Posts Tagged :

video games

ティック…ティック…ブーム!

1000 648 Christopher Reggie

昨年末の欧州連合司法裁判所(CJEU)の判決により、ビデオゲームなどのウェブサイトがユーザーの個人情報を収集・保存する際に、ユーザーの同意取得が大幅に制約されることになりました。今後は、プレイヤーや顧客のデータを収集・利用しようとする企業は、「肯定的な行動 」によって 「自由に与えられた 」同意を確保しなければなりません。

read more
Video Games Lawyer

PASPA無効化がスポーツ賭博に及ぼす影響

1000 648 David Hoppe

合衆国最高裁判所が、州によるスポーツ賭博の許可(ネバダ州を除く)を違法であるとした『プロ・アマスポーツ保護法(PASPA)』(1992年成立)に対して無効の判決を出してから3年近くが経ちました。

read more
Epic v. Apple update

裁決によりEpic対Appleの状態は現状維持に

1000 648 David Hoppe

イボンヌ・ゴンザレス・ロジャーズ判事は、先月一時的な差止命令を出しましたが、予測通り今回もEpicによる予備的差止命令の申請に裁決をし、Epic GamesとAppleの間で進行中の法廷闘争は現状維持となりました。金曜日に出された判事の裁決では、AppleによるEpicのUnreal Engine開発ツールへのアクセス阻止を止めさせるというEpic側の要請を許可した一方で、『フォートナイト』をApp Storeに復帰させ、Epicによる代替支払方法を有効にするというAppleへの要求は却下しています。予備的差止命令は、上訴で覆されない限り裁判中は効力を発揮し続けることになりますが、上訴によるそのような事態は起こらないと思われます。  裁定そのものは、来年夏に予定されている裁判(必ず遅れると思われる)の争点を明確にしてはいますが、ゴンザレス・ロジャーズ判事の判決文には、この案件に関わる法律問題に対する彼女の解釈とEpicの提訴に対する多大な影響が示唆されています。 「ソニー、任天堂、MicrosoftはどれもAppleと同じようなウォールド・ガーデンやクローズド・プラットフォーム・モデルに基づいており、ハードウェア、オペレーティングシステム、デジタルマーケットプレイス、そしてIAPなどがすべてプラットフォーム所有者の独占になっています。そのため、この分野で営業する企業にとって相当深刻となる結果を考えると、ウォールド・ガーデン・モデルの影響について、より多くの情報に基づいた最終決定が必要です」と判事は述べています。 最終的にこの案件は、独占禁止法を目的とした場合の「関連市場」の構成要素を判事がどう解釈するかに左右される可能性があります。EpicはiOSが関連市場だとしており、そのため(当然ながら)Appleは独占者だと主張しています。一方でAppleは、関連市場とはコンソールを含むすべてのゲームプラットフォームを包括したものを指すため、コンソールのアプリ流通ではAppleは少数派に過ぎないと主張しています。 先週の裁決で判事は、市場に対するEpicの狭義的な定義にまだ納得していないと、以前の示唆的発言を繰り返しています。ここで一つ重要な要因は、iOSプレイヤーがNintendo Switchなどのプラットフォームで定期的に『フォートナイト』をプレイしているかどうかで、もしプレイしていれば、(間違いなく)iOSは広範な意味でのモバイル市場の一部だということになります。「これらのデバイスは最終消費者にとって、iOSプラットフォームとかなりの部分で重複します。しかし、現段階の記録には、そうしたデバイスが経済的代替なのか、単にiOSデバイスを補完するだけのものかを判定するに足るだけの情報がありません」と判事は述べています。 しかし判事は、Epicによる市場定義を裏付けるような今後の証拠や論争を考慮する可能性にも言及しており、そのためAppleの市場定義が「困難に直面する」としています。この事態に鑑みると、先週の裁決はどちらの当事者にとっても裁判に進まずに和解を検討すべきであるとの明確なメッセージになったとは考えられず、そうした和解も今の時点ではないものと思われます。 Gamma Lawはサンフランシスコに拠点を置き、最先端のビジネスセクターのお客様をサポートしています。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションを促進し、国内外におけるビジネス目標達成のお手伝いをいたします。お客様のビジネスニーズに関するご検討は、ぜひ弊所にご連絡ください。

