と言っていいでしょう。

「リップル社の判決は暗号通貨業界の勝利以外の何物でもない」と元米証券取引委員会職員クリスチャン・シュルツ(Christian Schultz )氏はCoinDeskに語っています。「XRPは証券ではなく、同社と同社幹部によるXRPの二次市場での取引は、証券取引法に違反するものではありません。」

米国証券取引委員会の選択肢

もし米証券取引委員会の控訴を免れれば、この判決は暗号通貨の分類と規制に関する先例となり、米国証券法によるコンプライアンスの負担が軽減されるかもしれません。米証券取引委員会は、最終判決が出る前であっても、中間上訴(interlocutory appeal)を行う可能性が高いでしょう。判決は最終的でないため、これが施行されるためにはトーレス判事と第2巡回区裁判所双方の承認が必要となり、以下の3点が実証されなければなりません:

  1. この事例が法律上の論点にかかっていること
  2. この事例が意見や解釈を大きく異にする可能性をはらんでいること
  3. 再検討することで、根本的な問題や訴訟への理解が深まる可能性があ

米証券取引委員会はまた、訴状に名前が挙がっているリップル社の幹部であるクリス・ラーセン(Chris Larsen )氏とブラッド・ガーリンハウス(Brad Garlinghouse)氏に対して共謀・教唆の告発を行い、現行訴訟の判決が正式に下された後に通常の控訴を行うことも検討できます。米証券取引委員会はリップル社幹部に対する請求を取り下げ、正式判決と即時上訴への道を開く可能性もあります。最後に、最も可能性の低い選択肢は、米証券取引委員会が損切りをし、リップル社や他の被告と和解することでしょう。

結論

この裁判のリップル効果によって、新興テック企業にとって極めて重要な判例が設定される可能性があります。これは、多くの差し迫った法的問題、特に新興テック企業が米国証券法の登録・開示要件を遵守する義務があるか否かについて、切望されていた明確性を提供するものです。これが明確になったことで、デジタル資産や暗号通貨分野での技術革新や市場活動が活発化されることが期待されます。しかし、このリップル効果の可能性は、最終評決の内容にかかっています。もし判決があまりに保守的な方向に傾けば、暗号通貨やデジタル資産業界のさらなるイノベーションを阻害し、早期停滞につながる恐れがあります。

この事例は、暗号通貨業界における複雑かつ急進展する規制状況を浮き彫りにしています。そのため、この分野で事業を展開する企業は、専門家の法的助言を求めることが極めて重要です。ブロックチェーンや暗号通貨法を専門とするWeb3弁護士に相談することで、デジタル資産関連の法的課題や潜在的リスクについて重要な見解を得ることができます。また、Web3弁護士は複雑な規制をナビゲートし、イノベーションと成長の機会を活用しながらコンプライアンスを確保するサポートを提供します。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

偉大なる頭脳の強奪: Web3における 知的財産権

1000 648 Amy Sanderson

知的財産権(IPR)は、急速に進化するWeb3環境において、世界のデジタル変革の中核をなす創造性、イノベーション、芸術的表現を保護するという重要な役割を担っています。知的財産権には、特許、商標、著作権、企業秘密など、さまざまな法的保護が含まれており、個人や企業が知的創造物から利益を得られるように設計されています。

書籍や音楽からソフトウェアやデジタル技術に至るまで、さまざまな創作物やイノベーションを網羅するように、知的財産権の範囲が拡大されました。Web3の台頭に伴い、知的財産権の重要性はますます高まっているのです。デジタル市場は、創造的な作品、ソフトウェア、次世代技術の保護に関する新たな曖昧さを生み出しました。今日、知的財産権は、デジタル経済が活気に満ちた革新的な産業であり続け、個人や企業が知的創造物によって繁栄し、利益を得ることができるようにするために重要な役割を担っています。

eコマースにおける知的財産権

知的財産権は、ブランド所有者の利益を保護し、その知的財産を悪用から守るため、eコマースにおいて重要な役割を果たしています。しかし、分散型デジタル経済は、知的財産権にいくつかの課題を提起しています。これらの課題に対処することで、ブランド所有者の権利と消費者の利益を保護する必要があります。

様々なオンラインマーケットプレイスで入手可能な偽造品の急増は、依然としてeコマースサイトの悩みの種となっています。偽造品は、ブランド所有者の評判を傷つけるだけでなく、消費者の健康や安全に対するリスクももたらします。この課題に対応するため、多くの国で、オンラインでの偽造品販売の防止を目的とした法規制が導入されています。例えば、欧州連合は知的財産権を侵害する商品の欧州連合への持ち込み防止に関する規則を導入し、オンラインマーケットプレイスに対して偽造品の販売を防止するための措置を講じることを求めています。

メタバースは、個人が互いに交流し、商業活動に参加できるデジタル領域です。この新しい環境では、仮想商品、サービス、体験を保護するための知的財産権が必要です。これらの資産には、仮想通貨、デジタル収集品、ゲーム内アイテムなどが含まれますが、近年ではますます価値が高まり、取引されるようになってきています。デジタル市場は新規性が高く、技術革新のペースが速いため、ブランドや規制当局は、こうした空間で知的財産権を執行する上で困難に直面することがあります。今日の商業活動はグローバルに展開されており、特にデジタル商品が関与している場合には、知的財産権を侵害する違反者を特定し、訴追することは困難な場合もあるからです。さらに、急速な技術の進歩はしばしば法規制の整備を上回るため、規制当局や執行機関が追いつくのが困難な状況です。

