Posts Tagged :

AI

連帯責任: AIとメタバースの融合に関する法的問題

1000 648 Amy Sanderson

現実世界やほとんどのWeb3構造において、「メタバースの主体と見なされるのは個人のみであり、法人、アバター、電子人格、バーチャル・デジタルロボット(中略)、デジタルヒューマノイドはすべてオブジェクトとして分類されます。」

read more

ロボットの権利: AIは人格を獲得できるか?

1000 648 Yusuke Hisashi

AIシステムがますます高度化し、認識力や創造性を発揮するようになるにつれて、重大な問題が生じます。法的な観点から、生成プラットフォームはどのように分類されるべきでしょうか。

read more

3月28日ガンマ法律事務所無料Zoomセミナー

878 494 David Hoppe

AI生成コンテンツの著作権をめぐる日米の現状と課題―法制度の比較検討

read more

立法、規制、蓄積: 企業がAI法から利益を得る方法

1000 648 David Hoppe

2022年11月にChatGPTが発表され、制御不能な生成型人工知能システムが引き起こす恐れがある損害について激しい議論が巻き起こりました。この会話型AIモデルが前例のない能力を示したことで、このような技術が誤情報の拡散や、オンライン不正行為の自動化、または違法行為の幇助に悪用されるのではないかという懸念が高まりました。

read more

サイバースペースで迷子: メタバースにおける相互運用性の模索

1000 648 Amy Sanderson

メタバースとは、物理的な現実を仮想世界に拡張し、物理的な環境と融合させた集合的な仮想共有空間です。この概念は、私たちのデジタル体験を急速に変革しています。

read more

雇用違反?採用判断におけるAIの活用

1000 648 David Hoppe

求人募集、採用、昇進、解雇の判断にAIを活用することは、人種、性別、年齢による既存の偏見を助長し、深刻化させるとして広く批判されています。専門家は、求職者の表情や言語を評価する一部のAIシステムが、白人、男性、従来の健常者などの求職者を優先していることを指摘しています。

read more

フェイクトーバー(Fake-tober)のサプライズ: 
ディープフェイクが有権者を揺さぶるか

1000 648 Amy Sanderson

ドナルド・トランプがアンソニー・ファウチを抱擁する動画と、ヒラリー・クリントンがロン・デサンティスを「この国が必要としている人物」と呼ぶ動画の共通点は何でしょう?

read more

日本の新AIガイドライン: 技術の勝利か、規制のジレンマか?

1024 663 Yusuke Hisashi

日本は、これまで高度な技術力とイノベーションに対する積極的な姿勢で高い評価を得てきました。したがって、日本が世界の先導となり、生成AIの画像に関する規制やガイドラインを発表したのは驚くには値しません。

read more

リーガル・ボールを落とすな:AIを活用してスポーツファンを魅了する

1000 648 David Hoppe

ファンエンゲージメントは、スポーツやeスポーツ業界にとって重要な要素であり、各団体はファンとの関係を強化し、より身近に感じられる独自の体験を提供しようと努力しています。人工知能の進歩のおかげで、ファンエンゲージメントは新たなレベルに達し、スポーツ愛好家がお気に入りのチームや選手と交流できる方法を変革しています。

read more

エクステンデッド・リアリティ・チェック: ゲーム業界への法的影響

1000 648 David Hoppe

エクステンデッド・リアリティ(XR)は「クロス・リアリティ」とも呼ばれ、バーチャル・リアリティ(VR)、オーグメンテッド・リアリティ(AR)、ミックスド・リアリティ(MR)、シネマティック・リアリティなどの代替的な世界を含む、さまざまな体験を包括する新興テクノロジーです。それぞれが現実世界と仮想世界をユニークに融合し、従来の人間の交流の枠を超えた没入型体験を提供します。

read more