read more
video games lawyer

バイデン政権は暴力的なビデオゲームを規制するか

1000 648 David Hoppe

親、教育者、心理学者、政治家、そしてクリエイターは、暴力的な映画、テレビ番組、その他のエンターテインメントの影響について、以前から討論を続けています。例えば、人気のビデオゲームの多くがプレイヤーに、敵を殺す、乗り物を破壊する、物を爆破するなどのプレイをさせています。子供たちはリアリティーのある暴力行為をバーチャルに楽しむことも多く、ビデオゲームが若者の行為に悪い影響があるのではとの懸念が生まれます。 この問題は、副大統領候補のカマラ・ハリス上院議員が、カリフォルニア州の司法長官だった時に関わった2011年の案件に起因しています。政治の潮流が変われば、アメリカでビデオゲームにおける暴力行為の抑制を目指した規制や法律が増えるのでしょうか。ハリス上院議員のこの案件との関わり方を見た時、バイデン政権のビデオゲーム業界への対応について、どんな解釈ができるでしょうか。この案件は共和党の知事だったアーノルド・シュワルツェネッガー氏の下で2005年に出されたカリフォルニア州の法律が発端です。当時の司法長官だった民主党のジェリー・ブラウン氏が2011年に州知事に選出され、ハリス氏が司法長官の座に着いた時でした。 リアリティーのある暴力的なゲームに興じれば、実際の生活でも暴力的になり反社会的な行動をとるようになると推測することは論理的なように思えますが、この仮説を支持できる科学的な証拠はほとんどありません。それにもかかわらず、若者が学校での銃撃事件など衝撃的な事件を犯すと、政治家たちはあらゆる政治的スペクトラムを超えて、その理由をビデオゲームだと指摘することが多いのです。 ビデオゲームと暴力行為の間のこうした曖昧な関係性は、未成年へのビデオゲーム販売に関する多くの州レベルの規制のきっかけになってきました。一般的に、そうした規制は米国憲法修正第1条で保護される表現の自由に反する違憲的な制限だと見なされてきました。しかし、目前に迫る大統領選挙が司法機関や行政機関にもたらす変化が、今後のゲーム業界にどのように影響するのかを考えずにはいられません。. ブラウン対エンターテインメント商業協会の案件を再考する 2011年のブラウン対エンターテインメント商業協会の案件で、合衆国最高裁判所は、カリフォルニア州が下した暴力的なコンテンツに基づくビデオゲーム販売規制が違憲であるとの判決を出しました。この法案では、親の承諾なく18歳未満の子供に特定の暴力的なビデオゲームを販売することが禁止され、違反すれば最高で1000ドルの罰金が科されることになっていました。 作品のコンテンツに基づく言論や表現の自由の制限が、合衆国憲法修正第1条の下で許されることは稀です。当然、少数ではあるものの、この規制に対する例外もあり、特に異常に憎悪的、卑猥、または暴力を誘発すると考えられるものです。 最高裁判所はどのようにして判決に至ったのか 高等裁判所は、合衆国憲法修正第1条で保護されていない「卑猥」とされる言論に関わる規制案件でよく使用される法的指標のミラー・テストを採用し、最終的に最高裁判所がこの法律を違憲だとする下級裁判所の意見に同意しました。 他のメディアと同じく、ビデオゲームは合衆国憲法修正第1条で保護される言論と考えられます。アントニン・スカリア判事(故人)が記した最高裁判所の意見書では、カリフォルニア州は暴力的なビデオゲームが、実際の暴力を促進したという証拠を全く提出していないと結論しています。従って、コンテンツに基づく言論の自由の制限を法的に正当化できる合理的な根拠はありませんでした。エンターテインメントソフトウェア協会とエンターテインメント商業協会には、下級裁判所の弁護料としてカリフォルニア州から37万ドルが支払われました。後に、カリフォルニア州は、最高裁判所の裁判料として追加で95万ドルを支払うことに同意しています。 