もう一つの懸念事項は、知的財産権と表現の自由との相克です。インターネットの普及により、個人は自分の意見やアイデアを世界中の人々と共有することができるようになりました。しかし、場合によっては、その意見やアイデアが他者の知的財産権を侵害する可能性があります。このような知的財産権と表現の自由の対立は、しばしば法的紛争を引き起こし、規制当局にとっては、表現の自由という人権と、創造的な成果物を侵害から保護する必要性のバランスをとるという難しい状況を生み出しています。

ソフトウェアとデジタル技術の保護

テクノロジーの応用、創造的な表現、問題解決への革新的なアプローチが、私たちを新たなデジタルパラダイムへと導く中、知的財産は、企業や政府が依存する資源である「新たな石油」となりつつあります。このような資産を法的手段で保護することは重要ですが、常に変化し続ける業界の性質を考慮すると、困難な課題です。この問題に対処するため、一部の国では、ソフトウェア企業や新興技術企業に、専門的な指導やサポートを提供する知的財産権専門機関を設立しています。これらの機関は、企業が特許や商標の資格を得るための複雑なプロセスをナビゲートし、製品やサービスが必要な保護を受けられるように支援します。

デジタル経済における知的財産権は、情報や文書のデジタル盗用を目的とした様々な手法や製品に対して、営業秘密を保護する必要があります。営業秘密は、多くの場合、企業に優位性をもたらすビジネス上の機密情報です。しかし、デジタル経済においては、営業秘密は、サイバー攻撃やデータ侵害によって盗まれるリスクにさらされています。したがって、企業は、秘密保持契約、暗号化、その他のセキュリティ対策を含む、営業秘密を保護するための適切な措置を講じる必要があります。営業秘密の保護を怠ると、市場シェアの低下、収益の減少、ブランドの評判への損害など、企業に大きな損失を与える危険性があります。

さらに、著作権侵害の問題は、デジタル経済における知的財産権にとって重大な課題となっています。オンラインプラットフォームや共有ネットワークの普及により、個人が著作物を共有・配布することが容易にできるようになりました。その結果、音楽・映画業界中心に、多くの著作権侵害訴訟が発生しています。オンライン上で著作物が広く無許可で共有されることは、コンテンツ制作者の収入源や知的財産権の保護に大きな脅威を与えています。多くの国では、デジタル環境における著作物を保護する著作権法が施行されており、企業は法的な問題を回避するために、これらの法律を確実に遵守する必要があります。

知的財産権保護に関するガバナンスの役割

知的財産権の保護において、政府は重要な役割を担っています。政府は、具体的かつ説得力のある法規制を整備・更新することで、知的財産権の保護を支援することができます。また、知的財産権に関する教育や啓発を推進し、創造的な作品や発明の開発・商業化を目指す企業や個人を支援する環境を作り出すことで、イノベーションを促進することができます。そして、企業や個人は、専門家の指導を受け、特許、商標、著作権、秘密保持契約などの保護策を使用し、知的財産権やデジタル経済の最新動向について情報を得るなどして、自らの知的財産権を保護することができます。政府は、個人や企業が知的創造物によって繁栄し、活気に満ちたイノベーション産業を維持するために、デジタル経済における知的財産権の保護を確保する必要があります。

デジタル時代における創造性、イノベーション、芸術的表現の保護

既存の知的財産権の枠組みを更新し、偽造品や デジタル資産の不正使用から守る規制を導入することで、デジタル時代の創造性、イノベーション、芸術表現を確実に保護することが可能になります。

デジタル領域や 最先端技術に特化した弁護士は、企業が様々な保護策を採用し、デジタル知的財産権の保護に関する法規制を遵守できるよう支援します。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

 

 

香港の暗号資産リテール法は米国企業を誘致できるか?

1000 648 David Hoppe

先日、香港が暗号資産のリテール取引を合法化すると発表しましたが、米国の暗号資産企業はアジアでのビジネス展開にどのように取り組むべきでしょうか。

香港の新しい政策により、リテール投資家が暗号通貨・資産上場ファンドを取引できるようになります。これは、国際的なフィンテック・ハブとしての香港の地位を再構築する目的で行われたものです。ブロックチェーン分析を専門とするChainalysisが行った調査では、香港の暗号資産導入に関する世界ランキングは、2021年の39位から2022年には46位にまで低下しました。さらに、香港のデジタルトークンの取引量は、2022年5月までの1年間に10%足らずの伸びにとどまりました。

2018年まで、香港の開放的な評判にひかれて、BinanceやFTXなどの大手取引所は香港に本拠地を構えました。しかし同年、香港は暗号資産プラットフォームを少なくとも800万香港ドル(100万米ドル強)のポートフォリオを持つクライアントに制限する自主的なライセンスプログラムを導入しました。このため、いくつかのクリプト・プラットフォームは、香港はもはや暗号通貨に優しい法域ではないと危惧するようになりました。BinanceとFTXはよりクリプト・フレンドリーなシンガポールに移転するなど、香港への暗号資産プラットフォームの参入は激減しました。この年、香港でライセンスを取得したのはBC GroupとHashKeyの2社だけでした。それ以来、世界のフィンテック・ハブとしての香港の評判は下降線をたどっています。

