Posts Tagged :

epic games

Video Games Lawyer

Epic v. Apple裁判ドラマの舞台裏

1000 648 David Hoppe

アップル社を相手取って起こした画期的なEpic Games社の訴訟のクライマックスの幕が上がろうとしています。ここでは、5月3日にカリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所でイボンヌ・ゴンザレス・ロジャース判事が開廷するベンチ・トライアルについて、訴訟当事者、争点、現在の状況、そして注目すべき点をまとめています。

read more
Epic v. Apple update

裁決によりEpic対Appleの状態は現状維持に

1000 648 David Hoppe

イボンヌ・ゴンザレス・ロジャーズ判事は、先月一時的な差止命令を出しましたが、予測通り今回もEpicによる予備的差止命令の申請に裁決をし、Epic GamesとAppleの間で進行中の法廷闘争は現状維持となりました。金曜日に出された判事の裁決では、AppleによるEpicのUnreal Engine開発ツールへのアクセス阻止を止めさせるというEpic側の要請を許可した一方で、『フォートナイト』をApp Storeに復帰させ、Epicによる代替支払方法を有効にするというAppleへの要求は却下しています。予備的差止命令は、上訴で覆されない限り裁判中は効力を発揮し続けることになりますが、上訴によるそのような事態は起こらないと思われます。  裁定そのものは、来年夏に予定されている裁判(必ず遅れると思われる)の争点を明確にしてはいますが、ゴンザレス・ロジャーズ判事の判決文には、この案件に関わる法律問題に対する彼女の解釈とEpicの提訴に対する多大な影響が示唆されています。 「ソニー、任天堂、MicrosoftはどれもAppleと同じようなウォールド・ガーデンやクローズド・プラットフォーム・モデルに基づいており、ハードウェア、オペレーティングシステム、デジタルマーケットプレイス、そしてIAPなどがすべてプラットフォーム所有者の独占になっています。そのため、この分野で営業する企業にとって相当深刻となる結果を考えると、ウォールド・ガーデン・モデルの影響について、より多くの情報に基づいた最終決定が必要です」と判事は述べています。 最終的にこの案件は、独占禁止法を目的とした場合の「関連市場」の構成要素を判事がどう解釈するかに左右される可能性があります。EpicはiOSが関連市場だとしており、そのため(当然ながら)Appleは独占者だと主張しています。一方でAppleは、関連市場とはコンソールを含むすべてのゲームプラットフォームを包括したものを指すため、コンソールのアプリ流通ではAppleは少数派に過ぎないと主張しています。 先週の裁決で判事は、市場に対するEpicの狭義的な定義にまだ納得していないと、以前の示唆的発言を繰り返しています。ここで一つ重要な要因は、iOSプレイヤーがNintendo Switchなどのプラットフォームで定期的に『フォートナイト』をプレイしているかどうかで、もしプレイしていれば、(間違いなく)iOSは広範な意味でのモバイル市場の一部だということになります。「これらのデバイスは最終消費者にとって、iOSプラットフォームとかなりの部分で重複します。しかし、現段階の記録には、そうしたデバイスが経済的代替なのか、単にiOSデバイスを補完するだけのものかを判定するに足るだけの情報がありません」と判事は述べています。 しかし判事は、Epicによる市場定義を裏付けるような今後の証拠や論争を考慮する可能性にも言及しており、そのためAppleの市場定義が「困難に直面する」としています。この事態に鑑みると、先週の裁決はどちらの当事者にとっても裁判に進まずに和解を検討すべきであるとの明確なメッセージになったとは考えられず、そうした和解も今の時点ではないものと思われます。 Gamma Lawはサンフランシスコに拠点を置き、最先端のビジネスセクターのお客様をサポートしています。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションを促進し、国内外におけるビジネス目標達成のお手伝いをいたします。お客様のビジネスニーズに関するご検討は、ぜひ弊所にご連絡ください。

