SNS広告によるリアルマネーゲームの成功

SNS広告によるリアルマネーゲームの成功

SNS広告によるリアルマネーゲームの成功

1000 648 David Hoppe

モバイルゲームとオンライン賭博サイトが急速に台頭したことにより、その業界は数十億ドル規模にまで成長し、デベロッパー、プラットフォーム、投資家の間で強い関心を呼んでいます。しかし、この市場へ参入する企業は、リアルマネーゲームや賭けを中心としたビジネスモデルの構築に伴う法的・規制的課題を考慮すべきです。参入する前に、関係者はスキルベースゲームとチャンスゲームの重要な違いを理解しておく必要があります。

スキルベースのゲームでは、プレイヤーは賞品を獲得するチャンスのために参加費を支払い、その結果は、競技者の相対的な才能に大きく左右されます。一方、チャンスゲームは、ランダム性や確率によって結果が決まりますが、その基準は州によって異なります。偶然性の要素を全面的に禁止する州もあれば、偶然性が勝敗を決める主な要素でない限り、寛容な州もあります。規制当局は、ポーカーなどのゲームには十分なスキル要素が含まれており、賭博制限の対象外と裁定する可能性がありますが、スロットマシーンやルーレットはそのようなテストに適合しない可能性が高いでしょう。なぜなら、スキルベースのゲーミングは法的なハードルが低いため、これらの認定は規制当局にとって大きなリスクを伴うからです。

ゲーム業界は、宣伝、促進、および提供方法に関する法規制が複雑に絡み合っています。特に、透明性、オッズの開示、責任あるゲーミング慣行に関する厳格な要件を課す州レベルの規制があります。また、連邦レベルでは、不正インターネット賭博取締法(UIGEA)などの法令が、州境を越えたオンライン賭博の提供を制限しています。さらに、リアルマネーゲームのホスティングを検討しているモバイルプラットフォームやアプリストアでは、通常、あらゆる形式の賭けを事前の承認なしに行うことが禁止されています。

これらの複雑な問題を解決するのは容易ではありませんが、ゲーミング市場に参入することで得られる潜在的な報酬は魅力的なものです。したがって、開発者は全米のゲーミング法や規制に精通した法律顧問を雇う必要があります。経験豊富な弁護士は、利害関係者が新商品を構想する初期段階でリスクを軽減する手助けをすることができます。さらに、この成長産業におけるイノベーションを不当に制限しない賢明な政策を提言することもできます。適切な法的助言を受けることで、新規参入者は慎重に選択肢を検討し、十分な情報に基づいた意思決定を行うことができます。

合理的な法的意見

SNS、検索エンジン、そしてリアルマネーゲームをホストするプラットフォームは、他社からの広告収益を獲得することを熱望しています。しかし、このようなマーケティングメッセージを受け入れることがもたらすリスク、例えば、社会的な反発、規制当局の監視、消費者保護、およびメッセージが表示される法域の公共政策に反する場合の法的責任という点を認識しておくべきです。

連邦法および州法に基づく責任を回避するため、メディア、広告主、およびそのアドバイザーは、ゲームパブリッシャーに対し、その提供物の合法性を評価する「合理的な法的意見」の提出を求めるようになっています。この基準は、UIGEAから生まれたもので、ゲーム事業の取引を行う銀行や決済処理業者は、その合法性を確認することが義務付けられています。合理的な法的意見とは、ゲーミング法に精通した弁護士による包括的な分析であり、ゲームがアクセス可能な司法管轄区域全体において、スキル対チャンスのバランスが法令に準拠しているかどうかを評価するものです。

具体的には、ゲームのスキル要素が偶然性よりも優勢であるかを分析します。これには、戦略的な意思決定や知識の適用が、ランダムな要因よりも結果を左右するかどうかが含まれます。有効な法的意見では、これらの動態を連邦の定義と個々の州の法規制に基づいて、許容されるスキルプレイと禁止されるギャンブルゲームとの比較を行います。複数の州で事業展開する場合、各州のゲーム分類法に対処する必要があります。

弁護士はこの包括的な分析をもとに、ゲームの法的地位を判断します。金融機関は、責任リスクを考慮し、支払いを処理するかどうかを決定する際に、合理的な法的見解を重視します。同様に、GoogleやFacebookなどの主要な広告プラットフォームは、違法ギャンブル商品のプロモーションを禁止しており、合理的な法的意見によってリアルマネーゲームに関する広告ポリシーを策定しています。