米国や他の欧米暗号資産関連企業にとって根本的な問題は、香港のセクターが灰塵から立ち上がることができるのか、もしそうできれば、アジアで足場を固める機会を提供できるのか、ということです。

おそらく、そうとは言えないでしょう。

香港が、アメリカの新興テクノロジー企業にとって暗号資産のホットスポットとしてかつての栄光を取り戻す可能性は低いと思われます。

香港のライセンス義務付け制度は依然として非常に限定的

新しい仮想資産サービスプロバイダー(VASP)体制(202331日施行)では、香港の証券または先物契約の法定定義に該当する仮想資産(VA)は、証券先物委員会(SFC)が認可した仲介者が運営する暗号通貨取引所でのみ取引できます。仮想資産を配布、販売、仲介、または助言する仲介者は、ライセンスを取得し、SFCの規制を遵守する必要があります。さらに、当面はライセンスを持つVASPのみがプロの投資家にサービスを提供することが許可されます。こういった制限により、香港の人々は懐疑的な見解を示し、ライセンス制度は取引の円滑化にはほとんど役立たないと予想しています。一般的な見方としては、消費者や小規模投資家がリテールユーザーと直接取引できるようになったとしても、その機会は海外のプラットフォームほど魅力的ではなく、競争力もないだろうというものです。要約すると、公認またはライセンス供与されたVASPになるための法的要件はまだかなり厳しく、多くの米国の暗号資産企業がこのような厳格なライセンス規制を適用するかは明確ではありません。

より有利な管轄区域

アジア市場への参入を検討している欧米企業にとって、香港以外の管轄区域の方がよりより好ましく映るかもしれません。特にシンガポールは、安定した経済と友好的なビジネス環境の恩恵により、暗号資産ビジネスにとって非常に有利な拠点となっています。シンガポールにはキャピタルゲイン税がなく、クリプト・フレンドリーと評価される政策を着実に採用しています。例えば、2022年1月、シンガポール金融管理局(MAS)は、ビルボードや暗号通貨ATMでのデジタル資産を売り込む過度な広告を制限する消費者保護法を施行しました。香港の新体制が、アジアにおける暗号通貨の導入と投資をリードするほど強固なものである可能性は低いでしょう。

日本も、金融庁の暗号資産ビジネスライセンスの取得が香港よりはるかに簡単であるため、アジアに進出する米国暗号資産企業にとって、より快適な環境となるかもしれません。これらのアジアの法域に加えて、英領ヴァージン諸島、スイス、セーシェルなどは、暗号通貨やデジタル資産ビジネスに対して寛容で受容的な国々です。        

日本も、金融庁の暗号資産ビジネスライセンスの取得が香港よりはるかに簡単であるため、アジアに進出する米国暗号資産企業にとって、より快適な環境となるかもしれません。これらのアジアの法域に加えて、英領ヴァージン諸島、スイス、セーシェルなどは、暗号通貨やデジタル資産ビジネスに対して寛容で受容的な国々です。        

結論

こうした選択肢を考慮すると、暗号通貨やデジタル資産ビジネスを呼び込もうとする香港の計画は、「小さすぎて遅すぎる」ケースと言えそうです。中国本土の投資家が香港経由でトークン取引ができるようになるかどうかは、まだ不明です。

アジアでの事業展開を目指す米国の暗号資産関連企業は、香港の新たなクリプト体制がどのように展開されるかを見守るのが得策でしょう。過去には、香港の暗号資産関連法の施行、特に規制要件とライセンス供与に関する問題がありました。現時点では、香港の新体制の恩恵を受けたいと考えている米国のクリプトプレイヤーは、SFCVASPとしての認定を申請しなければならないことは明らかです。香港の法律上、VASPの定義が曖昧であるため、これ自体が大変な作業となる可能性があります。場合によっては、米国企業は日本のライセンス体制がより緩和であると感じるかもしれません。アジアでのビジネス展開を考える場合、新興テクノロジー、暗号通貨、デジタル資産を専門とする法律事務所に相談し、最適な法域を決定することが最善です。米国とアジアの両方に拠点を持つガンマ法律事務所は、最善の方策をアドバイスすることができます。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

FTX投資家、スポーツ選手や著名人に損害賠償を請求

1000 648 Yusuke Hisashi

有名人スポークス・パーソンに対する民事訴訟は実を結ぶか

FTXの崩壊後、暗号通貨取引所の有名人エンドーサーに対する集団訴訟が起こされたことを受け、ステファン・カリーは、バスケットボールコートから連邦地裁に移動することになるかもしれません。カリーのNBA仲間であるユドニス・ハスレム、元スター選手のシャキール・オニール、NFLのトム・ブレイディ(そして元妻でモデルのジゼル・ブンチェン)、トレバー・ローレンス、MLBのスーパースター大谷翔平と殿堂入り選手デビッド・オーティス、テニスで4度のグランドスラム優勝を果たした大坂なおみなどの有名アスリートが、ハリウッドスターのラリー・デビッド、投資家のケビン・オレアリーとともにオールスター被告者リストに名を連ねています。

