NFTライセンス契約における重要な検討事項

NFTライセンス契約における重要な検討事項

NFTライセンス契約における重要な検討事項

1000 648 David Hoppe

テクノロジーは、世界が価値を生み出し、成長させ、保存し、維持する方法を変えました。「資産」の概念は、厳密には有形のメディアから、暗号通貨やNFT(非代替性トークン)などのデジタル資産へと進化しました。デジタル資産は最新のトレンドであり、より多くのバイヤー、投資家、投機家の思考と財布を占めています。多くの人が、クリプトは法定通貨の未来を代表するものだと確信している一方で、専門家はNFTの見通しについてはあまり楽観的ではありません。確かに、NFT市場には多くの利益がありますが、この機会にどのようにアプローチし、どのようにリスク管理するかは、NFTビジネスを行う上で重要な検討事項です。

NFTオファーリングをめぐる問題

NFTは、世界中の人々が自分のアートワークやコレクティブルズなどのオリジナル作品を、収益性のあるデジタル資産に変換することを可能にしました。NFTは世界的な現象となっているため、多くの法域で、NFTの使用、販売、流通に関する様々な規則が制定されています。NFTの収益化には、金融、法律、契約のガイドラインに従わなければならないことが多く、その内容は取引が行われる場所によって異なります。ほとんどの場合、各法域のNFTコピーライトガイドラインは、欧州研究評議会規則No. 721(ERC-721)ブロックチェーン・スマートコントラクト・スタンダードに基づいています。このスタンダードでは、ユニークな暗号資産(UCA)のクリエイターや所有者は、UCAの保存や譲渡が可能なイーサリアムの公開分散型台帳に記録することで、デジタル所有物の希少性を確認することができます。この技術は、ゲームのコレクティブルズなどの著作権を重視するUCA保有者に、NFTの創作物に対する一定の知的財産権の保護と権限を与えるものです。

しかし、アーティスト、コレクター、投資家、ライセンサーの関係については疑問が残ります。また、主観的価値を持ち、個別に売ることができない元来非代替性であるNFTの取引をどのように規制し、課税し、取り締まるべきかという問題もあります。また、資産の裏付けとなるNFTと資産そのものとの関係についても疑問が残ります。 金融規制の対象となる暗号通貨とは異なり、NFTの資産には金銭的価値だけでなく芸術的価値も含まれているため、規制対象が混沌としており、知的財産法や投資法に加えて、消費者保護や広告の真実性などの法の適用を受けることになります:

  • NFT の投資価値は、その本質的価値と区別することができるのか、そうであるとすれば、どのように区別することができるのか。
  • NFT の譲渡(売却、贈与、相続)をどのように規制し、税務上取り扱うべきか。
  • NFTの所有者は、NFTの基となったオリジナルの創作物に対してどのような権利を有するか?

これらはすべて、経験豊富な知的財産・ブロックチェーン専門弁護士が答えるべき質問です。クリプト取引と知的財産法を専門とする弁護士は、司法権や契約上の問題をナビゲートし、NFTの所有者、ライセンシー、購入者にそれぞれの権利と責任をアドバイスするための重要なリソースとなります。

NFTライセンシング

一般的に、NFTの所有者は、正当なソースからNFTを購入したか、または正当なソースからNFTを譲渡された場合であり、そのために関連のブロックチェーンに文書化され、記録されます。有形のアートワークやコレクティブルズのオリジナル制作者や所有者が所有権を維持している場合、たとえ他の人が関連NFT品を購入した後でも、ライセンス契約においては、それぞれがどのような権利を持っているのか、またNFTの所有者が電子証明書を使ってできることとできないことを正確に規定する必要があります。ほとんどの NFT ライセンス契約には、いくつかの標準的条項が含まれています:

  1. 買い手またはライセンシーが許諾を第三者に譲渡することができるかどうか、その場合、オリジナルクリエーターに補償がなされるかどうか、またどのように補償されるか。
  2. 広告、マーケティングキャンペーン、プロモーション、マーチャンダイジングなどで、NFTをどのように使用できるか。
  3. NFTを複製して販売することができるかどうか。その場合、収益はライセンシーとクリエイターの間でどのように分配されるのか。
  4. NFT の所有者が派生版や修正版を作成できるかどうか、またそれらをどのように使用できるか。

クリエイターの保護

NFTのライセンス契約は、クリエイターの知的財産権を保護し、彼らの才能や資産から利益を得ることを可能にするために開発されました。NFT取引の先駆者の1つであるクリプトキティは、最初のライセンス契約を開発し、将来の取引の基準となりました。クリプトキティのライセンス契約は、「ブロックチェーン開発者が持続可能なビジネスを確立するためのフレームワークを提供し、App Storeが初期のサードパーティ開発者に提供したように、彼らに収益化への安全な道を提供する」という目標を達成しました。NFTライセンスは、デジタル資産所有の意味を定める最初のステップなのです。

NFTのライセンス契約は、ブロックチェーン対応のスマートコントラクトで実行・保存されます。これにより、自律的なコードで転売の実行や金銭授受の管理も可能となります。スマートコントラクトの中には、再販ごとにオリジネーターが収益の一部受け取りを求めるものもあります。このような取引は厄介であり、クリエイターとバイヤーは、ライセンスが正確で法的拘束力のある文言を含んでいること、及びすべての当事者が使用されているレベニューシェアリング又はロイヤリティモデルを理解していることに注意する必要があります。ブロックチェーンとデジタルメディアに精通した弁護士は、すべての人の利益となるよう確実に対応することができます。

リスクを知る

他の投資と同様に、NFTライセンスの購入には数種類のリスクがあり、市場に関するものもあれば、取引やプラットフォームに関するものもあります。

  • プラットフォームの信頼性の低さと精度の低さ
  • NFTの所有に伴う税負担
  • ブロックチェーン、クリプト、NFT規制の有害的変化の可能性
  • トークン入手の可能性、保管の問題
  • 市場変動

弁護士は、関連リスクについて助言し、リスクを軽減し、顧客の利益を保護し、NFTミンター及び購入者の権利と責任を明確に示すNFTライセンス契約を支援します。

ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、最先端のビジネス分野で選ばれたクライアントをサポートする法律事務所です。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションの限界を広げ、米国国内及び国際ビジネス目標を達成することを目指しています。あなたのビジネスニーズについて、今すぐお問い合わせください

Author

David Hoppe

All stories by: David Hoppe

Subscribe to Gamma Law's
Monthly News & Insights