Posts Tagged :

mobile gaming

video games lawyer

Infinity Wardが『コール オブ デューティ ウォーゾーン』の不正プレイヤーをグループ化

1000 648 David Hoppe

Infinity Wardは、最新のリリースである『コール オブ デューティ ウォーゾーン(Call of Duty:Warzone)』の不正プレイヤーに対して行動を起こし、不正が疑われるプレイヤーを凍結するのではなく、戦闘に参加している不正プレイヤーをグループ化することにしました。この戦略には、不正プレイヤーが「偽の」戦闘に移されていることにすぐには気づかないと言う利点があります。これは、技術用語で「シャドーバン」と呼ばれる戦略です。 『コール オブ デューティ ウォーゾーン』は3月10日に立ち上げられた無料プレイのゲームで、リリース後1ヶ月で5000万件のダウンロードを記録しました。その特徴の一つがクロスプレイで、『コール オブ デューティ』のプレイヤーは初めてPCやコンソール上で他のプレイヤーと一緒にゲームを楽しめるようになりましが、このクロスプレイにより深刻な不正問題が発生しました。 PCゲームはコンソール版ソフトウェアよりもはるかにハッキングしやすいため、不正が多く発生します。クロスプレイでは、コンソールゲーマーもゲーム内で不正プレイヤーに遭遇します。Infinity Wardはこれまでに7万件以上のアカウントを凍結しました。 Infinity Wardはアップデートにより継続的に不正プレイヤーに対応して行きます。不正の報告を促すため、不正プレイヤーのアカウントが凍結されると、デベロッパーはそれを報告したプレイヤーに通知するようにしています。不正が疑われたアカウントが凍結されたと知ると、報告をしたプレイヤーがさらなる不正を報告するインセンティブになることが期待されます。 Infinity Wardは、ゲームの「Spectator」と「Killcam」ビューを利用した報告オプションを追加する計画も発表しました。これらのモードでは、ビデオで具体的な不正の証拠が得られるはずです。 デベロッパーは、不正を抑え込むために多様な戦略を導入してきました。例えば『Destiny 2』では、Bungieは不正アカウントを凍結するだけでなく、他人の不正によって恩恵を受けたプレイヤーのアカウントも凍結しています。Bungieは、別のプレイヤーの不正を疑うプレイヤーに、直ちに報告するよう促しています。 毎週10万ものアカウントを凍結しているPUBGは、不正を発見する自動ツールを導入しました。PUBGは個別のハードウェアも追跡し、凍結されたプレイヤーが新しいアカウントを作成できないようにしています。デベロッパーは、誤ったアカウント凍結の数を減らすことを目標にしているものの、「あまりにも慎重になり過ぎると、不正が疑われるアカウント数をはるかに超える人々に悪影響が及びます」と述べています。 Gamma Lawはサンフランシスコに拠点を置き、最先端のビジネスセクターのお客様をサポートしています。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションを促進し、国内外におけるビジネス目標達成のお手伝いをいたします。お客様のビジネスニーズに関するご検討は、ぜひ弊所にご連絡ください。

read more
video games lawyer

セレーナ・ゴメスが肖像権盗用でモバイルゲーム会社を相手に1000万ドルの訴訟を起こす

1000 648 David Hoppe

Varietyによると、セレーナ・ゴメスが許可なく自分の肖像を使用したとして、モバイルゲーム会社のオーナー相手に1000万ドルの訴訟を起こしました。問題のアプリ、『Clothes Forever — Styling Game』は、AppleのApp Storeからダウンロードできます。このゲームではユーザーが買い物旅行をしたり、服をデザインしたり、自分のブティックを開店できるようになっており、週単位の加入が可能で、$0.99から$99.99までの価格幅でダイヤモンドを購入できるアイテム課金機能もあります。 ゴメスはこのゲームの著作権者となっているMutantBox Interactive Limitedと中国のパブリッシャーであるGuangzhou Feidong Software Technology Co.を訴えています。 このゲームには多くのセレブが堂々とラインアップされており、ゲームの説明は、プレイヤーは「カーダシアン、ジジ、ビヨンセ、テイラーなどの最高に美しいモデルやセレブとインタラクトできる」と謳っています。 BBCは、ゴメスは通常はそうした許諾に「数百万ドル」を要求すると報告しており、ゴメスの弁護士は、ソーシャルメディア一本の投稿だけでも80万ドルを請求できると主張しています。このゲームでの彼女の肖像の利用は全く許諾されていませんでした。ゴメスは、彼女の肖像の利用について、ゲームデベロッパー側からの「要請も、相談も、通知」もなかったとしています。 訴状は、例え会社側が許可を求めたとしても、ゴメスは彼女の肖像の使用を認めなかっただろうともしています。ゴメスは、質の悪いゲームが彼女のイメージを落としたと主張しており、訴状では、ゲームが「バグだらけ」でApp Storeで「星がたった3.5個しかついていない」と訴えています。提訴後は、星が3つに落ちています。ゴメスはゲームのアイテム課金も利益を貪っているとして問題にしています。 こういった裁判は過去には不成功に終わっていました。2018年、リンゼイ・ローハンが『Grand Theft Auto V』で彼女の肖像を利用したとしてRockstar Gamesを訴えて敗訴しており、2014年には、パナマの元独裁者マヌエル・ノリエガが『コールオブデューティ』ゲームに自分の肖像が無許可で使用されたと主張した案件が却下されています。 しかし今回の場合は、ゴメスが優勢と言えるかも知れません。Varietyの比較では、『Clothes Forever』のキャラクターは『Flare』誌のゴメスの写真にそっくりです。 画像:Guangzhou Feidong Software Technology Co.、MutantBox Interactive…

read more