110億ドルの訴訟では、FTXにお墨付きを与えることで、このポップカルチャーのパンテオンは「(ユーザーや投資家を)誤解させ、そのシステムに誘い込み、会社に投資するよう人々を奨励した」罪があると、主席原告のエドウィン・ギャリソン(Edwin Garrison)氏はFox Newsに語っています。この訴訟では、エンドーサーたちは少なくとも部分的に「原告および集団に与えた何十億ドルもの損害に責任があり、被告への賠償を強要する」ものであるとされています。なぜなら、彼らは「FTXトレーディングとFTX US(総称して「FTX事業体」)が米国居住者にイールドベアリング・アカウント(YBA)の形で未登録証券を提供・販売することを推進し…積極的に参加した」と述べています。

この訴訟の結果は、裁判所がFTX取引所で売買される暗号通貨を米国証券取引法の対象とみなすか否かにかかっていると思われます。ガンマ法律事務所ではこれまでも、暗号通貨NFT、その他のデジタル資産を証券として扱うことの賛否両論を取り上げています。

裁判でエンドーサーたちが法的責任を逃れることができるかどうかは、まったく別問題です。民事裁判は解決まで何年もかかるかもしれませんが、連邦取引委員会(FTC)は、有名人のスポークスパーソンや有償エンドーサーは、その発言が虚偽であったり、彼らの行動が詐欺的であることが証明されれば、公平に扱われることを明確にしています。

「広告主は、エンドースメントによってなされた虚偽または根拠のない発言、あるいは広告主とそのエンドーサーとの間の重要な関係を開示しなかったことに対して責任を負う」のと同様に、FTCの「Guides Concerning the Use of Endorsements and Testimonials in Advertising(広告における推奨及び証言の利用に関する指針)」では、「エンドーサーは、そのエンドースメントの過程での発言に対しても責任を負う場合がある」と指摘しています。

FTCは、明らかにマーケティングやプロモーションのためのメッセージであっても、消費者は有名人や職業によって製品を推奨する主体を認識し、「有名人の発言は単に台本を読んでいるにもかかわらず、彼自身の見解を表していると考えるので、有名人は商品に関する発言の責任を負う」と説明しています。

したがって、証拠によっては、FTXのリストにある有名人は規制当局と揉めることになるかもしれません。ダイエットサプリメントから不動産講座まで、あらゆるものの虚偽の効果や利益を宣伝したために、有名人が罰金を支払い、受け取った又は開示しなかった報酬を没収されることに同意した例はいくつもあります。

しかし、原告はこれらのスターから失った財産を取り戻せる可能性があるの でしょうか。最近話題になったケースでは、キム・カーダシアンが22語のツイートでイーサリアムMaxトークンを宣伝したことで受け取った25万ドル(および利息)の報酬を返金し、更に100万ドルの罰金を支払いました。カーダシアンは調査に全面的に協力し、少なくとも3年間は暗号通貨を宣伝しないことに同意しました。このように不正行為を認めたように見えるものの、彼女とボクシング界の伝説的人物フロイド・メイウェザー・ジュニアによるエンドースメントが、パンプ・アンド・ダンピング方式で釣り上げられたトークンの「高騰価格」を原告に支払わせたとする民事訴訟の責任をカーダシアンは免れたようです。裁判官の仮判決は、原告側の弁護士は「証券取引委員会のように振る舞おうとしているものの、あえてトークンを証券と見なすという選択をしていない」ため、カーダシアンとメイウェザーを免責することを示しています。

このケースは、FTCがエンドーサーを処分するものの、訴えた投資家が損害を回復できない同様のパターンをたどっています。興味深いことに、メイウェザーのイーサリアムマックス事件は、2018年の証券取引委員会(SEC)の調査の一環として、「3年間、デジタルまたはその他のいかなる証券も宣伝しないことに合意」してから3年余り経過しています。その際、メイウェザーと音楽界の大物DJキャレドは、3つのイニシャル・コイン・オファリング (ICO)を宣伝するために受け取った報酬を開示しなかったという容疑で和解しました。そしてSECは、そのうちの1つのICOが「詐欺的で未登録の」トークンであったとして刑事告発を行いました。この会社の社長は有罪を認め、実刑判決を受け、4000万ドル以上の利益と権益を放棄しました。メイウェザーは60万ドル以上、DJキャレドは15万ドル以上の遺棄金、罰金、利息を支払いました。

和解の発表にあたり、SEC執行委員会共同ディレクターのスティーブン・ペイキング(Steven Peikin)氏は、「投資家はソーシャルメディアのプラットフォームに投稿された投資アドバイスに懐疑的であるべきで、有名人の推奨に基づいた意思決定をするべきではありません。ソーシャルメディアのインフルエンサーは、投資の専門家ではなく、有償の宣伝者であることが多く、彼らが宣伝している証券は、従来の証書を用いているか、ブロックチェーン上で発行されたものかにかかわらず、詐欺である可能性があります。」と指摘しました。

DJキャレドもメイウェザーも故意に詐欺に加担したわけではないにもかかわらず、有名人の熱心なエンドースメントに影響されなければ、詐欺的なICOに投資して損をすることはなかったと、原告側は主張しています。