そのため、ゲームパブリッシャーにとって、合理的な法的意見は、単なる法令遵守にとどまらず、戦略的な重要性を持ちます。それはゲームの事実と正当な評価のみに基づいたものであり、同時に、成長を促進する資金調達の手段やマーケティングの手段を広げるものでもあります。多くの問題があるため、経験豊富なゲーミング弁護士にこのレビューを依頼することは、リアルマネーのスキルゲーム運営者にとって賢明な選択です。適切に作成された意見書は、パートナーや広告主、規制当局に、ベンチャー企業がゲーミング法に準拠していることを保証し、持続可能な成功への道を開けることができます。

ソーシャルネットワーク広告

SNSやオンラインマーケティングプラットフォームは、オンラインカジノ、スポーツ賭博、ポーカーなどのスキルまたはチャンスゲームなど、リアルマネーゲームの広告について、様々なポリシーを採用しています。Facebook、Google、Twitterなどは、未成年者や社会的弱者をターゲットにしたマーケティングメッセージを禁止しています。

このような広告を許可するプラットフォームは、通常、広告主が現地の法規制を遵守することが求められます。広告主は、未成年者を除外するための年齢確認メカニズムを導入したり、高度なターゲティングオプションを利用する必要があるかもしれません。ソーシャルメディアのポリシーでは、通常、ユーザーを誤誘導する可能性のある、賞金の非現実的な描写を含む広告も禁止しています。これには、金銭的成功が保証されているかのような暗示や、ギャンブルゲームで簡単にお金を稼ぐことができるという印象を与える広告も含まれます。また、ギャンブルを資金源とする贅沢な生活の描写も、ほとんどの場合禁止されています。

さらに、多くのプラットフォームは、賭けに勝つことが典型的であることをほのめかしたり、収益の可能性を誇張したりするテストモニアルを禁止しています。また、ゲームの公平性やオッズに関する誇大広告や根拠のない主張を含む広告を禁止しているところもあります。リスク、ルール、勝率について誤解を招く広告は一般的に禁止されています。

  • Meta – フェイスブック(Meta)のプラットフォームでのリアルマネーゲームの広告には、いくつかの手続きが必要です。Metaは、オンラインゲームの広告を掲載する前に承認を必要とする厳格なポリシーを採用しています。このプラットフォームでは、スキルベースのゲームとギャンブルを区別していません。

    Metaの透明性センターによると、「Metaは、エントリーや賞品の一部として金銭価値が含まれる場合、どのような商品やサービスでも、オンラインギャンブルやゲームとして定義しています。」と述べています。

    承認の複雑さの一部は、ゲームをカテゴリ分けし、それらが提供される管轄区域を特定することにあります。プラットフォームは、ゲームが提供される州や国を選択し、Metaの一貫性に欠け、制限的で時代遅れのリストからゲームプレイを説明する必要があります。

    ゲームのライセンス証明と、対象となる各管轄区域に対処した前述の法的意見に加え、ゲーム会社はMetaに対してジオフェンシングと年齢コンプライアンスを実施していることを証明する必要があります。社内のリソースや専門知識を持たない中小企業は、準拠するためにサードパーティの顧客確認(KYC)サービスが必要になる場合があります。Metaの法律顧問は、申請書、検討された意見書、ゲームのスクリーンショットを評価し、数週間から数ヶ月で決定を下します。

  • X(Twitter)– Twitterはイーロン・マスクの下で厳格かつ繊細な広告ポリシーを維持しています。 ギャンブルやスキルゲームを宣伝するサイトは、米国や日本を拠点とするプレイヤーをターゲットとするプロモーションについてはいくつかの例外があるものの、世界中の多くの司法管轄区では一般的に禁止されています。多様な地域の法律への準拠に細心の注意を払いながら、Twitterはスポーツブック、ゲームアグリゲーター、ファンタジースポーツプラットフォーム、オンラインおよびカジノ、競馬、ポーカー、およびカジノ以外の有料ゲームの広告を限定的ではあるものの、許可しています。

    日本では、パチンコ機メーカーと実店舗のパチンコ店が許可されています。一部のスキルゲーム、特にポーカー、競馬、スポーツベッティング、ファンタジースポーツは、Twitterの事前承認があれば許可される場合があります。

    リアルマネーのゲームサイトやサービスプロバイダーは、国や管轄区域ごとに異なる規制を理解する必要があります。広告主やその法律顧問は、広告が表示される地域の要件を詳細に調査し、徹底的に遵守する必要があります。たとえば、米国のファンタジースポーツの広告主は、各州の要件に基づいて適切なライセンス文書を提出する必要があります。