政治変化は法律の変化をもたらせるのか ビデオゲーム業界は勝訴したが、最高裁判所の中には、この案件は将来的に再度考慮すべきだとほのめかしていた裁判官もいました。その将来もそう遠いものではないかも知れません。現在の世論票数では、あと1週間でハリス氏が副大統領になることもあり得ます。連邦政府の後押しを得た場合、彼女の過去のゲームに対する政策は、バイデン政権下におけるビデオゲーム業界の将来を暗示しているようです。 過去の公的声明によれば、バイデン氏、ハリス氏、トランプ大統領は、実際の暴力と血がたくさん出てくるビデオゲームには関係性があるという間違った推論を信じているようです。しかし、キャンペーンの圧力が増す中、すでに映画と音楽の両業界を合わせたものよりも巨大に成長したビデオゲームについては、どの候補者もあまり議論をしていません。バイデン氏は、最近になってその立ち位置から少し後退し、暴力的なビデオゲームは不健康だが銃撃による大量殺人の原因ではないとしています。 バイデン政権の銃規制政策が架空の暴力の規制も含む可能性は、ますます高まっています。最近の声明でハリス氏は、「違法な銃販売企業」の定義には、ビデオゲームで子供に対人殺傷用の武器を販売して過失法違反を冒した個人も含まれると明確に発表しています。これが彼らに共通する視点を表しているとすれば、彼女とバイデン政権は、おそらく銃による暴力行為と暴力的なビデオゲームの間には直接的な関係性があるとする意見を貫くと思われます。 エイミー・コニー・バレット氏とゲーミングの将来 エイミー・コニー・バレット氏の最高裁判所判事への指名が確実視されるにつれ、暴力的なビデオゲームに対する司法側の将来の態度も変化する可能性があります。この指名は上級裁判所における保守派の劇的な転換点となったり、裁判所にリベラルな判事を押し込むという民主党の報復を刺激することにもなりかねません。スカリア判事の助手でもあったコニー・バレット氏の視点は、かつての最高裁判所判事アントニン・スカリア氏とほぼ同じです。しかし、それはビデオ内の暴力行為が実際の暴力に繋がるとするトランプ政権の観点に基づいた新たな先例が生まれるということになるのでしょうか。おそらく答えはノーです。 ブラウン対エンターテインメント商業協会の判決書は、アメリカで最も保守的な法的意見の先導者とされるスカリア判事が記したものです。将来の判事とされるコニー・バレット氏にとって、スカリア氏は彼女の指導者でもあった人物で、彼女はコンテンツに基づく制限は違憲だとするスカリア氏の意見を強く支持すると思われます。 バイデン政権下でビデオゲームは制限されるのか 最高裁判所は、ブラウン対エンターテインメント商業協会の案件で、将来的に裁判所が未成年への暴力的なビデオゲームの販売に関して別の判決を下す可能性を示唆していました。クラレンス・トーマス判事とスティーブン・ブレイヤー判事は、未成年に対しては親が権威を握っており、未成年に意見する権利は親や保護者を通さなければならないと異論を唱えました。 この判決以降には、ビデオゲーマーは職場に持ち込めるスキルを持っているため、社員としてより魅力的だという報告も出ています。間違いなく、これらのスキルによる貢献は、暴力的なビデオゲームの悪影響を凌ぐものです。そのため、エンターテインメント商業による先例やビデオゲーム、その他のメディアにおける暴力的なシーンに対する制限が覆されることはあり得るかもしれませんが、そうした方向に法律が変わることはまずないでしょう。 Gamma Lawはサンフランシスコに拠点を置き、最先端のビジネスセクターのお客様をサポートしています。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションを促進し、国内外におけるビジネス目標達成のお手伝いをいたします。お客様のビジネスニーズに関するご検討は、ぜひ弊所にご連絡ください。