しかしながら、ボクサーと音楽プロデューサーは投資家の訴訟からすぐに棄却されました。民事訴訟の裁判官は、原告が有名人の推奨によって影響を受けたこと、ソーシャルメディアで彼らをフォローしたこと、彼らのツイートやインスタグラムの投稿を見たことさえ証明できなかったと判断したのです。

Nudge, LLCと、同社の不動産投資トレーニングプログラムについて虚偽の主張をしたとされる有名人のスポークスマンに対するFTCの訴訟も、関係者は注視しています。FTCが提出した書類によると、「自称ニューヨークタイムズのベストセラー作家、起業家、投資家」であるディーン・グラジオーシ(Dean Graziosi)と、リアリティTV「Flipping Vegas」のスター、スコット・ヤンシー(Scott Yancey)は、広告で彼らの影響力を使い、「不動産投資で稼ぐための実証済みの方法を教えると偽ったトレーニングセミナーに消費者を誘い込んだ」ことが明らかにされています。

この事件は、たとえ台本を読んでいるだけであっても、スポークスパーソンが虚偽であると知っているか、虚偽であると信じる理由がある発言をした場合には、責任を問われることがあるというFTCの推奨および証言ガイドラインの立場を明確にしたものです。このケースでは、グラジオーシとヤンシーの報酬は、消費者販売に基づく手数料という形で、それぞれ1000万ドル支払われ、その一部は有名人が考案したマーケティングキャンペーンから得られたと、FTCは告発しています。さらに、FTCによると、2人は、誤解を招くような主張に対する多くの苦情を知った後も、不動産コースのエンドースメントを続けたとされています。

FTCのアンドリュー・スミス(Andrew Smith)消費者保護局長は、このエンドーサーを裁判に参加させるという異例の対応を説明し、「彼らはこの計画に貢献し、利益を得ていた」と述べました

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

米国証券取引委員会のBored Apes 調査 – 暗号通貨にとってさらなる悪報

1000 648 David Hoppe

FTX破綻を受けて、規制当局はさらに強気に

FTXの破綻を受けた、暗号通貨およびNFTの業界の混乱が十分ではなかったかのように、米国証券取引委員会(SEC)は、(かつて)人気を博したBored Ape Yacht Club(BAYC)を運営する暗号通貨会社Yuga Labs Inc.に対して、非代替性トークン(NFT)コレクションと暗号通貨に関する調査を続けています。

ブルームバーグによると、この調査は、Yuga社のデジタル資産の一部が株式のように運用されているかどうか、またその結果、公開株式と同様の開示・登録規則が適用されるかどうかを判断するためのものです。調査の焦点となる重要な法的問題は、NFTが完全に、あるいはその一部が正当に有価証券とみなされるかどうかという点です。証券取引委員会は少なくとも3月以降、この問題について思案を重ねてきたと伝えられています。BAYCのネイティブトークンであるApeCoinは、証券取引委員会の調査のニュースが流れた後、その価値が10%以上減少しました。

Yuga Labs社はまだ起訴されておらず、今回の調査は必ずしも証券取引委員会が同社を提訴することを意味しているわけではありません。Yuga Labs社の広報担当者は、同社が捜査に協力していることを保証しています。

Yuga Labsの代表者は、「政策および規制当局が、Web3という革新的な世界についてより多くを学ぼうとしていることはよく知られています」と述べ、「弊社は、他の業界や規制当局と協力し、急成長するエコシステムを定義し、構築することを望んでいます。この業界のリーダーとして、Yuga社は、その過程におけるあらゆる調査に完全に協力することを約束いたします。」と語りました。

証券取引委員会は、具体的にどのような問題を調査しているのか、またそれが他の暗号通貨やプラットフォームにも及んでいるのかについてのコメントは避けましたが、全般的に「すべてのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を注視」していることは認めました。

NFTおよび暗号通貨への影響

複数の法律専門家は、今回の調査はNFT業界に致命的な打撃を与える可能性があると述べています。今回の措置は、明らかに証券取引委員会がデジタルアート市場に対する支配力を強固にし、それを維持するために前例のない措置を取っていると解釈しています。証券取引委員会は、業界を支配するためにさらに強硬になる可能性も秘めています。FTXは、顧客の資金を自社資金と混合し、その資産を姉妹会社の支援のために使用したことで、自社のポリシーと一般に認められたベストプラクティスを破ったと多くの人が考えています。FTXに関しては、より厳しい暗号通貨とNFTの法律と政府の管理を求めて、議会というサメが海域を旋回するような状況になりました。

アーティストでNFT専門家のアルフレッド・スタイナー(Alfred Steiner)氏は、Decryptのインタビューで、証券取引委員会の積極的な姿勢に多くのミンターや業界関係者が感じている不安を要約しています。

「それぞれのデジタル資産がユニークであるNFTコレクションに関しても、規制当局による強制措置の可能性は私が予想以上に大きい」とスタイナー氏は述べました。

同氏は、証券取引委員会がBAYCのような優良なNFTコレクションを標的にしたことに驚いている、と述べています。というのも、流通しているBored Ape NFTのシミアンは、異なるビジュアル特性(例えば、イヤリング、サングラス、背景の色の違いなど)で描かれているため、証券というよりユニークな芸術品のように見えるとスタイナー氏は考えています。

このニュースを聞くまでは、BAYCのようなデジタルリソースの多様性は、規制当局の動きを抑えるのに十分だろうというのが私の印象でした。取引委員会の調査員が、今回のようなことをする兆候は、以前には見られませんでした。」