read more
video games lawyer

Appleが「冷血な」Epic Gamesを反訴

1000 648 David Hoppe

Epic Games対Appleの戦いの最新の展開では、Appleが反訴してEpicに一撃を与えました。現在Appleは「堂々と認める形で契約上の義務に故意に違反し、冷血な「ホットフィックス」をローンチした」としてEpicを提訴しています。つまり、EpicがAppleのアプリ内購入の機能を回避したと言うのです。 反訴の中でAppleは、Epicのホットフィックスを「トロイアの木馬」と呼んで激しく非難しています。Epicが『フォートナイト』の13.40パッチを(Appleの開発チームの要請で)Appleのレビューのためにサブミットした時、そのビルドには新しい支払インターフェース、つまりデータをEpicのサーバーからアプリへ直接クエリしてインポートする「ホットフィックス」が含まれていましたが、その時点で、クエリ結果はAppleのアプリ内購入(以下「IAP」)をアプリ内購入の唯一の支払オプションとして表示していました。 提訴によれば、8月13日、「真夜中になって」EpicのCEOであるティム・スゥイーニー(Tim Sweeney)氏がAppleにメールで「今後、EpicはAppleの支払処理の制限には従わない」と言ってきたそうです。その朝、Epicは『フォートナイト』内の支払インターフェースに2種類のオプションが表示されるようにサーバーを変更しました。IAPとEpicの新しい直接支払いシステムです。Appleは、これはトロイアの木馬であり、「隠れた手数料窃盗の機能」を利用した「甚だしい窃盗行為」による契約違反だとしています。 Appleの反訴の第一訴因は契約違反で、ガイドラインおよびライセンス契約の特定項目の契約違反を指摘しています。 Epicは意図的に「顧客をアプリ内購入以外の購入メカニズムに誘導し(誘導した)」、ガイドラインとAppleの明らかな反対意見に違反して、新しいストアフロントを作成した。 EpicはAppleへ再度サブミットせずに変更を行ってライセンス契約に違反し、ストアまたはストアフロントをインストールし、アプリ内購入APIを使用しない購入を可能にし、App Store外の流通メカニズムを通じて追加機能を提供した。 Epicはアプリの「機能、コンテンツ、サービス、または機能性を隠したり、誤解を招いたり、わかりにくくするような提供」をしないことをEpicに求めるライセンス契約に違反した。 さらにAppleは、契約条件としてEpicが30%の手数料を払わなければならないことになっており、金銭的賠償、懲罰的賠償、及び弁護士料を主張しています。Epicが直接支払システムを使えないようにし、また『フォートナイト』を含むすべてのアプリからAppleのIAPを削除させないようにするため、Appleが永久差し止めを求めているのも驚くにたりません。 反訴の裏付けとして、Appleは多くのページ数を割いて 、App Storeが基本的にいかに「顧客とデベロッパーにとって多大なギフト」であるかを説明しています。Appleは、デベロッパーへのサポートやユーザーのセキュリティーやプライバシー要件など、App Storeへの様々な投資例を挙げています。Appleは「App Storeとその背景となっているアイデアは、あらゆる想像の域を超えた成功を収めている」と述べています。Appleはさらに続けて、EpicはApp Storeのお陰で6億ドル以上もの収益を得たとしています。「Epicは現代のロビン・フッドのような企業を装っているが、実際にはApp Storeから得ている膨大な価値に対して何の対価も出したくないと考えている数十億ドル規模の企業だ」と主張します。それについて、AppleはIAPが消費者とデベロッパーにもたらす恩恵についても述べています。例えば、ユーザーとアプリの間の摩擦を減らせる(つまりユーザーが手軽に支払いできる)ことや、消費者は支払い情報を一度入力するだけでよく、複数のアプリごとに毎回入力する必要がないことなどです。そして、デベロッパーは、「175カ国の45種類の異なる通貨による取引を扱うための支払いインフラを設定する手間が省ける」ことで恩恵を受けられるとしています。 対するEpicの反応は、おそらく以前の論点を繰り返すだけになることでしょう。「Appleはかつて自らが非難した存在になってしまった。市場を支配し、競争を阻害し、革新を停滞させようとする巨獣だ」と言う主張です。Epicは当初から、Epicが違反したとAppleが主張する契約条項は、独占的で不法な条項であり、強制することはできない言っています。さらにEpicは、支払い処理方法としてのApp Storeを2.5%から3.5%の手数料を取るMastercardやVisaなどの他の大手クレジットカード会社と比較しています。これらのクレジット会社も支払者や受取人のためにセキュリティーやプライバシーなどのサポートサービスを提供しています。 しかし、AppleのApp Storeの条件をVisaの条件と比較するのは無理があるように思えます。単にAppleのサービス手数料がVisaよりも高いことが証明されるだけで、不利な取引を理由に契約違反をすることに対する法的基盤はないからです。 以前の投稿でも検討したように、Appleが独占しているかどうかが今回の案件の要になるのはそうした理由からです。それを決定するための市場の定義がその鍵になります。市場の定義が狭ければ、Appleは独占していることになります。この考え方には先例があります。今年の初めに、米国下院のデービッド・シシリーン(David Cicilline/D-RI)議員が「Appleは、自社の市場パワーで、ユーザーに30%の手数料を強制するか市場へのアクセスを拒否することで、法外な値段を吹っかけている」と言っているからです。 逆にこの定義をiPhoneだけでなく、すべてのスマホ市場にも拡大して、より広い範囲に当てはめれば、Epicの勝訴は考えにくくなります。Googleの方がAppleよりもずっと高い市場シェアを持っているからです。ある見積もりでは、Google Androidは世界市場のシェアの74.6%を占めているとされています。米国では、全スマホのモバイルオペレーティングシステムの50%がGoogle Androidだと見積もられています。サムソンは、モバイルオペレーティングデバイスの28%の見積もりなので、Appleのシェアはたった22%です。Appleは30%の手数料を取ると言うApp Storeモデルを発案したかも知れませんが、Googleはそれに習いやはり30%を要求しています。 この案件は新たな問題を生み出すようです。独占で訴えられている企業が、そもそも自分が支配している市場を生み出した企業だとしたらどうなるのでしょう。Appleは当然ながらApp Storeを100%独占しています。App Storeを所有しているのですから。しかし、Appleが独占禁止法を犯して独占していることを証明するのは、Epicにとって非常に厳しい戦いになります。Epicが敗訴すれば、懲罰的賠償と弁護士料も含めた損害賠償を請求して反訴したAppleにとって、賭け金がより高くなるのです。…