read more
video games lawyer

ESICが 不正行為調査でCounter-Strikeコーチらを出場停止に

1000 648 David Hoppe

Esports Integrity Commission(ESIC)は、37 名の『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』コーチに対し、5ヶ月から36ヶ月間のトーナメント出場停止の制裁を言い渡しました。 発表によれば、これらのコーチは他プレイヤーの配置を知り得るCS:GOの観戦モードのバグを不正利用したと言うことです。ESICの調査は最近始まったばかりですが、非ESICのトーナメント主催者の中には、2017年から観戦バグについて知っていた組織もあります。 ESICは10万本近くのビデオデモへのアクセスを手にしました。これは合計15.2TBのデータに相当します。ESICはデータの20%のみを閲覧した時点で、不法行為のほとんどを明らかにしたと考えています。ESICの発表によれば、観戦バグの不正使用を示したのは、デモのわずか0.1%に過ぎないとのことです。 ESICは非営利団体で、調査費用は会費に依存しています。組織の会員にはESL、Dreamhack、Eden Esportsなど多くの著名な業界プレイヤーが名を連ねています。会員ではないトーナメント主催者には、制裁に従うよう求めることはできません。それでもESICは、外部のトーナメント主催者に、たとえ会員でなくても「CS:GOのEスポーツ現場を国際的に保護するため」制裁に準拠するよう求めています。 処分されたコーチの誰もが上訴を要求できますが、自己負担で要求する必要があります。抗議を処理するのは、独立懲罰委員会長のキャビン・カーペンター(Kevin Carpenter)で、彼は「敗けた側に費用を請求することもあり得る」と言っています。 ESICは10月末までに最終報告書を準備し、調査を終了して最終的な制裁措置を講じると述べました。調査に関する追加情報をお持ちの方があれば、info@esic.ggまで電子メールを送信してください。 Gamma Lawはサンフランシスコに拠点を置き、最先端のビジネスセクターのお客様をサポートしています。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションを促進し、国内外におけるビジネス目標達成のお手伝いをいたします。お客様のビジネスニーズに関するご検討は、ぜひ弊所にご連絡ください。

read more
video games lawyer

EAのFIFAルートボックス広告に非難

1000 648 David Hoppe

Electronic Arts社が、英国のおもちゃのカタログにFIFAルートボックスの広告を掲載したことに、一部のゲーマーや親たちはショックを受けています。この広告は、Smyths Toysの店内カタログに掲載されたもので、人気のゲーム内モードのFIFA Ultimate Team(FUT)で、「FIFAポイントを使って(プレイヤー)パックをオープンする」ことをプレイヤーに促進しています。 FUTでは、プレイヤーは既存の「実際の」チームに依存することなく、自分のチームを作ることができます。トレーディングカードの形で選手を自分の手元に集め、オンラインやオフラインの試合で使うことができます。これらのトレーディングカードは、オンライン市場で売買することもできます。 プレイヤーは一定の時間試合をしてランダムなカードを取得するか、お金を払ってプレイヤーパックを購入することができます。パックは、プレミアムプレイヤーを獲得する追加チャンスを提供します。 批評家たちは、ルートボックスの一種であるプレイヤーパックが賭博に当たるとしており、プレイヤーパックは略奪的な収益スキームで、ギャンブル中毒を加熱する恐れがあるため、子供が簡単にパックにアクセスできるようにすべきではないと議論しています。子供がゲーム内のルートボックスに何百ドル、あるいは何千ドルものお金を使い込んだと言うニュースも珍しくはありません。 EAは、gambleinstry.bizに投稿した声明で、この広告について謝罪しています。 「弊社は、子供達が目にするチャンネルでEAゲームや体験をマーケティングする際の責任を非常に重く受け止めています。にもかかわらず、FIFAポイント向けの広告が、掲載されるべきではない環境で世に出てしまったことを認識しております。この広告が残りの2020年版カタログには掲載されないよう、Smyths社と密に協力しております。今後のメディア掲載についても直ちに見直し、弊社のマーケティング活動がどれも若いプレイヤーの体験に対して弊社が担う責任を反映したものであることを確認しております」とスポースクマンは述べています。 世界各国の政府は、ルートボックスの規制や調査をしており、禁止している国もあります。業界の規制当局は、今やほとんどすべての国で、ルートボックスで希望のアイテムを手にできる確率を開示するようゲームメーカーに求めています。英国と米国カリフォルニア州は、ルートボックスを賭博に分類するかどうかについて調査中で、オランダとベルギーはルートボックスを全面的に禁止しています。 Gamma Lawはサンフランシスコに拠点を置き、最先端のビジネスセクターのお客様をサポートしています。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションを促進し、国内外におけるビジネス目標達成のお手伝いをいたします。お客様のビジネスニーズに関するご検討は、ぜひ弊所にご連絡ください。  