しかし、ケンタッキー大学法学部のブライアン・ファイア教授をはじめとする他の専門家は、取引委員会の動きは長年懸念されていたことだったと言います。

ファイア教授は、「私は、この2年間、こうなることを予測していました。Yuga Labs社が販売しているNFTコレクションは、機能的にはBored Ape Yacht Clubブランドの将来価値への投資以外の何ものでもないしょう。結局のところ、それがすべてなのです」と述べました。

ファイア教授は、証券取引委員会が有名なNFTブランドを対象に、この分野での規制を開始することは合理的であると考えています。人々がBored Ape BAYCのような一流NFTコレクションを買うのは、個々のNFTの芸術的価値のためではなく、もっぱらその集団的名声のためであり、企業の株式を買うのと変わらないように見えます。人々がBored Apesのような優良なNFTコレクションを信頼するのは、個々のNFTの芸術的価値ではなく、その集団的評判のためだとファイア教授は述べています。

「Bored Ape BAYC シリーズを1つ購入すれば、Bored Ape BAYCのブランド価値が変動し、それによって、NFTの価値も変動します」とファイア教授は主張します。

結論

現在、証券取引委員会はすべてのデジタル資産に対して公式なスタンスをとっていませんが、ゲーリー・ゲンスラー(Gary Gensler)委員長は、暗号通貨は証券であり証券法の適用を受けるべき、と繰り返し述べています。また同委員会は、リップルネットワークのネイティブ暗号通貨であるXRPは証券であると考え、他の通貨もその管轄下に入る可能性があると表明しています。

これは暗号通貨取引所に広範囲な影響を与える可能性があります。証券とみなされる暗号通貨は、規制された取引所で取引されなければなりません。すべての取引所は、マネーロンダリング防止法、顧客に関する規則、登録要件を遵守しなければならず、これには時間と費用がかかる上、この分野のイノベーションを阻害する可能性があります。さらに、証券とみなされるすべてのトークンは、厳格な開示要件に従わなければならない可能性があり、これは事実上、その有用性を妨げることになりかねません。

証券取引委員会の調査は、ICO、NFT、暗号通貨と拡大しており、これらの技術への関与はまだ始まったばかりと言えるかもしれません。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

EU、2023年にグローバルなメタバース規制を開始 米国も追随か?

1000 648 David Hoppe

欧州連合(EU)のメタバース規制のための「Thrive In The Metaverse」イニシアチブは、ヨーロッパを暗号通貨とWeb3の時代に備えることを目的としています。これは欧州の消費者にとってどのような意味があるのでしょうか。また、米国が追随して同様の規制を出す可能性はあるのでしょうか。

背景                

9月に発表された欧州連合のメタバース規制の枠組みは、新しいオンラインの機会やトレンドを検証する欧州のデジタル規制戦略の一環です。欧州委員会のティエリー・ブルトン域内市場担当委員によると、仮想世界や没入型社会的コネクティビティをめぐるハイプは、精査の対象となるとのことです。さらに、欧州委員会は、「公共の場への鍵は、いかなる一人の民間プレーヤーが握ってはならない。」として、メタバース市場における基準を策定し、相互運用性を高める措置を講じると述べました。同委員会は、2023年にメタバース規制を発表することを目標としています。欧州連合のメタバース規制は、主に次の3つのトピックを対象とすることが予想されています。

  1. ネットワークインフラ税

    欧州連合のメタバース規制では、ネットワークプロバイダーに対するネットワークインフラ税が導入される可能性が高いでしょう。ブルトン氏によると、没入型ソフトウェア領域からの利益の一部は、こうした仮想空間をホストするために必要なバックボーンであるネットワークプロバイダーに流れるべきだということです。この規定は、もし導入された場合、議論を呼ぶことになりそうです。

  2. 再起動するデジタル・ルール

    欧州連合のウルズラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長の「Agenda for Europe(欧州のためのアジェンダ)」から判断すると、デジタル市場法(DMA:Digital Markets Act)とデジタルサービス法(DSA:Digital Services Act)に含まれる画期的合意を実現するための新ルールが導入される可能性があります。これらの法律は、デジタル空間をより安全でアクセスしやすいものにする規制において、欧州連合が世界的なリーダーシップを発揮していることを意味します。 

  3. 安全性および相互運用性の対策

    ブルトン氏の発言から、欧州連合は、ユーザー主体の安全性の問題、特にコンテンツモデレーションに関連する規制を実施する構えであることが伺えます。また、相互運用性規格の義務化を通じて、プラットフォームが市場全体に対してオープンで競争力の高い状態を維持できるようにする意向です。

欧州連合は、メタバースとバーチャル・コミュニティに対して、融合的なアプローチを採用することが示唆されています。また、開発やインフラを促進するためのサポート・イニシアチブを提供する一方で、メタバース開発においては積極的な役割を果たすことになるでしょう。このような融合的アプローチは、新しい形態の没入型技術が、フェイスブックが経験したような有害成長を遂げないことを保証するものと思われます。