read more
video games lawyer

『フォートナイト』アカウントの盗難が 10億ドルのビジネスに

1000 648 David Hoppe

サイバーセキュリティ会社Data Viper社は、最近のレポートで、盗まれたりハッキングされたビデオゲームのブラック市場価値が10億ドルにも上るとしています。無料レポートでは、ハッカーが『フォートナイト』アカウントの入手と販売のために利用する各サプライチェーンは、1万ドルにもなるということです。 このレポートによれば、平均的なハッカーは年間50万ドル近くを稼ぎ、トップになると年間120万ドル以上もの収益を上げているそうです。 通常、ハッカーは何万人分もの盗まれたメールアドレスとパスワードを大量購入します。別のウェブサイトでもよく似たパスワードや全く同じパスワードを利用しているユーザーが多いため、ハッカーはこれらのパスワードを利用して『フォートナイト』のアカウントへのアクセスを試みます。彼らは毎秒500種類のユーザー名とパスワードの組み合わせを試みることのできるボットを利用して「ブルート・フォース・アタック」をするのです。 Epic GamesはIPアドレスごとのログイン数を限定することで、これらのブルートフォースアタックを制御しようとしていますが、ハッカーはIPアドレスがロックアウトされると、すぐにIPアドレスを変更するソフトウェアを利用して対抗しています。 アカウントへのアクセスが可能になると、ハッカーはコンテンツ内容を調べ、そのアカウントにレア物や価値の高いキャラクターのスキンがある場合(アカウントの10%から15%)、それをオンラインのマーケットプレイスに出品して販売します。所有者の電子メール認証情報にリンクできるアカウントは、その電子メールの正当な所有者がパスワード変更を試みてもバイヤーがアカウント制御を保持できるので、さらに価値が高くなります。 これは非常に複雑なシステムになっています。例えば、あるセラーコミュニティーは、紛争解決のために5人の裁判官で構成される審査パネルを有しています。このルールに従わないセラーは、オンライン上で「詐欺師」のラベルを貼られます。 Business Insiderへの投稿でEpic Gamesのスポークスパーソンは、アカウントの販売は会社のサービス規約違反であり、盗まれたカウントを所有者に返すために最善の努力を尽くすことを保証しています。 「Epic Gamesは、プレイヤーを保護するために非常に複雑な階層化アプローチを試みています。CaptchaやIPレピュテーション、機械学習や独自の技術を駆使して、数秒でハッキングの脅威を検知し、積極的にログインの試みをブロックし、被害にあったアカウントが検知された場合は、自動的に安全保護措置を取れるようにしています」と会社の代表は語っています。 Gamma Lawはサンフランシスコに拠点を置き、最先端のビジネスセクターのお客様をサポートしています。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションを促進し、国内外におけるビジネス目標達成のお手伝いをいたします。お客様のビジネスニーズに関するご検討は、ぜひ弊所にご連絡ください。