read more
video games lawyer

マイクロソフト75億ドルの大規模取引でベセスダを買収

1000 648 David Hoppe

マイクロソフトは、ベセスダの親会社であるZeniMax Mediaを、ゲーム業界過去最大規模の75億ドルで買収しました。ベセスダはThe Elder Scrolls、Fallout、Wolfenstein、Doomなど、ゲームのベストセラーフランチャイズを抱えるスタジオです。Falloutシリーズの売上は3,300万個を超え、The Elder Scrolls V: Skyrimだけでも3,000万個以上の販売を記録し、売上高は10億ドルを大きく上回っています。 ファーストパーティ・スタジオシリーズを開発したソニーの勢いに対向すべく、マイクロソフトは最近複数の買収を行いました。2018年以来マイクロソフトは、Compulsion Games、Double Fine、Ninja Theory、Obsidian、Playground Games、Undead Studiosを買収し、自社デベロッパーの数を倍増させました。 マイクロソフトは契約の一環として、ベセスダのすべてのゲームを、同社所有Netflixのようなゲームサブスクリプション・サービスXbox Game Passで利用可能にします。プレーヤーは、月額10ドルでPCとXbox本体のゲームカタログに無制限にアクセスできます。ベセスダゲームの発売価格は通常60ドルであることを考えると、この買収でXboxエコシステムは予算重視のゲーマーにとってさらに魅力的なものになります。 DeathloopとGhostwire:TokyoのPlayStation 5限定先行発売というベセスダの約束はそのまま継続されます。 マイクロソフトが競合コンソールでゲームをリリースするのは奇異に見えますが、前例はあります。マイクロソフトは2014年に、史上最高の売上高を誇るゲームの1つMinecraftを25億ドルで買収しました。同社はゲームとそのスピンオフタイトルを、競合プラットフォームで引き続き販売しました。 マイクロソフトCEOサティア・ナデラ氏は、「我々は、提供するコンテンツをなるべく広く利用できるようにしたい」と語っています。 ベセスダの今後のタイトルがPlayStationコンソールに登場するかどうかはまだ未定です。 Gamma Lawはサンフランシスコに拠点を置き、最先端のビジネスセクターのお客様をサポートしています。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションを促進し、国内外におけるビジネス目標達成のお手伝いをいたします。お客様のビジネスニーズに関するご検討は、ぜひ弊所にご連絡ください。