アメリカのメタバースへの影響

米国では、現在までにメタバースの一律規制については発表されていません。少なくとも短期的には、メタバースにおける「最も信頼できるプレイヤー」が協力し、独自の行動規範およびベストプラクティスを作成する責任を負い、自己規制することが望ましいというのがコンセンサスのようです。長期的には、連邦政府は主要なステークホルダー団体や参加産業の代表者と協議の上、包括的なメタバース規制を発令する可能性があります。 しかしその間、米国規制当局は、複雑かつ断片的なメッセージを発信しています。

  1. メタの人気メタバースアプリケーション買収に関する連邦取引委員会の声明

    メタバースに関する米国の最も直接的な規制の動きは、メタの人気メタバース・アプリケーションの買収を阻止するための連邦取引委員会(FTC)の訴訟です。連邦取引委員会は、バーチャルリアリティ大手のメタとその支配株主およびCEOのマーク・ザッカーバーグ氏が、Within Unlimited社とその人気バーチャルリアリティ専用フィットネスアプリ「Supernatural」を買収するのを阻止しようとしています。この訴訟は現在も継続中であり、米国政府がメタバースの規制方法について新たなガイドラインや法律を発表するのは時間の問題のようです。

  2. データ・プライバシー法

    今年初め、スーザン・デルベネ下院議員(民主党・ワシントン州)は、連邦データ・プライバシー法の制定法案を推進しました。Information Transparency & Personal Data Control Actは、包括的な消費者データ保護プロトコルで、国民が再び自分のデータを管理できるようにし、企業にエンドユーザー・ポリシーを明確な文言で公表することを求めた、すべてのアメリカ人を保護するための強力な執行メカニズムを確立するものです。この法案が制定されれば、2023年初頭に施行される可能性があります。 

  3. 独占禁止法改革

    2021年、下院反トラスト・商業・行政法小委員会は、反競争的行為の疑いで大手ハイテク企業の責任を追及する5つの超党派法案を発表しました。これらの法案は、ハイテク大手企業が独占に近い力を行使して、競争とイノベーションを潰していることを示唆する16ヶ月間の調査の後に作成されたものです。さらに、ジョン・ケネディ(共和党・ルイジアナ州)、エイミー・クロブシャー(民主党・ミネソタ州)、チャック・グラスリー(共和党・アイオワ州)の各上院議員は、大手テクノロジー企業による消費者の選択の制限を阻止するため、「American Innovation and Choice Online Act(米国のイノベーションと選択のためのオンライン法)」と呼ばれる反トラスト法を提出しました。この法案の目的は、デジタル企業に対して常識的なルールを設けることによって、オンライン競争を回復させることにあります。これらのルールは、市場支配力の乱用の防止、および市場競争の促進を目的としており、来年の早い時期にもこの改革が施行されるようです。

結論

欧州連合、韓国、日本の各国は、メタバースの規制に向けて大きく前進しています。米国ではまだメタバースに関する包括的な枠組みや法律は発表されていませんが、メタバース規制に関する広範な議論が行われています。このような規制の動きは、貴社のビジネスに影響を与える可能性があるため、新興技術を専門とする弁護士に相談されることをお勧めします。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

Apple StoreがNFTの販売を許可、利益の分配を受ける

1000 648 David Hoppe

Apple Inc.(アップル)は、App Storeの新規ガイドラインの一環として、開発者がアプリやゲーム内でNFTを販売することを認めると発表しました。Appleは特定の種類のNFTに制限や料金を課していますが、DigiDaigaku(デジダイガク) NFTプロジェクトの創設者であるGabriel Leydon氏が「… これで10億人以上のプレイヤーが参加するすべてのモバイルゲームにイーサリアムウォレットを設置できる!」とツイートしたように、これは重要な展開です。

Appleの新NFTポリシー

ユーザーは、Apple App Storeで提供されている多くのアプリを通じて、NFTを販売・取引できるようになりました。この決定以前にNFTを保存または表示していたアプリは、Appleの規則に違反していた可能性があります。ユーザーがイーサリアム上のデジタル資産を管理し、販売までできる暗号ウォレット「Gnosis Safe」は、数か月間Apple App Storeでアプリを提供していましたが、2021年9月、Appleから「単なるストレージやマーケットプレイスであっても、アクセスするアプリはApp Storeに相応しくありません。貴社のアプリをからこの機能を削除することを提案します。」という通達を受け取りました。

現在開発者はAppleの承認を得て、NFTを販売することができるようになりました。ただし、NFTの販売には、他のApp Storeでの購入と同様の収益化構造を課しています。App Storeを通じて年間100万ドル以上の収入を得るアプリ開発者からは30%、それより小規模な販売者からは15%の手数料を徴収しています。Appleによると、アプリは、NFTを出品、ミンティング、譲渡することができ、アプリ内で付加的なゲームプレイの特徴や機能を解除しない限り、ユーザーがNFTコレクションを閲覧できる仕組みを提供するとしています。また、アプリは、Appleの支払いシステムを回避する外部リンクや購入メディアを提供しない限り、他のNFTを宣伝することができます。

世界最大のテクノロジー企業の1つでありながら、クパチーノの巨人はブロックチェーン技術をほとんど受け入れておらず、その製品は閉鎖的すぎると批判されていました。今回の新展開は、進捗は遅いものの、Appleがブロックチェーン技術とその応用を温存していることを示しています。