read more
video games lawyer

Epic対Appleの最新のまとめで 裁判官が分割判定

1000 648 David Hoppe

Epicは、『フォートナイト』をApp Storeに戻すこととデベロッパーアカウントの再設置を求めて、再び予備的差し止め命令の申し立てを申請しました。Epicは、Appleの反競争的な行動と法外な手数料構成に対抗して奮闘を続けていますが、9月4日に申請されたこの申し立ては、その最新の動きです。 この提起でEpic側は報復テーマを倍返しにしています。 Appleは猛反発し、Epicが予測したように『フォートナイト』をApp Storeから削除しただけでなく、EpicのすべてのAppleデベロッパープログラムアカウントを解消し、一般に幅広く使われているソフトウェアツールへもEpicがアクセスできないようにすると息巻いています。これは、Appleの独占状態にあえて挑戦しようとする他のデベロッパーに対し、「こちらのルールに従わないなら、何十億人ものiOS利用者へのアクセスをカットする。挑戦するなら、ビジネスを潰す」という明らかな警告です。 Epicは主に、Appleが『フォートナイト』をApp Storeから削除し、デベロッパーツールに対しても同様の措置を取ると脅迫した時に出された、当初の一時的な抑制命令と予備的差し止め命令に対する同じ点を繰り返し論争しています。Epicは、Appleが競争の根を止めており、デベロッパーが30%の手数料が必要なAppleのアプリ内購入メカニズムを使用するように要求して、iOSアプリのディストリビューションを独占していると主張し続けています。 Epicは、8月24日の審問会でも同じ点を主張しており、それに対し裁判官は、当事者のどちらにとっても「確実に勝てる」案件ではないと言い渡しました。予備的差し止めを求める場合、当事者は修復不能な損害を被ることを証明しなければならないだけでなく、完全裁判において真価に基づき勝訴する可能性が高いことも示さなければなりません。ゴンザレス・ロジャーズ(Gonzalez Rogers)裁判官の前言と裁定を考えると、独占禁止法に関する訴訟に勝訴すると考えるEpic側の想定には同意していないのかも知れません。弊所では、ロジャーズ裁判官が一時的な抑制命令と予備的差し止め命令に対するEpic側の2度目の試みを否定するのではないかと予測しています。 そのような考え至った経路を以下に示します。 8月14日、AppleはEpicに対し、Epicが「Appleデベロッパプログラムのライセンス契約に対する複数の違反を14日以内に解決しない限り」Appleデベロッパプログラムのアカウントを解消すると発表しました。それに対しEpicは、一時的な抑制命令と予備的差し止め命令を求める申し立てを申請しました。Epicは、もしAppleが「報復」の試みを実行することを許可されれば、Epicは修復不能な損害を被ると論議しました。 8月21日に申請されたそれに対する提起で、Appleは盗難を阻止しようとしているとしてEpicを攻撃し、「デベロッパーがデジタルチェックアウトを回避できれば、顧客が万引きした商品の対価を支払わずにAppleの小売店を出るのと同じことになり、Appleには何の収益も入らない」と主張しました。 Epicはその2日後に返答し、AppleがEpicのデベロッパーアカウントを解消することは、「やり過ぎた報復」であり、「敢えてAppleに対抗しようとする者の行動を押さえつける」試みだと議論しています。Microsoftは、ゲーミング・デベロッパ・エクスペリエンス部長のケビン・ガミル(Kevin Gammill)氏を通してEpicを支援する声明を発表しました。Gammill氏は、EpicのUnreal EngineはMicrosoftを含むゲームデベロッパーにとって「重要な技術」であると説明しています。多くのデベロッパーがUnreal Engineなどのサードパーティーのゲームエンジンを利用しています。もしEpicがUnreal Engineをサポートできなくなれば、多くのデベロッパー(特にゲーム開発の後期の段階にあるデベロッパー)が、サンクコストやスイッチングコスト、これまでに費やした努力の面で非常に大きな影響を受けることになり、Appleのプラットフォームを遺棄して最初から開発をやり直すか、開発そのものを停止することになります。Appleにすでにゲームをリリースしたデベロッパーも同様に困難な状態に置かれます。「ゲームエンジンが新しいiOSやmacOSの機能を利用してアップデートの開発をしたり、ソフトウェアのバグを修正したり、セキュリティ上の欠陥を解決できなくなれば、すでにiOSやmacOSでリリースされたゲームに悪影響を及ぼします(その結果、ゲーマーも被害を被ります)。また、この状況はゲームのプレイヤー基盤を分岐させることになり、 iOSやmacOS上のゲーマーがそれ以外のプラットフォームでプレイしている友人や家族とはコミュニケーションを取れなくなってしまいます」とガミルさん記述しています。 8月24日の審問会で、イヴォンヌ・ゴンザレス・ロジャーズ(Yvonne Gonzalez Rogers)裁判官は、Epic側の弁護士に以下のように述べています。 この状況を作り出したのはあなたのクライアントです。Epicは決して清廉潔白な状態でこの法廷に来たのではありません。Epicは戦略的に違反を犯すことを計算し、新シーズン直前にそれを実行する決定をしました。私の意見では、自ら損害を生み出しておきながら、修復不能な損害を訴えることはできません。Epicが本来の状況に戻れば、誰も被害を被ることはないのです。 Epicは「競合に反する契約には戻れない」と議論したものの、AppleはEpicの行為に対する裁判官の陳述を予感したかのように、過去にEpicを「自傷行為」を犯したとして訴えています。 しかし、これでAppleの全面勝利になる訳ではありません。ロジャーズ裁判官はAppleを欺瞞的行為で避難しているからです。具体的に言うと、AppleはEpic GamesとEpic Internationalとの契約を分離しており、Epic Internationalの契約にはUnreal Engineが含まれています。ロジャーズ裁判官は以下の陳述をしています。 Epic Internationalとの契約には違反は発生していません。AppleはEpic…