read more
video games lawyer

MLBの副コミッショナーが アクティビジョン・ブリザードに移籍

1000 648 David Hoppe

メジャーリーグベースボールのビジネス/メディア部門の副コミッショナーであるトニー・ペティット(Tony Petitti)氏が、アクティビジョン・ブリザードのスポーツ/エンターテインメントの社長就任のオファーに同意しました。ペティット氏さんは来週から社長の座に就き、ニューヨークに残ってCEOのボビー・コティック(Bobby Kotick)氏の下で職務を果たすことになります。 コティック氏は自らのツィートで、「トニー・ペティット氏がATVI_ABのスポーツ/エンターテインメントの社長に就任してくれたので、これからが楽しみです。MLBの福コミッショナー兼COOとしての彼の成功は、我々がEスポーツとその関連ビジネスに抱いている抱負の実現を支援するために必要なスキルを彼がすべて持ち合わせていることの証明です。」と述べています。 ペティット氏のリーグでのキャリアは、MLBネットワークの社長として始まりました。その後はエグゼクティブへの道を順調に歩み、ロブ・マンフレッド(Rob Manfred)氏がリーグのコミッショナーに任命された2015年にCOOに就任、2017年にボブ・ボウマン(Bob Bowman)氏が強制退職を命じられたのを受けて、副コミッショナーに昇任しました。MLBに入る前は、ABCおよびCBSスポーツでキャリアを積んでいます。ペティット氏はハーバード・ロー・スクール出身です。 ペティット氏のMLB保有条件には、51億ドルとも見積もられるFoxとの契約など、巨額の交渉が複数件含まれていました。また、MLBがすべてのスタッフをロックフェラー・センターに移す「ワン・ベースボール(One Baseball)」イニシャティブの一助も担っていました。 世界でも最大のEスポーツリーグの中には『オーバーウォッチ・リーグ』、『コール・オブ・デューティー・リーグ』、『ハートストーン・リーグ』など、アクティビジョン・ブリザードの傘下で運営されているものもあり、最近では、YouTubeがこの会社のすべてのリーグ大会を動画配信する権利を1億6000万ドルで手に入れたと報告されています。 声明の中でペティット氏は、「ユーザーが積極的にコンテンツを利用し、それが彼らにとって非常に意味のあることなら、そういう環境にいたいと思うべきです。そうできる機会が与えられたこと、そしてそれを新しい環境で実行できることに、私はとても興奮します。今回の社長任命では、そのことが私にとって何よりも大切です。」と述べています。 ペティット氏は、その声明で、ここ数年MLBが衰退の一途をたどっているのに対し、Eスポーツが急成長を見せていることを示唆していたのかも知れません。去年、Eスポーツ業界は初めて10億ドルの収益を達成し、2022年までには40億ドルに達すると予測されています。 Gamma Lawはサンフランシスコに拠点を置き、最先端のビジネスセクターのお客様をサポートしています。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションを促進し、国内外におけるビジネス目標達成のお手伝いをいたします。お客様のビジネスニーズに関するご検討は、ぜひ弊所にご連絡ください。

read more
video games lawyer

問題が炎上する中、AppleがEpic Gamesの デベロッパーツールを削除すると脅す

1000 648 David Hoppe

Epic GamesがAppleとGoogleに対して起こした訴訟については、先週すでに何本かの記事で取り上げました。この戦いは、プレイヤーがAppleやGoogleのapp storeを経由せずに、直接『フォートナイト』のゲーム内コンテンツの支払いができる機能をEpicが追加したことから始まりました。これに対し、AppleとGoogleは、app storeから『フォートナイト』を削除し、Epicはシャーマン反トラスト法違反を主張して訴訟を起こしました。 最新の状況では、AppleがEpicに対し、MacとiOSの開発ツールからEpicをロックアウトすると脅迫的な公式文書を出しています。8月28日までにEpicがAppleの条件に同意しない場合、EpicはAppleプラットフォーム向け製品の開発ができなくなります Appleが公式文書通りの内容を実行に移せば、大きな影響を及ぼすことになります。例えば、デベロッパーは非常に人気の高い「無料開始」ゲームエンジンのUnreal Engineが使用できなくなります。このエンジンはAAAやindieゲームのデベロッパーに使われており、Apple Arcadeの加入サービスの一部として利用できる多くのゲームもこの技術に依存しています。また、Unreal EngineはDisney+の『マンダロリアン』などのテレビ番組にも利用されています。Appleの公式文書は、今後リリースされるARやVR機能からもEpicを締め出すと脅しています。 Epicは裁判所に、最初の訴訟結果が出るまで、Appleにデベロッパーツールの停止を禁止する予備的差し止め命令を請求しました。Epicがこの予備的差し止め命令を勝ち取るためには、以下の4つの事実を示す必要があります。即ち、Appleの行為により、Epicが回復不能な損害を被ること、Epicの真価で本訴訟に勝訴する可能性が高いこと、資本勘定の収支がEpic側に有利であること、一般の興味が予備的差し止めを支援していること、の4点です。最後にEpicは、訴訟中はAppleによる報復行為の試みを停止させるよう裁判所に求めました。 Epicは提訴の中で、「進行中のUnreal Engineとの互換性を失うことによる連鎖的な影響は、エンジンの実行可能性を脅かし、Unreal Engineのグラフィックに依存して何百ものビデオゲーム、人間の脳、ベビーヨーダや宇宙飛行などを表現している多くのアプリや利用の発展を中断することになります」とその争点を述べています。Gamma Lawはサンフランシスコに拠点を置き、最先端のビジネスセクターのお客様をサポートしています。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションを促進し、国内外におけるビジネス目標達成のお手伝いをいたします。お客様のビジネスニーズに関するご検討は、ぜひ弊所にご連絡ください。