    Twitterのポリシーは、法令の遵守に加えて責任ある行動の基準を設定しています。広告は無責任なギャンブル行為を促進することはできず、リスクを明確に開示する必要があります。未成年者の利用を防ぐために年齢確認が義務付けられています。また、インフルエンサーマーケティングは、違法または中毒性のある賭博行為を称賛することを避けなければなりません。

  • Twitch — ゲーマー向けライブストリーミングプラットフォームの大手であるTwitchは、ゲーミング文化やリアルマネー賭博のような新たなトレンドに対して絶大な影響力を持っています。2022年、Twitchは、オンライン賭博業界における被害や詐欺が増加する中、ほとんどの形態のギャンブルコンテンツを禁止する大規模なポリシーの更新を実施しました。

    ストリーミングサイト — 米国や他の信頼できる規制機関にライセンスを受けていないサイトへの紹介リンクやコードの共有は許可されていません。承認された管轄区域では、入金制限、待機期間、年齢確認など、主要な消費者保護措置を実施する必要があります。ポーカー、ファンタジースポーツ、規制されたスポーツ賭博はこの禁止の対象外です。

  • TikTok — TikTokはポーカーやほとんどのギャンブルゲーム、模擬ギャンブル、カジノを宣伝する広告を完全に禁止する、厳格な方針を取っています。一方で、ファンタジースポーツやスポーツベッティングの広告は、明示的な許可を得た場合にのみ許可しています。広告主は、ユーザーをカジノゲームやオッズ計算機、ヒント、戦略などのギャンブル関連コンテンツに誘導するウェブサイト、製品、またはソフトウェアの宣伝をすることはできません。

    TikTokはアプリ内に専用のモバイルゲームタブを開発中です。これにより、ユーザーはTikTok内でカジュアルゲームを直接プレイできるようになります。詳細は明らかでありませんが、TikTokは自社のプラットフォームにおけるゲームコンテンツやカルチャーの人気を利用することを目指しているようです。ただし、リアルマネーのゲームやギャンブル風のゲームが含まれるかどうかはまだ不明です。

  • LinkedIn – このサイトでは、「ギャンブルや懸賞に関連する広告は一切禁止されています。」と掲載されています。LinkedInはこの記述について詳しく説明しておらず、ギャンブルではないスキルゲームとの関連性を示すことができるサイト、プラットフォーム、製品の広告に門戸を開いているようです。ただし、ゲームは、ライセンスを取得し規制された事業体によって運営され、金銭的損失の可能性を含め、ゲームプレーに関連するリスクを明確かつ目立つように提示し、ゲームが合法である管轄区域および法定年齢のユーザーを対象としている必要があります。

    リアルマネーおよびスキルゲームの広告は、誤解を招くもの、扇情的なもの、またはユーザーの脆弱性を悪用するものであってはなりません。また、禁止コンテンツやクリエイティブ基準など、LinkedInの他の全ての広告ポリシーにも準拠する必要があります。

結論

リアルマネーのゲーム広告に関するソーシャルメディアプラットフォームのポリシーは絶えず変化しており、企業にとって複雑な状況をもたらしています。コンプライアンス違反は罰則やアカウント停止につながる可能性があるため、微細な表現や 規制のニュアンスを理解することは非常に重要です。

リアルマネーゲームに特化した経験豊富なWeb3弁護士は、これらのポリシーを解釈し、広告戦略が各プラットフォームの要件と整合するための専門的な指導を提供できます。このような専門家は、規制の更新についても最新情報を提供し、プラットフォームやゲーム開発者が、常に先手を打つことができるようサポートします。

オンラインスキルベースゲームは魅力的なビジネスチャンスであるものの、専門的かつ徹底したアプローチの遵守が不可欠です。適切な法的な指導を受けることで、リアルマネーゲーム関連企業は、ソーシャルメディアプラットフォームで安心して広告を掲載し、成長と収益性を追求することができます。


ガンマ法律事務所は、サンフランシスコを拠点とし、複雑な最先端のビジネス分野において、厳選されたクライアントをサポートするWeb3企業です。ダイナミックなビジネス環境で成功し、イノベーションの限界を押し広げ、米国内外でビジネス目標を達成するために必要な法務サービスを提供いたします。貴社のビジネスニーズについて、今すぐご相談ください

Author

David Hoppe

All stories by: David Hoppe