read more
video games lawyer

問題が炎上する中、AppleがEpic Gamesの デベロッパーツールを削除すると脅す

1000 648 David Hoppe

Epic GamesがAppleとGoogleに対して起こした訴訟については、先週すでに何本かの記事で取り上げました。この戦いは、プレイヤーがAppleやGoogleのapp storeを経由せずに、直接『フォートナイト』のゲーム内コンテンツの支払いができる機能をEpicが追加したことから始まりました。これに対し、AppleとGoogleは、app storeから『フォートナイト』を削除し、Epicはシャーマン反トラスト法違反を主張して訴訟を起こしました。 最新の状況では、AppleがEpicに対し、MacとiOSの開発ツールからEpicをロックアウトすると脅迫的な公式文書を出しています。8月28日までにEpicがAppleの条件に同意しない場合、EpicはAppleプラットフォーム向け製品の開発ができなくなります Appleが公式文書通りの内容を実行に移せば、大きな影響を及ぼすことになります。例えば、デベロッパーは非常に人気の高い「無料開始」ゲームエンジンのUnreal Engineが使用できなくなります。このエンジンはAAAやindieゲームのデベロッパーに使われており、Apple Arcadeの加入サービスの一部として利用できる多くのゲームもこの技術に依存しています。また、Unreal EngineはDisney+の『マンダロリアン』などのテレビ番組にも利用されています。Appleの公式文書は、今後リリースされるARやVR機能からもEpicを締め出すと脅しています。 Epicは裁判所に、最初の訴訟結果が出るまで、Appleにデベロッパーツールの停止を禁止する予備的差し止め命令を請求しました。Epicがこの予備的差し止め命令を勝ち取るためには、以下の4つの事実を示す必要があります。即ち、Appleの行為により、Epicが回復不能な損害を被ること、Epicの真価で本訴訟に勝訴する可能性が高いこと、資本勘定の収支がEpic側に有利であること、一般の興味が予備的差し止めを支援していること、の4点です。最後にEpicは、訴訟中はAppleによる報復行為の試みを停止させるよう裁判所に求めました。 Epicは提訴の中で、「進行中のUnreal Engineとの互換性を失うことによる連鎖的な影響は、エンジンの実行可能性を脅かし、Unreal Engineのグラフィックに依存して何百ものビデオゲーム、人間の脳、ベビーヨーダや宇宙飛行などを表現している多くのアプリや利用の発展を中断することになります」とその争点を述べています。Gamma Lawはサンフランシスコに拠点を置き、最先端のビジネスセクターのお客様をサポートしています。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションを促進し、国内外におけるビジネス目標達成のお手伝いをいたします。お客様のビジネスニーズに関するご検討は、ぜひ弊所にご連絡ください。

read more