read more
video games lawyer

2K Gamesがタトゥーのライセンス供与会社との裁判に勝訴

1000 648 David Hoppe

ニューヨーク南部地区の連邦裁判所判事は、NBAプレイヤーのタトゥーが絡む裁判で、2K Gamesに略式判決を下しました。タトゥーのライセンス供与会社であるSolid Oak Sketchesは、2KのNBAゲームが会社の著作権を侵害したとして訴訟を起こしました。 2Kは毎年バスケットボールゲームをリリースしており、プレイヤーの肖像を使用するライセンス契約をNBAと結んでいます。問題になったのは、Solid Oakが所有する5つのタトゥーで、レブロン・ジェームス、ケニオン・マーティン、エリック・ブレッドソーの3名のプレイヤーが使っているものです。 裁判所は以下の3つの点に依拠して略式判決を下しました。 デ・ミニミス(ささいな事柄であること) 黙示許諾 フェアユース(公正使用) まず、裁判所はゲーム内のタトゥーがSolid Oakが所有するものだと見分けられる「普通の観察者」はいないとしました。NBA 2Kはスピード感のあるゲームで、通常のプレイ中はタトゥーがはっきり見えないことが多い上に、400名のバスケット選手キャラクターの中でタトゥーをしている選手は3名のみという事実により、ゲームプレイヤーがゲーム中に目にするものが実際にあるタトゥーだと気づくことはほぼあり得ないと考えられるとしました。 さらに裁判所は、タトゥーの著作権者はNBA選手が公の場に姿を見せることを知っていたことから、黙示許諾があったとも判断しました。選手の著名度から考えて、タトゥーアーティストは、タトゥーが頻繁に公衆の目にさらされることを承知していました。Solid Oakがライセンスを取得する以前に、すでに各バスケットボール選手には黙示許諾が供与されているため、2Kが選手の肖像権に対して支払いをした時点で、ライセンスは2Kに譲渡されていることになります。 裁判所は、タトゥーの使用はフェアユースであると言う2Kの主張も認めました。対象となったタトゥーは加工変態の一部と見なされ、「その表現価値を目的として含まれていた」ものではなく、しかもタトゥーのライセンス供与に関する既存市場がビデオゲームにはないため、NBAに使用したことで、2Kがライセンスの市場性効果に悪影響を及ぼした訳ではないと結論しました。 合理的な陪審が原告に対する評決を下すことができないと認定したため、裁判所は被告の2K games全体に略式判決を下しました。 Gamma Lawはサンフランシスコに拠点を置き、最先端のビジネスセクターのお客様をサポートしています。複雑でダイナミックなビジネス環境で成功するために必要なサポートを提供し、イノベーションを促進し、国内外におけるビジネス目標達成のお手伝いをいたします。お客様のビジネスニーズに関するご検討は、ぜひ弊所にご連絡ください。

read more