依然として議論の的となるAppleの30%ソリューション

Appleの高額な手数料は、世界の暗号コミュニティから批判を浴びており、他のいくつかのNFT市場とは対照的なものとなっています。例えばOpenSea (オープンシー)とMagic Eden(マジックエデン)の手数料は5%程度で、その他の市場には取引コストの基準を2.5%まで低く抑えているものもあります。

テックブロガーのフローリアン・ミュラー(Florian Mueller)氏は、NFTの売上に対するAppleの「アプリ税」を「横暴だが一貫性がある」とし、開発者の実際のコストは、App Storeの手数料の30%を超えることが多く、地域によっては検索広告の掲載料に加え、約35%という高い手数料が課されることもある、と付け加えました。

また、根強いApple批判者であるEpic Games CEOのティム・スウィーニー(Tim Sweeney)氏も、Appleが「グロテスクなほど高値のアプリ内決済サービスに匹敵しうる」他の新興技術を「つぶしている」とし、Appleの法外な手数料はNFT業界全体を窒息させかねないとツイートしています

Appleの手数料ポリシーは、2020年から続いているEpic GamesのAppleに対する訴訟の根拠となるものです。同ビデオゲーム会社は、App Storeのアプリ内課金の代わりに同社の決済プラットフォームを使うことを認めず、30%のカットを徴収しているとしてAppleを訴えました。

セカンダリーマーケットの課題

ソラナNFTの最大手マーケットプレイスであるMagic Edenも、Appleからの高額なコスト要求を受け、そのコストについて明確化が必要だとし、アプリ内取引のサポートを辞退しました。Magic Edenの広報担当者は、「弊社のアプリは、Magic Edenの出品物とミンティングを展示するツールとしてApp Storeで引き続きご利用いただけますが、取引には対応しておりません」と述べています。

NFTのセカンダリーセールスも問題があります。例えば、Magic Edenや OpenSea は、通常、5%以下の手数料を課しています。

「この場合、コレクターがiPhoneのMagic EdenやOpenSeaアプリを通じてNFTを購入しようとすると、売り手は購入価格の70%しか受け取れません 。」とBlockworksは説明します。「そして、マーケットプレイスは、その差額を埋め合わせようとはしないでしょう。」

AppleがNFTの販売を標準的プレミアムで許可するという決定は、NFTスタートアップにとって大きな障害となります。スタートアップの中には、Appleが課すとされるルールや、手数料のためにApp Storeの利用の正当化が難しくなっていることに不満を抱く企業もあります。

昨年の判決は、Appleにオフプラットフォームの決済チャネルへのリンクを許可するよう求めましたが、Appleは暗号通貨による決済を受け付けていないため、NFT取引には関係ないかもしれません。すべての出品物はドル建てで、支払いは不換通貨で行われます。NFTのマーケットプレイスは、Appleの決済システムに対応するための追加インフラの構築という課題に直面しており、NFTのドル価格は暗号通貨のボラティリティにより常に変動しています。

Appleのユーザー数に対応できるブロックチェーンはほとんどない

しかし、すべてのWeb3企業がAppleの方針に難色を示しているわけではありません。AppleがNFTを受け入れることで、マーケットとWeb3アプリが大量に採用される可能性があるため、メリットがあると考える企業もあります。また、Appleへの30%の手数料に関しては、App Storeから完全に禁止されるよりましだという意見もあります。

Appleは、暗号通貨とNFTを有効化することで、数十億人とは言わないまでも、数億人の人々をNFTと暗号通貨に引きつけることができます。現在約40億人のオンラインプレイヤーを抱えるゲーム業界も、多額のコミッションを生み出す可能性があります。現在の推定では、暗号通貨のゲーマーは10万人未満なので、iOSアプリに統合することで、数千から数百万人の新規ユーザーを取り込むことができる可能性があります。

結論

AppleがApp StoreでのNFTの販売を開発者に許可したことは、何らかの予兆を示唆しているのかもしれません。Appleは伝統的に自社のプラットフォームの利用方法に非常に保護的であり、この動きは規制を緩和し、他種のアプリやサービスに開放し始めた兆しと解釈することもできます。ブロックチェーン基盤のゲームから分散型ソーシャルネットワークまで、あらゆるものがこのカテゴリーに入る可能性があります。

このニュースは、新興産業の搾取であると同時に、Web3アプリケーションをAndroidの独壇場から脱却させるためのGOサインであるとも解釈されています。実際はその両方と言えるでしょう。これは暗号分野での最も重要な進展ではないかもしれませんが、Appleがこの技術を信頼し、その進歩を援助したいと考えていることを示すものです。最終的に、Appleの決断が、誕生間もない暗号アプリのエコシステムとブロックチェーン業界にどのような影響を与えるかはまだわかりません。例えば、開発者はより多様なゲームを開発することが奨励され、ユーザーはブロックチェーンの世界に多くの時間と金銭を投資することを望んでいるため、ゲーム業界は拡大するエコシステムの中で、ニッチを見つけることが可能になるかもしれません。

NFTを新しく導入することは、長い間自社の利益を守ることに固執してきた企業にとって、デジタルデータの分散化に向けた重要なステップとなるでしょう。また、Appleもブロックチェーンが提供するベネフィットに注目していることがうかがえます。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境において成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要なサポートをクライアントに提供しています。お客様のビジネス・ニーズについて、今すぐご相談ください。

Crypto Blockchain Blog